拓夢書房の文学賞研究

 小説を書いていると次にトライしたくなるのが文学賞でしょう。ですが文学賞と言ってもその種類は様々で、一回入選すればそれで一生困らないと言われている文学賞から、地元の新聞社が主催する、小規模な賞まで様々な物があります。そこで実際に狙われている内容に合わせた小説をこちらのサイトで紹介することに致しました。ネットで知り合った作家さんから聞いた情報ですので、ある程度信用できると思います。

一生困らない小説とは?

 勘違いされている方が多いのですが、小説を一回入選すればそれで作家となり、一生仕事がある、と言う訳ではありません。確かに入選した作品は出版される事が多いです。ですがそれで売れなければ次の仕事は「ない」と考えていた方が無難です。では一生仕事が頂ける文学賞は無いのか? 実はあります。それだけハードルの高い内容を求められますが、作家になりたいのであれば、トライしたいですね、詳細はこちらからどうぞ。

作家になる為に最低限な文学賞

 せっかく小説を書くわけですので自称作家ではなく、他人から作家と呼ばれたいですよね。ではその為に必要な最低限のハードルは何か? 一般的に作家と呼ばれるためには出版していないと駄目な訳で、そのための早道はやはり文学賞です。その中でも出版社が主催している文学賞であればまず書籍として販売されますので、出版社が企画する文学賞を狙うと良いでしょう。詳細はこちらからどうぞ

ライトノベルの小説の場合

 小説の分野には様々な物がありますが、その中でもライトノベルを書いている人が一番多い様子です。その場合、狙うべき文学賞もライトノベルと言う分野に合わせたものを狙う訳ですが、一般的なものに比較すると、実は出版される可能性が一番高いのもライトノベルです。多くの場合、最終候補に残るだけで、本屋に並ぶようです。と言うのも「何が売れるか分らない」から、とにかく売ってしまえって感じです。詳細はこちらからどうぞ

趣味で狙う場合の文学賞

 小説を書いていても作家になるためではなく、趣味で書かれている人も多いようです。その場合狙うべき目的は、出版ではなく入選し、ご自身の実力を試したい、と言う事になるでしょう。その場合狙う文学賞は必然的にライバルが多い一般のものよりも、新聞社などが主催している地元密着なものを選ぶと良いでしょう。地元の新聞を読んでいれば年に一回程度応募要項が記載されています、詳細はこちらからどうぞ。

官能小説の場合の小説

 小説作家を目指す人は多いのですが、ちょっと目線を変えて官能小説に手を出す方も若干ですが居られるようです。もちろん大きな問題があるわけではありませんが、官能小説を書き出すと普通の小説が書けないことになる(一般の小説を書いてくれと言う依頼がなくなると言う意味)のでちょっと注意が必要です。作品のレベル的に言えばやはり二流の方が多いようですが、絶対的ユーザーが多いので、作家としての収入には困らないと言うのが定説です。詳細はこちらからどうぞ

詳細な記事内容

最近小説を書くことが減った|イメージ画像

 作家にメールでインタビュー…作家の名村烈さんにメールでインタビューすることに成功しました。作家として活躍中の名村烈さんは、副業として、下読みをされていて、文学賞に応募する際に知っておけば得するヒントなども聞きだすことが出来ました。

 言葉のマジック…小説の書き出しで一番大切なのは、冒頭。特に3行目までが勝負と言われるほど熱を入れなければなりません。では、いったいどんな考え方をして書き出していけば良いのか、その方法を解説しています。

最近小説を書くことが減った|イメージ画像

 サイトーの文学賞挑戦物語…今回、ネットマガジンを刊行するにあたり、編集長として力を注いで頂いたサイトーさんの、文学賞に挑戦した経過を克明に解説。そして入選を果たした作品を公開しています。どの程度の文章を書けば入選するのか、判断基準とも言える。…法人調査部‐大阪の駅前も参照しています。

 名村烈文学賞…特別に参加していて頂いた作家の名村烈さんが小説筋トレにお寄せ頂いた作品の中から、小説として成り立っていると感じた作品をひとつだけ選考して頂きます。テーマは『穴』今なら作品選考に間に合います。作品はこちらにお寄せ下さい。ただいま必死になって製作中です。もうしばらくお待ち下さい。予告した記事が変更になるのは度々です、ご了承下さい。詳しい情報は下記のメールマガジンから配信しています。

