新選組隊士名鑑
  • 近藤勇
  • 土方歳三
  • 山南敬助
  • 伊東甲子太郎
  • 沖田総司
  • 井上源三郎
  • 永倉新八
  • 原田左之助
  • 藤堂平助
  • 斎藤一
  • 芹沢鴨
  • 新見錦
  • 平山五郎
  • 平間重助
  • 野口健司
  • 松原忠司
  • 尾形俊太郎
  • 武田観柳斎
  • 谷三十郎
  • 鈴木三樹三郎
  • 山崎烝
  • 島田魁
  • 吉村貫一郎
  • 大石鍬次郎
  • 河合耆三郎
  • 篠原泰之進
  • 服部武雄
  • 加納道之助
  • 富山弥兵衛
  • 殿内義雄
  • 相馬主計
  • 中島登
  • 市村鉄之助
  • 阿部十郎
  • 新選組    Top

  • 隊士名鑑
  • 組織編成
  • 局中法度
  • 新選組概史
  • 歴史館動乱の章

    富山弥兵衛とやまやひへえ

    1843〜1868

    富山四郎。

    天保14年、薩摩国に生まれる。

    元治元(1864)年10月ごろ、京都か大坂で新選組に入隊する。
    入隊に際し、薩摩出身であることから密偵の嫌疑をかけられ、入隊を拒否されたが、伊東甲子太郎の取り持ちにより、入隊が許されたという。

    同年暮れの編成では、松原忠司の七番大砲組に配属、翌慶応元(1865)年春の再編成では伍長に任命される。

    慶応3(1867)年3月、伊東、三木三郎、篠原泰之進らと御陵衛士を拝命し、新選組を離脱した。
    5月には、大坂で勤王か家の曲直瀬道策を殺害したとされる。

    伊東謀殺後の油小路での新選組との戦闘の際は、三木、篠原、加納とともに脱出に成功し、薩摩藩邸に匿われる。

    二条城から帰る近藤勇を狙撃し、富山の放った弾丸が近藤の肩に命中した。

    鳥羽・伏見の戦いでは薩摩軍として戦い、背中を負傷し、京都の薩摩藩邸で療養した。

    傷が癒えた閏4月1日、探索の命を受け、越後出雲崎に潜入し水戸諸生党に捕らえられる。
    脱走を試みたが、追っ手に槍で滅多突きにされて絶命した。
    享年26。


    Copyright (C) 2004 str. All Rights Reserved.   http://www.geocities.jp/str_homepage/