大陸製エンジンについて

 

 

先ず初めに言っておきますが、ある程度の知識と自己責任は必須です。安いからと言って手を出すのはやめましょう。

俗に言う中華エンジンは、規格が統一されておらず、同型エンジンでも改良?されている場合もあり、規格も排気量もバラバラです。補修部品も殆ど供給されていないので、メンテナンスにしっかり時間を掛けないと長生きしません。壊れて修理するより再度、購入したほうが安上がりだと言われればそれまでですが、エンジンをバラして組める知識がある「いじり好き」な方には面白いかもしれませんね。

  

 所有エンジン

152FMI

2006.9新品購入

強化クラッチ2次側4枚(実際は5枚だった)

リターン式(1−N−2−3−4)

シリンダー刻印:PL-7 123cc

ボア:52.4mm

ストローク:57.0mm

排気量:122.85cc/吸気26.5mm/排気24mm シリンダ−スリーブ厚゙3mm

配線6本

CD風のエンジン

現役のエンジン。購入後クランクケースを割り中を確認したが、バリや異物はなく当りだったもかもしれない。

ただ、エンジン始動時、ニュートラルに入れにくい。

トルク型のため、8,500回転が限界。(オートゲージのタコで計測)

しかしながら、3速でかなり引っ張れます。(Fr:16T/Rr:35T)

大陸製キャブのコンビでリッター60Km超えも可能。

 

LC152FMI

2009.5中古入手

1次側3枚クラッチ

シリンダー刻印:PL-4 124cc

ボア:52.4mm

ストローク:55.5mm

排気量:119.63cc/吸気22.5mm/排気19mm シリンダ−スリーブ厚゙2mm

配線5本(ニュートラル検出用センサーなし)

国内に出回った初期型と思われるモンキー風のエンジン

ギヤの入りが渋いのと若干ではあるがニュートラルに入りにくい。

国産のボアアップと比べると非力。

125cc表記であるが実際のところは120cc。

たぶん、LIFANが125ccクラスにエントリーしている為と思われる。

腰上のスタッドボルト間のピッチはノーマルのカブと同じ。

大陸製キャブのコンビでリッター45〜50Km

1P54FMI

2009.9新古品購入

1次側3枚クラッチ

リターン式(1−N−2−3−4)

シリンダー刻印:124cc

ボア:52mm

ストローク:55.5mm

排気量:117.8cc/吸気27mm/排気23mm 

配線6本

LIFAN製の本物のタイカブ風エンジンです。

各部品にロゴや検品印が印字されてます。

2006年製の新古品ですが、ギアの入れ難さとNが入りにくい。

スプロケのシャフト径が20mm(窪み部は約17mm)と太いのですがスプロケは420サイズの14Tが付属。(出荷時は428が付属)

尚、スプロケはエンデュランスのCBR150用がポン付けです。

でも、この形式でボアとストロークがこんなもんとは、なぞです。

FTR223のキャブでリッター35〜45Km

 

 主な125ccエンジンIs this a Lifan or a Loncin? (2008年12月現在)

 

LIFAN(1P52FMI-2b10)

152FMI(メーカー不明)

152FMI(Tai 125)

 

LC152FMI−3 LONCIN

4サイクルエンジン 空冷125cc

ボア&ストローク:52.4×57mm

吸気側27mm/排気側23mm

排気量:123cc

圧縮比:9.5:1

最高出力(kw/rpm):6.1/7500

最大トルク(N.m/rpm): 9.0/5500

アイドルリング:1500rpm

スターター:キックのみ

点火プラグ:A7RTC

プラグの隙間: 0.6−0.8mm

点火システム:CDI

オイル容量:0.91L

マニュアルクラッチ (wet multi-plate)  

ギア:4速(1-N-2-3-4)

一次減速比:3.722

変速比:1st 3. 272

  2nd 1. 9375

3rd 1. 35

 4th 0. 958

 

LIFAN 1P52FMI-2b10

4サイクルエンジン 空冷120cc
ボア&ストローク:52.4×55.5mm

吸気側23mm/排気側19mm

排気量:119.7cc
圧縮比:9.6:1
最高出力(kw/rpm):6.5/7500

最大トルク(N.m/rpm): 8.5/5500
アイドルリング:1500rpm
スターター: キック/セルフ
点火プラグ: A7RTC or NGK C6HSA
プラグの隙間: 0.6−0.8mm
点火システム:CDI
オイル容量:0.91L (15W-40-SE)
マニュアルクラッチ (4 plate)
ギア:4速(1-N-2-3-4)
一次減速比:3.722
変速比:1st 3. 182

