新選組隊士名鑑
  • 近藤勇
  • 土方歳三
  • 山南敬助
  • 伊東甲子太郎
  • 沖田総司
  • 井上源三郎
  • 永倉新八
  • 原田左之助
  • 藤堂平助
  • 斎藤一
  • 芹沢鴨
  • 新見錦
  • 平山五郎
  • 平間重助
  • 野口健司
  • 松原忠司
  • 尾形俊太郎
  • 武田観柳斎
  • 谷三十郎
  • 鈴木三樹三郎
  • 山崎烝
  • 島田魁
  • 吉村貫一郎
  • 大石鍬次郎
  • 河合耆三郎
  • 篠原泰之進
  • 服部武雄
  • 加納道之助
  • 富山弥兵衛
  • 殿内義雄
  • 相馬主計
  • 中島登
  • 市村鉄之助
  • 阿部十郎
  • 新選組    Top

  • 隊士名鑑
  • 組織編成
  • 局中法度
  • 新選組概史
  • 歴史館動乱の章

    沖田総司おきたそうじ

    1842〜1868

    惣次郎。沖田総司房良。藤原春政。

    天保13年(1842)(1844とも)、陸奥白河藩士・沖田勝次郎の子として、江戸藩邸で生まれる。愛嬌者で、人懐っこい子供であった。幼い頃、両親を亡くし、姉・ミツに育てられた。9歳の時、近藤周助の天然理心流・試衛館に入門する。

    身体的特徴としては、背が高く、色が浅黒く、肩が張り上がり、猫背であったという談が残されており、よく冗談をいいよく笑い、ほとんど真面目なことがないくらいであったと云う。

    剣の腕は天才的で、12歳のときに、白河藩の剣術指南番を打ち負かしたという伝説を持ち。永倉新八はのちに、土方、井上などの試衛館生え抜き、北辰一刀流・目録の藤堂、同じく免許の山南なども、竹刀をもっては子ども扱いされ、本気で立ち会えば、師匠の近藤ですらやられるだろうと語った。

    総司の三本の突きは一本にしか見えず、掛け声は歩いて10分の船渡場まで聞こえたという。

    19歳の頃には、免許皆伝を許され、試衛館の塾頭となっていた。近藤のいないときは、総司が代わりに教えていたが、教え方が乱暴で、短気であったため、門弟たちには、近藤より恐れられていた。

    文久3年(1863)2月、総司、20歳の春、試衛館一党は、浪士徴募に応じ、上洛する。当然ながら、総司も行動を共にする。

    忙しく、血生臭い隊務の裏で、近所の子供たちと無邪気に駆け回って遊ぶ総司の姿が、よく見かけられた。何人もの人を斬った凄腕の剣客。論を好まず、何を考えているか分からず、無邪気に笑い冗談を言う若者。相反するかのような二つが同居する不思議な男である。

    池田屋襲撃のときには、近藤とともに、真っ先に討ち入り、すかさず、吉田稔麿、松田重助の二人を切った。だが、2時間余りの死闘の最中、持病の労咳(肺結核)が悪化し、喀血、昏倒する。

    その後の近藤体制下の新撰組で一番組隊長となる。

    慶応元年(1865)2月、山南敬助が脱走すると、総司が追跡を命じられる。総司は馬を走らせ、大津で山南を発見し、連れ戻った。山南には切腹が言い渡され、総司の介錯で腹を切った。山南32歳、総司22歳であった。

    病の悪化していた総司は、鳥羽・伏見の戦いには参加できなかった。敗れた新撰組の生き残りは、富士山丸で江戸に帰った。総司は寝たきりであったが、その艦内でも、他の病人たちと冗談を言っていた。

    近藤は甲州へ向かう前日の2月28日の夜、総司を見舞った。近藤は甲陽鎮撫隊をひきい、破れ、その後捕われて斬首される。総司は最期まで近藤の死を知らなかった。慶応4年(1868)5月25日夕、没。享年25歳。

    昭和4年、総司の姉ミツの長男芳次郎の次男・沖田要氏をモデルに描かれたという肖像画。 
    Copyright (C) 2004 str. All Rights Reserved.   http://www.geocities.jp/str_homepage/