唐津城
 =その2=



天守に登ってみれば 右の写真は中段広場から見た天守です。
 高い石垣の上にそびえ立っていてなかなかに威風堂々としています。




内部は資料展示室 天守の中はご多分に漏れず郷土の資料展示室、最上階は展望室になっていました。

 城の模型はじめ城地図、俯瞰図、武具などが展示されています。


最上階からの展望 天守は唐津湾に面し玄界灘を見下ろす位置にあります。東西には虹ノ松原もあってなかなかの絶景でした。





 画面手前の本丸広場の先は松浦川で、その向こうに唐津湾の海岸線が大きく湾曲しながら延びています。

 海岸線に沿って緑濃い線状に延びているのが虹の松原です。

 海岸線にはキャンプ場、海水浴場などがあります。







 唐津湾越しに玄界灘が望めます。画面中央にあるのは高島です。

 この島にはお参りすると宝くじが当たるという言い伝えの神社があります。人口400人ほどで小学校もあるそうです。




西

 唐津湾の海岸線が湾曲しながら長く西北方向に延びていてきれいな砂浜が続いており、こちら側にも虹の松原があります。

 この松原は初代藩主の寺沢広高が防風防砂のために植林したのが始まりで、その後も整備が続き今のような見事な松原になりました。







 松浦川越しに唐津市の中心市街地が眺められます。画面の左側が唐津湾に注ぐ河口になります。

 画面手前にある大きな駐車場は唐津城観光用におあつらえ向きの駐車場で、多分公共のものでしよう。

 川の向こう、画面のちょうど中央あたりがJRの筑肥線、唐津線の多和田駅です。画面で少し左に行けば唐津駅となり、市役所などもあります。






舞鶴橋からの眺め 左の写真は唐津湾に注ぐ松浦川の舞鶴橋から見た唐津城です。

 唐津城を写すには一、二のビューポイントだそうですが、バスの窓越し、しかも雨模様のためにいい写真は撮れませんでした。

 ピント、色に大幅な修正が加えてあります。


写真はいずれも2007年12月6日撮影。
2007年12月22日記す。   
2008年3月4日追加更新。   


 唐津城 =その1= に戻る。