新選組隊士名鑑
  • 近藤勇
  • 土方歳三
  • 山南敬助
  • 伊東甲子太郎
  • 沖田総司
  • 井上源三郎
  • 永倉新八
  • 原田左之助
  • 藤堂平助
  • 斎藤一
  • 芹沢鴨
  • 新見錦
  • 平山五郎
  • 平間重助
  • 野口健司
  • 松原忠司
  • 尾形俊太郎
  • 武田観柳斎
  • 谷三十郎
  • 鈴木三樹三郎
  • 山崎烝
  • 島田魁
  • 吉村貫一郎
  • 大石鍬次郎
  • 河合耆三郎
  • 篠原泰之進
  • 服部武雄
  • 加納道之助
  • 富山弥兵衛
  • 殿内義雄
  • 相馬主計
  • 中島登
  • 市村鉄之助
  • 阿部十郎
  • 新選組    Top

  • 隊士名鑑
  • 組織編成
  • 局中法度
  • 新選組概史
  • 歴史館動乱の章

    山南敬助やまなみけいすけ

    1833〜1865

    敬介。啓輔。三南敬助。藤原知信。

    一般的には、ヤマナミと呼ばれているが、近年では、三南、三男という記録があることから、サンナンであった可能性が高いといわれている。

    天保4(1833)年奥州仙台伊達藩剣術師範の次男として生れる。

    浪人となり江戸に出て、北辰一刀流の門下となり、免許皆伝を認可される。

    万延元(1860)年頃、天然理心流に入門、出稽古などを任されていた。

    浪士組募集に応じ入洛。近藤勇、芹沢鴨らと殿内義雄を暗殺。土方歳三と同じ副長になる。芹沢粛清にも参加し平山五郎を討ち取った。

    元治元(1864)年1月、近藤と二人で京都を歩いていたところ、たまたま旅館・岩木升屋に浪士たちが乱入したのを討ち取り、褒章金8両を賜ったという、記録があるが、その後、1年5か月の間、山南の記録が途絶える。池田屋事変にも不参加である。
    岩木枡屋で使われた刀の押し型が多摩に送られて現存しているが、その激しい欠損状況からみても、この事件で山南が重傷を負った可能性は高い。
    岩木枡屋で重傷を負ったのか、重病であったのかは今も不明であるが、
    総長就任は第一線から離れることを余儀なくされた山南への名誉職であったのかもしれない。

    自分の働き場をなくした山南は暗い闇へと落ちていく。

    新選組を意のままに動かす近藤、土方が恨めしくもあったであろう。
    佐幕派の近藤・土方に対し、山南は元来、尊王思想である。
    伊東甲子太郎の入隊により、伊東に傾倒もしたが、結果期待はずれであったため深く失望したとも云われる。

    西本願寺への屯所移転に際しては強行に異を唱えた。
    だが、新選組を我が物にせんとする近藤、土方には、聞き届けられることはなかった。

    果たして、慶応元(1865)年2月23日、山南敬助は突如、切腹して果てる。享年33歳。



    永倉の晩年の回想によると、山南は、隊から脱走。追っ手には沖田が差し向けられ、大津宿で追いつかれる。「局を脱することを許さず」のもと、前川邸の一室で切腹。山南の希望で介錯は沖田が務めたという。

    しかし、様々な状況から、これは後世の創り話ではないかといわれている。


     
    Copyright (C) 2004 str. All Rights Reserved.   http://www.geocities.jp/str_homepage/