不安・むずむず脚症候群・睡眠障害と戦うサイト

睡眠障害とむずむず病と私

本サイトに訪れていただきありがとうございます。
睡眠障害歴10年目を迎えました管理人の体験談と経験に基づく知識を紹介していきたいと思います。

 

まず私の睡眠障害の症状をお伝えしたいと思います。

 

もう人に言うのは慣れましたが、私はうつ病でした。今でも抗うつ剤を飲んでいます。
なぜうつ病になったかというと、その前にパニック障害になってしまい、人前に出ることが嫌になったからです。
パニック障害では人前で、嫌な経験をしてしまい、それがきっかけで外に出るのことすら怖くなりました。

 

そのころから生活のリズムは狂ってきてしまい、寝るのは朝、起きるのは夕方。夜はほとんどTV or ゲーム or インターネットサーフィンでした。
言い忘れましたが、社会人になって3年目で発症してしまったので、一時的に会社はお休みをいただきました。

 

話を元に戻しますが、昼夜逆転すると睡眠障害は起こりやすいと言います。
このような症状で、概日リズム睡眠障害と言われることもあるそうです。
交代勤務の方や、体内時計がくるってしまった人が多いらしいです。

 

そんな生活をしていたら、今度はうつ病を患ってしまい、さらに悪循環に。

 

でも、友人の勧めで、朝と夜を正常に戻して、少しずつ外に出ることに慣れ、運動(ウォーキング⇒ランニング)をしていったことで基本的なうつ病症状はおさまり、会社に行くことができるようになりました。

 

このあたりの睡眠障害は典型的なものでしたが、その後、パニック障害は波があって、良い時期もあれば、再発する時期もあり、薬は絶えず飲んでいた時のことでした。
少し悪くなった時に、オエツを沢山するようになってしまい、時には本当に嘔吐するようになってしまったので主治医に相談し、嘔吐反応や胃にやさしい抗うつ剤に変えてもらいました。その薬は眠気が強いから気を付けてください!と言われていたのですが。

 

逆に寝れず・・・足がムズムズして眠れず・・眠いのに体が眠らせてくれない睡眠障害に陥ってしまいました。

 

これが、むずむず病(むずむず脚症候群・レストレスレッグス症候群等と呼ぶ)の始まりでした。

 

むずむず病の原因の一つとして、抗うつ剤があるようです。三環系抗うつ薬やSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)といった薬がそれにあたるらしいです。
正直薬のことは薬剤師でも何でもないので詳しくないのですが、主治医の先生に相談したところ、薬は変えてもらいました。
でもオエツがひどくなるので薬をいろいろ変え、何とか落ち着き始めて今に至るというわけです。

 

眠れずにやっと思いで眠れた!と思ったときは金縛りっぽい症状にあったり。
金縛りっぽい症状は学生のころからよく体験していて、お昼寝しちゃった後、夜眠れないときに無理やり眠った時に金縛りにあっていた気がします。皆さん信じてもらえませんが。。。(金縛りにあったとき、だれか近くにいる!というのがTVでやっていたのを見て、実際金縛りにあったとき怖くて目を開けることができない弱い私・・・)

 

私は、眠たい気持ちになれず眠れない、眠りたいのに眠れいない!そんな症状でしたが、逆に眠りすぎ(過眠症)も睡眠障害の一つとしてあるようです。
一応調べてみました。

 

過眠症について

一般的に言われている「過眠症」とは、「夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態」を言うようです。
あれ?普通に睡眠時間をとっているのに、昼間眠くなるのもダメなんだ?と思いませんでしたか?
寝ても寝ても沢山寝れる!というのが過眠症かと思ったのですが、ちょっと違うようです。
ちなみに私も寝れている時もありますが、昼は眠いです。私も一部過眠症なのかもしれません。
そして原因は、脳内の覚醒維持機能の異常や夜間の睡眠障害(質の悪い睡眠等)によるものらしいです。
「あ!」と思いました。質の悪い睡眠・・・私だ!ど。眠れなくて寝れたとしても、無呼吸症候群に陥っている事が多く、ちょこちょこ起きちゃいます。これがまずいんですね。

 

睡眠時無呼吸症候群について

少し無呼吸症候群について、気になりすぎて調べたことがあったので載せておきます。
無呼吸症候群になってしまうと、日中の眠気、大きなイビキ、夜間の頻尿、昼間の頭痛などが起きるらしく、まさしく私の症状と一緒なのです。
原因は空気の通り道が閉塞することにより起こると言われ、特に、肥満、脂肪が多く短い首、舌が大きい、あごが小さい人がなりやすいとのことです。これもまさしく私なのです。
やっぱり痩せなくてはいけませんね。

 

 

他にもいろいろな睡眠障害、脳の障害、精神疾患等を調べてきたので本サイトで紹介していき、悩んでいる皆さんを少しでもサポートできればと思います。

更新履歴