 無料広告の募集や、作品の投稿案内、及び今後の情報はメールマガジン『小説を売る方法』の中で告知していきます。読者登録をされていない方は、ぜひこの機会に登録をされるようにお願い致します。なお、読者解除の方法はメルマガ本文中に明記してあります。メールマガジン『小説を売る方法教えます』の読者登録不安が残る方は直接登録してください。ID番号は0000147469です。バックナンバーこちらをご覧ください

トップリンク これだけは読め!!

最近小説を書くことが減った|イメージ画像

 最近小説を書くことが減った。小説の世界にいるよりもネットの世界にいるほうが自分の性格に有っていると感じたからだ。もちろん小説創作には強い興味を持っている。だが現実の世界で生きる私にとって「収入源と成りえる」文章作成(要するに記事を書く)方が大事だし、小説を書くことによりえら得た文章表現力がこんなに役立つとは思わなかった。ゆえに文学賞を狙いたい人はまず、小説 書き方を研究すべきだろう。

最近小説を書くことが減った|イメージ画像

 ところで小説文学賞、と音楽の関係が分る人はいるだろうか? どちらも創作と言う事だが、例えばBGMの分野があって音楽を楽しむ訳だ。そこに作詞という分野が加わると文章が必要になる。もちろん小説とは異なる文字表現だが、音楽には音楽としての文章力が必要なんだよね。

 誕生日プレゼントで一番困るのが友達の場合ではないでしょうか。幾ら友人とは言え気心の知れた相手ならまだしも、それほど親しい仲ではないが、友人として扱うべく相手がいる。況してや会社の同僚でもあれば下手なプレゼントは贈れない!! いったいどうすれば良いのか、一緒に考えましょう。

最近小説を書くことが減った|イメージ画像

 おもちゃは子供にって大事なアイテムですよね。もちろん大人になっても玩具に対する気持ちを忘れない男性もいるけど、やはり基本は赤ちゃん時代のおもちゃですよ。この幼少期にどんな事を感じるか? で大人になる家庭も含めた人生に大きな影響が出ます。大人として子供に与えても良いと感じるおもちゃを探すのが重要でしょう。

 リフォームの考え方について、ちょっとヒントになればと想い、本日の行動を書き出してみた。今日の新聞を開いて、重要な記事をチェックしたあとにチラシもチェックする。チラシを毎日のようにチェックするのは自サイトのデザインを考えているからで、近い将来リフォームする事を念頭においているので、必然的にデザインの優れたチラシを優先する事になる。

最近小説を書くことが減った|イメージ画像

 結婚式をテーマにした小説を書いて文学賞に応募してみたら? 最近の傾向として晩婚化が進んでいるようだが、それでも絶対に結婚しないと言う男性、女性はいない。いつかは結婚するつもりだろうし、当然の事だが男と女として出会った二人は結婚式、ウェディングの事を考えるようになる。これを小説に仕上げると恋愛小説として綺麗だと思うのだが…

 文学賞だけに限らず勉強をする時には教師が必要だ。つまり正しい知識を得て何事もはじめる事が重要だと考えている。もちろん最初の内は教師など不要だ、ただの遊び半分だから、と思うかも知れない。だが、その内遊びが本気になり基本を知りたくなる。だから、勉強の正しい方法を教える家庭教師が何時の時代でも必要になる。

 通信講座110番の紹介!! 現在における学問と言うものはネットを利用して教材を手に入れるのが当たり前の事態になっているように感じる。そこでお勧なサイトを探していると通信講座のように、通信教育サイト(もちろん有料の教材です)を専門に紹介しているサイトもあります。やっぱりこれからの時代、手に職を持っていないとね。既に社会人だという人にお勧めなのがサイドビジネスをはじめる事だろう。これだと本業があってもはじめる事ができる。色々な方法が多数ありますので是非ご覧下さい。

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved.――――2005年2月 拓夢書房のあるじ、末森拓夢
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。

拓夢書房のロゴマーク 拓夢書房のロゴマーク