まな板の小口幅とは? 

小口幅とは、まな板を普通に置いた時の奥行側(タテ側)です。

一般的に短い側が小口幅になります。

小口幅30cm迄のまな板のみ削り直し出来ます

※長手側はどんなに長くても削り直し可能です

杉本木工々房

 

→小口幅30cmを調べる目安 (メジャーや物差しがない方へ)

 

千円札 長い側2枚分

 

ハガキ縦2枚分、又はA4用紙の縦

 

 

一般的なラップ(30cm幅のもの)

 

  千円札縦2枚分や、ハガキの縦2枚分、A4用紙の縦、ラップ箱などを目安にすると30cmの目安になります!

 

杉本木工々房

 

31cm以上のまな板は、小口幅を30cmにカットしても良ければ削り直しをお受け出来ます(カット有料)

カット料金についてはQ&Aをご参照下さい


戻る