新選組概史
  • 試衛館の人々
  • 浪士組上洛
  • 新選組結成
  • 芹沢派 粛清
  • 新選組 解散!?
  • 壮絶!池田屋騒動
  • 明保野亭事件
  • 禁門の変
  • 近藤批判
  • 伊東甲子太郎入隊
  • 長州征伐に向けて
  • 石蔵屋事件
  • 山南切腹屯所移転
  • 新選組絶頂期
  • 近藤の長州出張
  • 第二次長州征伐
  • 三条制札事件
  • 伊東甲子太郎離脱
  • 幕臣取り立て
  • 大政奉還
  • 油小路の変
  • 天満屋事件
  • 王政復古
  • 狙われた新選組
  • 鳥羽伏見の戦い
  • 江戸帰還
  • 甲陽鎮撫隊出陣
  • 甲州勝沼の戦い
  • 流山、近藤勇出頭
  • 近藤勇の最期

  • 歴史館@str
    新選組   Top

  • 隊士名鑑
  • 組織編成
  • 局中法度
  • 新選組概史


  • 幕臣取り立て



    慶応3年(1867)6月10日、新選組隊士全員が幕臣に取り立てられることになった。
    文久3年(1863)年の結成以来の京都での功労に報いるための格式を定めるように、幕府が会津藩に命じたのである。
    その結果、新選組は見廻組格─京都見廻組と同格の扱いとなることになった。

    局長の近藤は見廻組与頭格とされ御目見得以上(将軍への拝謁が許される)あの身分を許され、副長の土方は、見廻組肝煎格、沖田、永倉ら副長助勤は見廻組格、吉村貫一郎ら諸士調役兼監察は見廻組並、他の平隊士たちは見廻組御雇の格式が与えられた。
    格式手当姓名
    見廻組与頭格300俵近藤勇
    見廻組肝煎格70俵5人扶持土方歳三
    見廻組格70俵3人扶持沖田総司・永倉新八・井上源三郎・原田左之助
    ・山崎烝・尾形俊太郎
    見廻組並40俵吉村貫一郎・大石鍬次郎・安富才輔・岸島芳太郎
    ・安藤勇次郎・茨木司・村上清・谷周平
    見廻組御雇10人扶持平隊士90名
    そして、23日には、幕府が了承し、新選組は正式に幕臣となるのだが・・・

    反対者たち

    この幕臣取り立てに異議を唱えるものがあった。
    佐野七五三之助・茨木司・冨川十郎・中村五郎を首謀者とした、岡田克見・中井三弥・木幡勝之進・松本俊蔵・10名である。
    彼らは、伊東甲子太郎が新選組の内情を探るために残した隊士であった。

    彼らは、徳川家の家臣になることは、それまで仕えていた会津藩主との二君に仕えることになり、武士の面目が立たないと主張した。

    佐野らは、隊を脱し、12日には善立寺の御陵衛士に合流をはかったが、新選組との移籍を禁止する約定があったため、拒絶された。
    6月13日、彼らは新選組脱退の嘆願書を会津藩に提出するため、下売町の京都守護屋敷に行った。
    これには会津藩側でも対処に困り、近藤のもとに通報した。
    そして、すぐに近藤、土方、山崎、尾形、吉村らが守護屋敷に出向き、佐野らの説得にあたった。
    しかし、脱退を認めない近藤らと、あくまで脱退を求める佐野らの会談は、翌日も平行線を辿った。
    そこで、佐野ら4人は、自分達は幕臣となるが、他の6名の離脱を認めて欲しいと譲歩案を示した。近藤もこれを飲み、会談は一息つき、佐野ら4名は内密な話をしたいと、別室を借り受けた。

    少しの後、様子が気になった島田魁が部屋の中を覗くと、4人は自らの命を絶っていた。


    不動堂村屯所 -二度目の屯所移転-

    切腹した茨木・佐野・冨川・中村の4人の遺体は四条大宮の光縁寺に運ばれ埋葬され、15日の早朝には葬儀が執り行われた。同調した6人の隊士は放逐処分となり、新選組から離れた。

    彼らの葬儀が行われた15日、新選組は西本願寺の屯所から、醒ヶ井七条下ルの不動堂村へと移転することになっていた。
    新選組の振る舞いに迷惑していた西本願寺は、土地と全ての費用を負担して新しい屯所を建築したのである。

    不動堂村の屯所は、近藤の妾宅と隣接しており、内部は、中央に広間、その両脇に長廊下が通り、右側には平隊士達の部屋が、左側には幹部隊士の固執があり、その奥に局長・副長の部屋があったという。


    また、この頃、御陵衛士も、善立寺から、高台寺の塔頭・月真院に移っていた。



    Copyright (C) 2004 str. All Rights Reserved.   http://www.geocities.jp/str_homepage/