'09年9月度:茨城県 神栖



文・写真/ホロッホー

丸々2ヶ月の工場入りを要した影響で2ヶ月連続の代車参加。3ヶ月ぶりに自分のバイクでの参加となった。あぁ、やっぱり自分のバイクでってのはいいな。天気は好いし申し分無し。

珈琲片手に行き先相談。隣にはCBRの集団が。

「どうする?」「そうだねぇ・・・」

シルバーウィーク入り口なだけあって、そこら中で渋滞することが予想される。
カメラ談義を交えながらしばらく談笑。CBRの集団が出発して行く。

どこからともなくプリントアウトされた用紙が登場。茨城にあるサーキットの狼ミュージアムに関する情報が写されていた。

「んーと、東関道の終点で降りたらいいのかな?」

行き先決定。東関道をひた走る。


予想より敷地が広い!着いたらランボルギーニ・ミウラが屋外にいた。そのすぐ傍にバイクを駐車して見物してるとエンジンをかけて走り始めた。実車を見るのは初めてだ。へぇぇ、こんな音するんだ。修理から帰って来たんで試走してるそうだ。敷地内のデモ走行コース(全長280m)を周回してる。

何とも好いタイミングで来れたみたいだ♪すげーすげー。
撮らずにいられない。撮りまくった。


ひとしきりのエキサイト撮影の後、館内へ。主人公がお出迎え。

車へ歩み寄るとスタッフがエンジンカバーをどんどん開けて行く。 何てことざます、素晴らしいざます。



観覧客がカメラを構えようとすると展示車両を囲っているテープもスタッフがどかしてくれる。何てことかしら、あらあら素敵。



車両だけじゃ無く、模型やもちろん池沢氏の作品単行本も置いてあって、本棚にある分は自由に手に取って読める。

ロータスヨーロッパを案内してくれた人は見覚えがあるんだよな・・・。

消しゴムや木片を削ってミニチュアを作ってたり、館内にある紺色のロータスヨーロッパのオーナーだったり。楽しそうに話をして下さった。

腹ごしらえ。

ミュージアムから歩いて数分のとこにある製麺店で食事。

量が多いのを知らずにサーモン小丼を追加したせいで喰い切れなかった。

いやぁー、小鹿野と言い今日のミュージアムと言い、堪能させてもらったわー。
帰路は来た道を引き返すことにした。酒々井サービスエリアで休憩。

首都高の大井PAで合流休憩し、ここで全体解散
集合写真を撮っておくことにした。車両通路を挟んだ所にカメラをセット。1枚目は・・・・失敗。車が横切ってもうた。

今日の面子でカーナビを持ってないのは俺だけ。自分でめくらずとも現在地のページを開いてくれるのが電子地図たるカーナビの利点だ。この先のルートがしばらく同じふたりが先に出発。

暑さにさいなまれることも無く降水の気配も無く過ごせた好い1日だった。

みなさんお疲れっした。また気が向いたいつの日か。

@@@@@おまけ@@@@@

テスト走行してたミウラがしばらくしたらトラブってた。

エンスー万歳と言うか「あらあら、やーねぇ」と言うか他人事と思えなくなりつつある昨今と言うか、何とやら。(;^_^)