2nd 1. 706

3rd 1. 238

4th 0. 916

 

152FMI(Tai 125)

4サイクルエンジン 空冷125cc
ボア&ストローク:52.4×57.8mm

吸気側mm/排気側mm

排気量: 124cc
圧縮比:10.01:1
最高出力(kw/rpm):6.8/7500

最大トルク(N.m/rpm): 9.5/5500
アイドルリング:1500rpm
スターター: キック/セルフ
点火プラグ: A7RTC or NGK C6HSA
プラグの隙間: 0.6−0.8mm
点火システム:CDI
オイル容量:
自動遠心クラッチ(wet multi-plate)
ギア:4速
   

 

 

 

 

 

 

 

 空冷4ストロークOHC単気筒エンジンの種類

 

刻印が125ccで実際120ccなのは海外のバイクメーカーがCUBのラインナップで○○125と販売しているからだと勝手に解釈。それに、国内で出回ってる154FMIの138ccは実際127ccしかないのはなぜだろう。

主なエンジンメーカー LONCIN LIFAN ZONGSHEN JIALING

 型 式

 スペック

50cc

  LONCINLC139FMB

ボア&ストローク (mm)

 39×41.4

排気量(cc

49

圧縮比

8.8:1

最高出力(kw/rpm)

2.0/7500

最大トルク(N.m/rpm)

2.5/6000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

70cc

 LONCINLC147FMD-C

 

 LONCINLC147FMD

 リターン式   

ボア&ストローク (mm)

排気量(cc

72

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

3.7/8000

最大トルク(N.m/rpm)

4.5/6000

変速機形式

無段変速

始動方式

Electric/Kick

 

ボア&ストローク (mm)

排気量(cc

72

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

3.7/8000

最大トルク(N.m/rpm)

4.5/6000

変速機形式

Rotary, 4 SPEED

始動方式

Electric/Kick

90cc

 LONCINLC147FMF

 

    リターン式4速             ロータリー式

ボア&ストローク (mm)

47.0×49.5

排気量(cc

86

圧縮比

8.5:1

最高出力(kw/rpm)

4.0/8000

最大トルク(N.m/rpm)

5.6/6000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

100cc 

 LONCINLC150FMG

 

 LONCINLC150FMG-1

 

 

 LONCINLC150FMG-4

 

 

LIFAN 1P50FMG-A

LC150FMG

ボア&ストローク (mm)

50×49.5

排気量(cc

97

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

4.8/8000

最大トルク(N.m/rpm)

6.5/6000

変速機形式

Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

LC150FMG-1

ボア&ストローク (mm)

50×49.5

排気量(cc

97

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

5.1/8500

最大トルク(N.m/rpm)

6.5/6000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

LC150FMG-4

ボア&ストローク (mm)

排気量(cc

97

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

4.8/8000

最大トルク(N.m/rpm)

6.2/6000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

LIFAN 1P50FMG-A

ボア&ストローク (mm)

50×49.5

排気量(cc

97

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

4.5/7500

最大トルク(N.m/rpm)

6.2/5000

変速機形式

4speed

始動方式

Electric/Kick

110cc

 LONCINLC152FMH-2

 

 

 LONCINLC152FMH-E 3バルブ

 

 

LIFAN1P52FMH-K

 

 

JIALINGJL1P52FMH

 JIALINJL1P52FMH

 

JIALINJL1P52FMH-3バルブ

 

 

 

LIFAN 1P52FMH-3M

LC152FMH-2

ボア&ストローク (mm)

排気量(cc

107

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

5.1/8500

最大トルク(N.m/rpm)

6.8/6000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

LC152FMH-E

ボア&ストローク (mm)

排気量(cc

107

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

6.0/8500

最大トルク(N.m/rpm)

7.0/6500

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

LIFAN 1P52FMH-2L10

ボア&ストローク (mm)

52.4×49.5

排気量(cc

107

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

5.8/9000

最大トルク(N.m/rpm)

7.0/6500

変速機形式

4速

始動方式

Electric/Kick

 

JIALINGJL1P52FMH

ボア&ストローク (mm)

52.4×49.5

排気量(cc

106.7

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

4.8/7500

最大トルク(N.m/rpm)

6.8/5500

変速機形式

4speed

始動方式

Kick

 

