ドリーム イン 風呂

【男0:女0:両0:不問:2=2】
(登場人物)
永久(不問/受け)小学生。世間知らずの男の子。
晃人(不問/攻め)小学生。男の子大好き。








永久「〜♪」

(嬉しそうにスキップする永久。向かった先は友達の晃人の家)

(ピンポーン)

晃人「は〜い……!」

永久「あ〜き〜と君。遊びに来たよ♪」

晃人「あ、永久。入ってきていいよ」

(扉を開け中に入る。入ってすぐの部屋に晃人はいた)

永久「晃人く〜ん♪」

晃人「いらっしゃい♪」

永久「晃人君のお家初めて来た」

晃人「ずっと永久のお家ばっかりだったもんね」

永久「うん!でも、いいの?」

晃人「今日はお父さんもお母さんも遅いから大丈夫だよ」

永久「そっか」

晃人「それより、何する?」

永久「ん〜……それよりお外で汗掻いたからお風呂」

晃人「お風呂?」

永久「うん。お外から帰ってきたら、いつもお風呂に入ってるんだ」

晃人「そっか。それじゃあ、お湯沸かしてくるね」

永久「うん♪」

(それからしばらくして)

晃人「お風呂沸いたよ」

永久「わ〜い♪」

晃人「バスタオル置いとくから入っておいでよ」

永久「晃人君は入らないの?」

晃人「へ?永久が入るって言うから」

永久「えへへ……実は一人で頭洗えないんだぁ……」

晃人「そっか。じゃあ、洗ってあげる」

永久「やた♪晃人君とお風呂〜♪」

晃人「え?一緒に、入るの……?」

永久「嫌……?」

晃人「あ、ううん。そうじゃないけど」

永久「じゃあ、一緒に入ろう!」

晃人「あ、うん……」

(脱衣所で服を脱ぎ、浴槽に浸かる)

永久「ん〜……いい気持ち♪」

晃人「そう、だね……」

永久「どうかしたの?」

晃人「あ、ううん。なんでもないよ」

永久「ふぅ〜ん。っしょ、頭洗ってくれる?」

晃人「あ、うん」

(腰掛に永久が座り、晃人が頭を洗う)

永久「〜♪」

晃人「……」

永久「晃人君って上手だね」

晃人「そう?」

永久「うん。お父さんだと凄く痛いもん!」

晃人「そう、なんだ……」

(お湯をかけ、泡を落とす)

永久「じゃあ、お礼に晃人君の背中洗ってあげるね」

晃人「え?べ、別にいいよ」

永久「だ〜め♪」

晃人「ん……」

(背中を向かせると、晃人の背中を洗う)

永久「晃人君って恥かしがり屋さん?」

晃人「な、なんで?」

永久「だって、タオルで隠してるから」

晃人「だ、だって……」

永久「男の子同士なんだから大丈夫だよ♪」

晃人「でも……」

永久「むぅ〜……それ♪」

(永久が晃人のタオルを取り上げる)

晃人「あ、駄目!」

(振り返ったとき、そこに永久のそれが目に入った)

永久「えへへ〜」

(はっきりと見てしまった。父親とは違う。同年代のそれを)

晃人「と、わ……」

永久「なぁに?」

(ゴクリと唾を飲む)

晃人「その…今度は僕が洗ってあげるね」

永久「うん♪」

(嬉しそうに背中を向ける永久)

晃人「……」

(泡をつけたタオルで背中を洗う)

永久「〜♪」

(上方から、段々と下におりていき)

晃人「永久……」

永久「ひゃッ!晃人君。そこお尻……」

(割れ目に沿って前へと向かう)

晃人「永久……」

永久「んッ…くすぐったいよ……」

晃人「ごめんね……」

永久「へ……あッ…」

(甘く漏れる声。晃人の手が、永久のそれに触れたのだ)

晃人「永久のちっちゃいね」

永久「やッ…んッ…晃人、君……」

晃人「ん……」

永久「ふぁッ……!」

(ゆっくりと、優しく、泡のついた手で撫で上げる)

晃人「永久……」

永久「やッ…はッ…んんッ……」

(頬は蒸気し、ほんのり赤くなってきた)

晃人「ごめんね……」

永久「なんか…変、だよ……」

(密着し、永久のそれをただ夢中で扱く)

晃人「ごめんね……」

永久「やッ…だめッ…んんんッ!」

(ビクンと永久の体が跳ねたとき、泡とは違う液が、晃人の手に付着した)


晃人「……」

永久「……」

(湯船の中、背中合わせに二人は浸かっていた)

晃人「……ごめんね」

永久「……」

(返事は返ってこない。嫌われたと思った)

晃人「僕、男の子が好きなんだ。だから……変だよね」

永久「……」

晃人「嫌われても仕方ないよね」

永久「……」

晃人「ごめんね……」

(嫌われる。怖くて、悲しくて、涙が止まらない)

永久「晃人君……」

晃人「ヒック…ク゛ス……」

永久「いいよ……」

晃人「え……?」

永久「だって、僕も晃人君のこと好きだもん」

晃人「永久……」

永久「最初びっくりしちゃったけど、晃人君が僕のこと好きでいてくれるの嬉しいもん♪」

晃人「あの……」

永久「晃人君。だ〜い好き♪」

(背中越しに晃人を抱きしめる)

晃人「永久……」

永久「だから、他の子にこんなことしちゃ駄目だよ?」

晃人「……うん」

永久「また、してくれる?」

晃人「……うん!」

永久「えへへ〜」


〜Fin〜



BL台本置き場へ