真夜中の遊園地

真夜中の遊園地 > THE 4TH KIND

THE 4TH KIND

監督:オラトゥンデ・オスンサンミ
キャスト:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ

映画に娯楽性を求めるなら、本作THE 4TH KINDは觀ないほうがいい。
主人公であるミラ・ジョヴォヴィッチが作品冒頭に自己紹介がてら登場し、「信じるか信じないかはあなた次第」なんてことを言う。コレを鼻で笑っちゃったりすると、多分手痛いしっぺ返しを食らう。


逆に「んっ?なんだか変だな・・・?」とこの時点で警戒態勢に入っておかないと、かなり驚かされるのでそのつもりで。


アラスカ州の小さな町で1960年代以降、住民の謎めいた失踪事件が相次いで報告された。FBIの度重なる捜査にも関わらず、この現象の真相は解明されなかった・・・そうこれまでは。
不眠症を訴える患者をカウンセリングし、その一部始終をビデオ録画していた心理学者アビゲイル・タイラー博士は、図らずも恐るべき事実を知ってしまう。それは患者の多くが宇宙人の姿をしたものに遭遇したと報告し、その内容も気味が悪いほど似通っていることだった。
タイラー博士が初めて公開する記録映像とそれを再現した映像で構成される、実際の事例に基づいた挑発的なスリラーTHE 4TH KIND『フォース・カインド』。観る者は、未だかつてないほど衝撃的な出来事を目撃することになる。まさにこれは”怖いほどリアル・・・宇宙人による誘拐を描いた、最もショッキングな映画”


THE 4TH KINDを作品内では第4種接近遭遇と訳している。
なんで世界最古の都市文明シュメールが出てくるのか?という疑問点が残ったり、ストーリーの着地点をなぜあんな具合にしたのか理解に苦しんだりするが、確固たる証拠が提示できないからきっと仕方のない事なのだだろう。


このあたりまで書いて、アビゲイル・タイラー博士についてググると更に衝撃的な事実が!
あ〜ぁ、がっかりしちゃった。


フッダ
借金相談