新選組隊士名鑑
  • 近藤勇
  • 土方歳三
  • 山南敬助
  • 伊東甲子太郎
  • 沖田総司
  • 井上源三郎
  • 永倉新八
  • 原田左之助
  • 藤堂平助
  • 斎藤一
  • 芹沢鴨
  • 新見錦
  • 平山五郎
  • 平間重助
  • 野口健司
  • 松原忠司
  • 尾形俊太郎
  • 武田観柳斎
  • 谷三十郎
  • 鈴木三樹三郎
  • 山崎烝
  • 島田魁
  • 吉村貫一郎
  • 大石鍬次郎
  • 河合耆三郎
  • 篠原泰之進
  • 服部武雄
  • 加納道之助
  • 富山弥兵衛
  • 殿内義雄
  • 相馬主計
  • 中島登
  • 市村鉄之助
  • 野村利三郎
  • 阿部十郎
  • 新選組    Top

  • 隊士名鑑
  • 組織編成
  • 局中法度
  • 新選組概史
  • 歴史館動乱の章

    相馬主計そうまかずえ

    1835〜1???

    相馬肇。相馬主殿。

    天保6年、常陸国笠間藩士・船橋平八郎の子として生まれる。

    笠間藩は剣術が盛んで、特に唯心一刀流、示現流が盛んであった。
    相馬の新選組入隊前は謎に包まれているが、相馬もいずれかの剣術を学んだと思われる。

    新選組入隊は慶応3(1867)年10月頃であるといわれる。その頃の名簿には「局中附人数」の中に名を連ねる。

    慶応4(1868)年1月の鳥羽・伏見の戦いでは、入隊数ヶ月にも関わらず、隊長附50名の組頭に抜擢されている。

    甲陽鎮撫隊として、甲州勝沼で戦うが敗れ、流山において近藤勇が投降する。
    その際、付き従っていた野村利三郎と村上三郎のうち、村上は引き返し、野村は近藤と共に捕えられた。
    このとき、土方歳三は近藤の助命を依頼するため、相馬ともう一人の隊士を従え大久保一翁、勝海舟を訪ねた。
    翌日、相馬は勝の部下・松濤権之丞から近藤への手紙を携え、板橋宿を訪れた。
    しかし、近藤との面会も許されず、先に捕えられた野村と同じ牢に入れられた。

    斬首刑が決まっていたが、近藤の処刑後、笠間藩に預けられ謹慎生活を送った。

    その後、野村と共に旧幕府陸軍「陸軍隊」に加わり、海路、仙台へと向かった。
    幹部として戦闘に参加し、「殊に器量の者なり」と賞賛された。

    仙台(石巻とも)で土方と再会した後、陸軍幹部として新選組と行動を共にした。

    宮古湾海戦にも参加し、傷を負った。
    この時、野村は敵艦に斬り込み、討ち死にしている。

    箱館戦争では、砲兵隊を率いて弁天台場に籠城し、弾薬が尽き降伏する。
    そのとき、相馬は主殿と名を変え、新選組隊長として新選組の最期を迎えている。

    五稜郭開場後、相馬は榎本武揚、大鳥圭介、松平太郎、永井尚志らと同格として東京に送られた。
    明治3(1870)年10月、終身流罪の刑が決まり、新島に流された。

    新島では大工棟梁・植村神兵衛に預けられ、島民に読み書きを教えた。
    その間、植村の次女マツと結婚した。

    明治5(1872)年、赦免され、妻マツを連れて東京蔵前に移り住んだ。

    その後、突如割腹自殺を遂げたとも、何者かに殺害されたとも言われている。


    Copyright (C) 2004 str. All Rights Reserved.   http://www.geocities.jp/str_homepage/