すばる交響楽団について 

 1991年、大阪府富田林市の総合文化ホール「すばるホール」  の落成と共に、松長 徹(大阪フィルハーモニー交響楽団トランペット奏者)、松長 信子(大阪フィルハーモニー交響楽団ヴァイオリン奏者)によって当楽団は結成されました。
 アマチュアらしからぬ「すばる(素晴)」らしい演奏を目指して練習を重ねています。皆様からの温かいご支援も賜り今年で24年目、第24回定期演奏会を迎えることができました。

 お知らせ