JIALINJL1P52FMH

ボア&ストローク (mm)

52.4×49.5

排気量(cc

106.7

圧縮比

9.4:1

最高出力(kw/rpm)

4.8/7500

最大トルク(N.m/rpm)

6.8/5500

変速機形式

4speed

始動方式

Electric&Kick

 

JIALINJL1P52FMH-3バルブ

ボア&ストローク (mm)

52.4×49.5

排気量(cc

106.7

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

4.8/7000

最大トルク(N.m/rpm)

7.3/6500

変速機形式

4speed

始動方式

Kick

 

LIFAN 1P52FMH-3M-3バルブ

ボア&ストローク (mm)

52.4×49.5

排気量(cc

107

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

5.8/9000

最大トルク(N.m/rpm)

7.0/7000

変速機形式

4speed

始動方式

 

120cc

LC152FMI

 

LIFAN1P52FMI-2B10

1P52FMI・・・

 

LC152FMI

 

ボア&ストローク (mm)

排気量(cc

120

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

6/8000

最大トルク(N.m/rpm)

8.0/6000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

LIFAN1P52FMI-2B10

ボア&ストローク (mm)

52.4×55.5

排気量(cc

120

圧縮比

最高出力(kw/rpm)

6.5/7500

最大トルク(N.m/rpm)

8.5/5000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

 125cc 

LC1P52FMI-3

 

 LC152FMI-2

JIALINGJL152FMI

LC1P52FMI-3

ボア&ストローク (mm)

 

排気量(cc

123

圧縮比

 

最高出力(kw/rpm)

6.3/7500

最大トルク(N.m/rpm)

8.8/5500

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

LC152FMI-2

ボア&ストローク (mm)

52.4×57.8

排気量(cc

124.6

圧縮比

9.5:1

最高出力(kw/rpm)

7.0/7000

最大トルク(N.m/rpm)

9.5/5000

変速機形式

Return/Rotary

始動方式

Electric/Kick

 

JIALINGJL152FMI

ボア&ストローク (mm)

52.4×57

排気量(cc

123

圧縮比

9.0:1

最高出力(kw/rpm)

5.8/7000

最大トルク(N.m/rpm)

8.6/5000

変速機形式

4speed

始動方式

Kick

 

LIFAN1P54FMI-2B10/1P54FMI-2E10

ボア&ストローク (mm)

54×55.5

排気量(cc

127

圧縮比

 

最高出力(kw/rpm)

6.6/7500

最大トルク(N.m/rpm)

8.5/5000

変速機形式

4speed

始動方式

Electric/Kick

 

 

LIFAN 1P55FMJ-2E10

ボア&ストローク (mm)

55×59

排気量(cc

140

圧縮比

 

最高出力(kw/rpm)

8.0/7500

最大トルク(N.m/rpm)

9.5/5000

変速機形式

4speed

始動方式

Electric/Kick

 

 

 

AHP Products ( 2009.9 )

 

 

 

 

 

Lifan 110cc 4 speed manual clutch engine

We just unloaded a few pallets of these 110cc Lifan engines. Here are the specs on these engines, these make great replacement motors for backyard/mod CRF's and street CT70's. These engines will take the TB 114cc bore kit.

E22 23/20mm valve head - Accepts AHP or TB's Jialing race cam 68mm length
4 speed 1 down 3 up shift pattern
Manual Clutch
Kickstart
5 wire stator with lighting coil
Includes kickstarter, shifter, aluminum ignition cover (may say Lifan or VSP) and intake.

$225.00

 

Evos 140cc engine packages with big valve head, 27/23mm valves.

$339.00

 

 

 

 

YX 150cc Engine - 13mm wrist pin!

The 150s have the daytona/lifan 150 style clutch cover with the slingerless oil filter. If your thinking about a Lifan 150, check these engines out - here are some of the advantages over the lifan: 13mm piston pin (easy to find aftermarket parts), oil fill in a location that doesn't require you to remove the exhaust to add oil.

