猫な日

【男0:女0:不問2=2】
(登場人物)
雪弥(男/攻め)14歳。マッドなS
廉(男/受け)14歳。ショタなM








雪弥「猫っていいよな」

(唐突に雪弥が切り出した)

廉「いや、よく分からないから……」

雪弥「あのしなやかな体、優雅に泳ぐ尻尾、どれをとってもエクセレント!」

(ズビシッと決めポーズをしながら語る雪弥)

廉「猫飼えばいいじゃないか」

雪弥「そう、そこだ!」

廉「……?」

雪弥「猫を飼えばいいと人は言う。だが、それでは面白くない!」

廉「意味分からないって……」

雪弥「まぁ、分かりやすく言ってやろう」

廉「ん……?」

(薬を取り出した雪弥は廉の口に突っ込む)

廉「ふご!?」

(突っ込まれた薬を飲み込んでしまう)

雪弥「ふふり(笑い」

廉「何飲ませた!」

雪弥「耳はえ〜る」

廉「耳……?」

雪弥「そう。お前に猫耳が生える」

廉「ふざけんな!」

雪弥「あと3秒…2、1……」

(ヒョコン♪)

廉「な、ナニィ!?」

雪弥「成功のようだな」

廉「なんで俺なの!?」

雪弥「似合うからに決まってるだろ」

廉「は……?」

雪弥「こうやって実物見ると、嬉しくなってくるな」

(廉に生えた猫耳を撫でる)

廉「ひッ!?な、何!」

雪弥「感度も上げておいた♪」

廉「ひッ…あッ…舐め、るな……!」

雪弥「ふふ……出来栄えは申し分ないみたいだな」

廉「んくッ…ば、バカァ……!」

雪弥「ふふ〜ん♪……ハムッ」

廉「んあッ!」

(耳を噛まれ、その場にへたり込む)

雪弥「さて、次行ってみようかな」

(次なる薬を口に含ませる)

廉「ん……」

(身震いをふると、お尻から尻尾が生える)

雪弥「さて、こっちはどうかな?」

(尻尾を掴む)

廉「うひゃ!?」

雪弥「こっちも申し分なしだな」

廉「やめ…んんッ!」

雪弥「やめるわけないだろ」

廉「あッ…んッ…ハァ…ハァ……」

雪弥「息が荒くなってるぞ」

廉「五月蝿い…はッ…やッ……」

雪弥「廉……」

(唇を奪い尻尾を強く握る)

廉「んんッ…んんんんんッ……!」

(事後)

雪弥「ふぃ〜……楽しんだ楽しんだ♪」

廉「……殺してくれ」

雪弥「だが断る」

廉「うぅ……」

雪弥「こんな可愛い奴、手放したくないからな」

(頬にキスし)

廉「っ……!そんなこと言ったって駄目だからな!」

雪弥「はいはい」

廉「うぅ〜……!」

雪弥「大丈夫だって。苦痛を伴うことはしないから」

廉「それでも駄目!」

雪弥「次は犬かなぁ〜」

廉「聞いてないし……」


〜Fin〜



BL台本置き場へ