陽が昇る・・・・・
目の前の大海原から神々しく・・・・
神々の住まうあの太陽は、いったいどこから昇ってくるのだろう・・・・
水平線の彼方を見つめながら、わたしはふと思った。

「見てみたい・・・・」

そして・・・・
わたしは・・・・
立ち上がった・・・・