<ご参考> 古ダンボールを使った簡単で頑丈な梱包の例


一般的な大きさのまな板なら、うまく梱包すれば3辺合計サイズ80cm以内で発送できます

杉本木工々房

 

古ダンボールはスーパーマーケットなどで無料でもらえます

薄いタイプのダンボールで十分です。

まな板の”長い方”が矢印の長さにちょうど収まるとダンボールをカットしないで済むので便利です。

大きいダンボールの場合はハサミでカットしてください。 カットしない場合は大きい梱包になります。

上記部分のつなぎ目をはがします (手で簡単にはがれます)

平置きにします

ダンボールの上にまな板を置きます。

 (最初にプチプチや新聞紙等に包むともっと良いです)

まな板をぐるぐると巻いていきます。

 (ダンボールの絵柄側を裏になるように巻くと見栄えもよくなります)

薄いタイプのダンボールの方が簡単に巻けます。

最後にガムテープで止めます。

あとは宅配便の送り状伝票を貼ればそのまま発送できます。

(ご返送時の梱包は送っていただいた際の梱包材をなるべくそのまま使います)

 

尚、もともと厚みがあって、落下させても割れないような分厚いまな板でしたら、

新聞紙(朝刊2日分程度)で巻き、さらにそれをゴミ袋などで包んだ後、

そこに送り状伝票を貼り付ける簡単な方法でもかまいません。 つまり割れなければ何でもOK!


まな板削り直しのトップページへ戻る