英語のことわざ・名言・格言

英語のことわざ・名言・格言"Tomorrow is another day."直訳すると、「明日は違う日」。ことわざなのですが、「明日は明日の風が吹く」です。

わかりやすいですよね。今日のことにクヨクヨするな。「明日は違う日」だから。「明日は明日の風が吹く」よりもわかりやすいですし、説得力もあるように思います。「明日は明日の風が吹く」よりもスッキリしています。

"Try not to become a man of success but rather to become a man of value."成功者になろうとするのではなく、価値ある人間になることだ。アインシュタインの英語の名言です。

英語のことわざの勉強をしていたところ、英語のことわざよりも英語の名言や英語の格言に惹かれるものが強いです。特にアインシュタインの名言は心に残るものが多いです。

この名言に自分なりの解釈を書きたい気持ちもありますが、何の意味もないような気がします。ただ、アインシュタインは魅力的な人だったんだろうなと思うばかりです。相対性理論など全くわかりませんが、20世紀最高の科学者と言われながらも、時代が戦争の時代の中でナチスから狙われ、名声を得ていたにも関わらず、舌を出した写真が残っていたり、本当にいろいろな顔を持っています。

多くの矛盾やつまらない争いに巻き込まれたりと大変なことがたくさんあったことでしょう。その中でも一庶民の気持ちを持っておられた方なのだろうと思います。だから、心にささる名言をたくさん残したのだろうと思います。

一生困らない小説とは?

 勘違いされている方が多いのですが、小説を一回入選すればそれで作家となり、一生仕事がある、と言う訳ではありません。確かに入選した作品は出版される事が多いです。ですがそれで売れなければ次の仕事は「ない」と考えていた方が無難です。では一生仕事が頂ける文学賞は無いのか? 実はあります。それだけハードルの高い内容を求められますが、作家になりたいのであれば、トライしたいですね、詳細はこちらからどうぞ。

作家になる為に最低限な文学賞

 せっかく小説を書くわけですので自称作家ではなく、他人から作家と呼ばれたいですよね。ではその為に必要な最低限のハードルは何か? 一般的に作家と呼ばれるためには出版していないと駄目な訳で、そのための早道はやはり文学賞です。その中でも出版社が主催している文学賞であればまず書籍として販売されますので、出版社が企画する文学賞を狙うと良いでしょう。詳細はこちらからどうぞ

ライトノベルの小説の場合

 小説の分野には様々な物がありますが、その中でもライトノベルを書いている人が一番多い様子です。その場合、狙うべき文学賞もライトノベルと言う分野に合わせたものを狙う訳ですが、一般的なものに比較すると、実は出版される可能性が一番高いのもライトノベルです。多くの場合、最終候補に残るだけで、本屋に並ぶようです。と言うのも「何が売れるか分らない」から、とにかく売ってしまえって感じです。詳細はこちらからどうぞ

趣味で狙う場合の文学賞

 小説を書いていても作家になるためではなく、趣味で書かれている人も多いようです。その場合狙うべき目的は、出版ではなく入選し、ご自身の実力を試したい、と言う事になるでしょう。その場合狙う文学賞は必然的にライバルが多い一般のものよりも、新聞社などが主催している地元密着なものを選ぶと良いでしょう。地元の新聞を読んでいれば年に一回程度応募要項が記載されています、詳細はこちらからどうぞ。

官能小説の場合の小説

 小説作家を目指す人は多いのですが、ちょっと目線を変えて官能小説に手を出す方も若干ですが居られるようです。もちろん大きな問題があるわけではありませんが、官能小説を書き出すと普通の小説が書けないことになる(一般の小説を書いてくれと言う依頼がなくなると言う意味)のでちょっと注意が必要です。作品のレベル的に言えばやはり二流の方が多いようですが、絶対的ユーザーが多いので、作家としての収入には困らないと言うのが定説です。詳細はこちらからどうぞ

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved.――――2005年2月 拓夢書房のあるじ、末森拓夢
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。

拓夢書房のロゴマーク 拓夢書房のロゴマーク