新選組隊士名鑑
  • 近藤勇
  • 土方歳三
  • 山南敬助
  • 伊東甲子太郎
  • 沖田総司
  • 井上源三郎
  • 永倉新八
  • 原田左之助
  • 藤堂平助
  • 斎藤一
  • 芹沢鴨
  • 新見錦
  • 平山五郎
  • 平間重助
  • 野口健司
  • 松原忠司
  • 尾形俊太郎
  • 武田観柳斎
  • 谷三十郎
  • 鈴木三樹三郎
  • 山崎烝
  • 島田魁
  • 吉村貫一郎
  • 大石鍬次郎
  • 河合耆三郎
  • 篠原泰之進
  • 服部武雄
  • 加納道之助
  • 富山弥兵衛
  • 殿内義雄
  • 相馬主計
  • 中島登
  • 市村鉄之助
  • 阿部十郎
  • 新選組    Top

  • 隊士名鑑
  • 組織編成
  • 局中法度
  • 新選組概史
  • 歴史館動乱の章

    井上源三郎いのうえげんざぶろう

    1829〜1868

    井上源三郎一武。

    文政12年3月1日、多摩郡日野宿で八王子千人同心・井上藤左衛門(松五郎)の三男として生れる。

    井上家の祖先は駿河今川家の家臣で、桶狭間の戦い後、甲斐・武田家に使えた。
    武田家滅亡後、武田家の遺臣を中心に結成された、半士半農の八王子千人同心として徳川家に使えた。
    兄弟は5人で、次男の松次郎が井上家を継ぎ、松五郎を襲名した。

    源三郎は弘化4(1846)年頃、父、兄と同じく、八王子周辺に根付いていた天然理心流の近藤周助に入門する。
    佐藤彦五郎が屋敷に構えた道場で剣を学んだ。
    剣術の稽古に熱心で農作業が疎かであったという。
    嘉永元年に目録、万延元(1847)年には免許皆伝となった。

    文久3(1863)年、浪士組上洛に参加する。
    新撰組結成後は、試衛館一門の最年長者として対外的な交渉などの仕事もこなした。
    副長助勤、六番隊組長を勤める。

    池田屋事件では、土方隊の別働隊10名を率い活躍、褒賞金十七両を賜る。

    慶応3年(1867)年6月には見廻組格として幕臣に取り立てられ、その年の10月に土方歳三とともに江戸に下り隊士募集を行っている。
    このときの募集で甥の井上泰助も入隊した。

    慶応4年(1868)1月3日、鳥羽・伏見の戦いが始まる。
    新選組が陣を敷いていた伏見奉行所は炎上し、新選組は淀方面へと退却した。
    そして4月5日、淀千代松での激戦の中、銃弾に撃たれ、戦死。
    享年40歳。


    無口で、温厚な性格で、若い隊士からの人望も厚かったという。
    頑固な面もあり、一度言い出すとテコでも動かないところがあったともいう。
    Copyright (C) 2004 str. All Rights Reserved.   http://www.geocities.jp/str_homepage/