ハワード・シュルツ名言集


スターバックスマニアックス スターバックスコーヒー―豆と、人と、心と。 Pour Your Heart into It: How Starbucks Build a Company One Cup at a Time The Starbucks Experience: 5 Principles for Turning Ordinary into Extraordinary

【人物紹介】
ハワード・シュルツ 1953年7月19日生まれ。スターバックス会長。スターバックスを現在の地位まで押し上げた。また、ニューヨークのブルックリンで生まれ育ち、家も決して裕福ではなかったため、アメリカンドリームの体現者として語られることも多い。

【名言】

Great brands aren't built on ads or promotions.

(偉大なブランドは広告や販促に頼っていない。)


Care more than others think wise.Risk more than others think safe. Dream more than others think practical. Expect more than others think possible.

(他の人が賢明だと思う以上に注意しろ。他の人が安全だと思う以上にリスクを冒せ。他の人が現実的だと思う以上に夢を見ろ。他の人が可能だと思う以上に期待しろ。


1番小さなコーヒーのサイズが「トール」であることについて(日本ではショート)

Well, I think, you know, when you walk into a store, you don't wanna say, give me a small. You wanna say give me a tall. And, so, there's a little bit of marketing in there.

(まあ私が思うに、店に入って「スモール1つください」とは言いたくないだろ。「トール1つください」の方が良い。だから、それはちょっとしたマーケティングだよね。)


Customers don't always know what they want. Once they tasted ours and experienced what we call "the third place" - a gathering place between home and work where they were treated with respect - they found we were filling a need they didn't know they had.

(消費者は必ずしも自分の欲しいものを知っているわけではない。彼らは1度私たちのコーヒーを味わい、私たちが「第3の場所」と呼ぶもの−家と職場の間にあり、敬意をもって扱われる場所−を経験すれば、スターバックスが今まで知りもしなかった欲求を満たしていることに気づくだろう。)


父親について

He was out of work. There was no hospitalization, no health insurance, no workman's compensation and we were done as a family and I saw the hopelessness, I saw the plight of a working class family, I saw the fracturing of the American dream first hand at the age of 7. That memory scarred me.

(彼は職を失ったんだ。入院もなかったし、健康保険も、補償もなかった。家族としてどうしようもなかったし、私は絶望を見た。7歳で、労働階級の窮地を、アメリカンドリームの一片を見たんだ。その記憶は私を傷つけた。)


I wanted to build a company my father never got a chance to work for.

(父親が、働く機会を得られなかったような会社を作りたい。)


スターバックスのキャッチコピー(?)

We're not in the business of filling bellies. We're in the business of filling souls.

(私たちは空腹を満たす仕事をしているのではない。魂を満たす仕事をしているのだ。)