Audio, CarNavi, Original Parts…

Original Item

レガシィに関するオリジナル商品を販売しています。

市販品では売っていなくて痒い所に手が届くような商品を作っています。

主力商品は純正マッキンサウンドアダプターです。その他も商品もありますのでご覧ください。

■レガシィ BP・BL系

BP・BL用

スバルレガシィ純正マッキントッシュ サウンドアダプター(SA-02)

・通常、純正マッキンは社外オーディオに交換が出来ません。

・このサウンドアダプターはマッキントッシュデッキを社外デッキ・ナビに交換する為の専用配線です。

・全てのスピーカーから音が出せます。もちろんサブウーファーからも音が出ます。D~F型では

 センタースピーカーも鳴らす事が出来ます。(5.1chシステムにする事が出来ます。)

みんカラパーツレビュー>>>

BP・BL用

スバルレガシィ純正マッキントッシュ プロセッサーアダプター(PA-01)

・通常、純正マッキンに社外ナビ・5.1chプロセッサーを取付ける事が出来ません。

・このプロセサーアダプター(PA-01)はマッキントッシュデッキを残したまま

 社外ナビ・5.1chプロセッサーを取付する為の専用配線です。

・接続はRCA接続になりますのでRCA出力が無い社外ナビは取付出来ません。

・純正マッキンも残しますので純正マッキンで再生した音楽も聴く事が可能です。

みんカラパーツレビュー>>>

BP・BL用

スバルレガシィ純正マッキントッシュ プロセッサーアダプター(PA-02)

・通常、純正マッキンに社外ナビを取付ける事が出来ません。

・このプロセサーアダプター(PA-02)はマッキントッシュデッキを残したまま社外ナビを取付する為の

 専用配線です。

・接続はスピーカー線接続になりますのでほとんどの社外ナビの取付が可能です。

・純正マッキンも残しますので純正マッキンで再生した音楽も聴く事が可能です。

みんカラで取付方法 紹介中>>>

BP・BL用

スバルレガシィ純正 グローブボックス内ナビ取付金具(BK-01・BK-02)

・グローブボックス内の小物入れ(車検書入れの隣)の部分に1DINを取付ける専用の金具です。

・取付けには、グローブボックスの一部を切取る加工が必要です。

・A~C型(2003.5~2006.4)はBK-01が適合。

・D~F型(2006.5~2009.5)はBK-02が適合。

みんカラパーツレビュー>>>

BP・BL用

スバルレガシィ純正モニター用バックカメラ入力配線(BA-01)

・メーカーオプションの純正モニターに社外バックカメラを接続する為の変換配線です。

・純正と同じようにバックギア連動で映像を写す事が出来ますので、わざわざ切替スイッチで

 切り替える必要はありません。

・適合車種はA~E型のワゴン、セダン両方対応。

・G-BOOK ALPHA対応HDDナビゲーションには使用出来ませんのでご注意ください。

みんカラパーツレビュー>>>

BP・BL用

スバルレガシィMOP純正バックカメラを市販ナビへ RCA変換ハーネス (AB-01)

・MOPカメラを社外ナビに接続出来るようにする変換配線です。

・純正のカメラ映像をRCAに変換して出力します。

 

みんカラで取付方法 紹介中>>>

BP・BL用

スバルレガシィ純正デッキ社外ナビ併用配線(プレミアムオーディオ専用)

・純正のプレミアムオーディオを残したまま社外ナビ・オーディオを取付ける為の配線です。

・純正のプレミアムオーディオの音楽は社外ナビ・オーディオの外部入力を通して聴く事が出来ます。

 (要外部入力)

みんカラパーツレビュー>>>

BP・BL用

スバルレガシィ パドルシフトキット(D~F型用)

・パドルシフトが付いていない車両にパドルシフトを取付けるキットです。

・パドル、コラムカバーは純正品を使っていますので耐久性は問題ありません。

・配線加工は一切無くコネクター方式のカプラーオンです。

みんカラパーツレビュー>>>

BP・BL用

スバルレガシィMOP・HDDナビ用映像入力アダプター(VA-01)

・C~E型の純正HDDナビに地デジチューナーなどを接続するには

 既に廃盤になった純正のアナログチューナーを取付しなければなりませんでした。

・このアダプターを使用すれば、純正アナログチューナーを使用しないで純正モニターに映像を

 写す事が出来ます。

・アダプターの接続はモニター裏だけですべてカプラーに挿すだけです。

みんカラパーツレビュー>>>

BP・BL用

スバルレガシィ用AT逆シフトアダプター(マニュアルモード+・-逆転)

ATのマニュアルモードの+と-(シフトアップとシフトダウン)の位置を入れ替える事によって、ノーマルでは押してシフトアップ、引いてシフトダウンをシーケンシャルシフトのように押してシフトダウン、引いてシフトアップに変えることが出来ます。加速中にシフトを押してシフトアップと言う操作は意外とやり難い物で、手前に引いてシフトアップの方が自然な操作だと思います。

主にヤフーオークションで販売してますが、ご希望があれば直接販売もしております。メールにてご連絡ください。

 

Copyright (C) 2013-2017  SUBARU craft. All Rights Reserved.