$399.00

 

 日本国内での正規販売

 LIFAN社製品のアフターサービス部門
LIFAN社製品の殆どの製品へのパーツ供給と修理を2009年6月より開始。

また、日本国内ではRED ZONE販売チャンネルでの購入製品はLIFAN社RED ZONE(株式会社 翔和)が保証するそうです。
ただし、LIFAN社製品が中国での仲介業者を介して日本国内へ輸入されているLIFAN社ブランドを無断使用したエンジンでサイドカバーのみLIFAN社ロゴを装備した偽造商品は、アフターパーツの供給や修理も受けられません。

LIFAN社製2輪車販売開始。毎年、EUやアメリカ、アジアオセアニア圏において国内メーカーを凌駕する年間177.7万台〔国内外〕のスクーターやバイクを販売してるそうです。

 

 LONCIN社の日本総代理店

埼玉県のCJ−BEET MXがロンシン製品を取り扱ってます。

 

 

 配線の色やつなぎ方がおかしいのも中華品質です。

  配線の見分け方→基本的な配線

 

 ピストン比較(中華125・WAVE125用)

以前、手持ちの中華エンジンの腰上を比較して、LC152FMIと152FMIの排気量を確認。

計算式は・ピストン直径(cm)=D ・ストローク(cm)=S ・3.14×(D×D/4)×S=[ ? ]
LC152FMI・・・119cc(ストローク55.5mm)
152FMI ・・・・・123cc(ストローク57.0mm)

ピストンは、共に52.4mm。

尚、WAVE125用は、シリンダーをボーリングした場合を想定して0.25mm単位でリングサイズを選択できます。

見た目では、大陸製の方がリングの厚みが厚く、オイルラインの穴の数が多い。

左:国産   右:大陸製

左:国産   右:大陸製 

       WAVE125用     125FMI
メーカー      TKRJ       中華
外径  (mm) :A  52.4      52.4
全高   (mm) :B  38.7      38.8
ピン径 (mm) :C  13        13
圧縮高 (mm) :D  19.70     20
ピン長さ(mm) :E  38.5      38.2
※数値は参考程度と認識願います。

海外ではLIFAN ZONGSHEN JINCHENG用にハイコンプピストンなるものも有るそうです。

画像クリックで販売元HP

 

ハイカム 

手持ちのカム(逆転デコンプ付)2台とも同じ形状でスプロケは3つ穴で32歯。

この手のハイカムは、武川Rステージ+D(15or20)ベアリングの差し替えで使用可能(2つ穴)という情報はありますが未確認です。ヤフオクで出品の125ccハイカムや武川Sステージとは、形状が違います。

ベアリングは、深みぞ玉軸受で品番が6002と6003だけど寸法がちがいます。

タイカブのスプロケでCBR150のレース用がポン付けです。

カムスプロケはHONDA(4321-GBJ-M30)がポンらしい?

 

左:武川Rステージ+D

右:ベアリングはめ替え

ピストンにバルブが当る場合は、加工調整が必要との事らしいです。

 

ヤフオクで出品されていた2つ穴のカムです。

左は高速ベアリング付きですが、カムスプロケのみも出品されている。

右はステンレス製

HONDA製の2つ穴32歯は4321-GBJ-M30

中華1??ccに合いそうなカム(要現物確認必要)

こちらは、ヤフオクでも出品されてるデコンプなしタイプ。

少しの加工で、いけそうな気がするハイカム。

左:S-StageE-Typeカムシャフト 9,544(税込)ひょっとして3つ穴カム使用可能?

右:武川ですが見比べると、カム穴の位置が微妙に違います。

なぜか、ホンダのモトラ純正カムと同じ形状のようです。 

ひょっとして無加工でいけそうな気がするハイカム?(現物は見てません)

EASYRIDERSの3VALVE110cc用(3つ穴)8,400円

一応ハイカムらしい。軸内径が小さく、拡張すればいいとの事ですが未確認。

デコンプ付き3VALVE110cc用(3つ穴)

ベアリングはFJK(藤木精密工業)で日本製。

カムの作用角はノーマルより大きく、リフト量はノーマルと同じ6.75mm

所有のカムより長い。

取り付け

*ポン付けは大変危険ですので絶対にマネしないようにしましょう。

海外では定番?

長さが74mmのデコンプ付。

日本製のFJKベアリングに3つ穴タイプで無加工で装着可能。

*全ての大陸製エンジンに装着可能とは限りません。

 

 

    ホンダ横型エンジンについての情報はこちら→honda4mini

 

 

  大陸製エンジンに快適性を求める 

 振動対策

振動の原因の一つとして、フライホイールのセンターが出ていないがために、高回転になるほど振動が増加します。

従ってジェネレータ&フライホイールを純正品に交換。 

     

大陸製は一見6Vに見えますが12Vです。

 

 油圧クラッチ

2次側クラッチのエンジンは2次側用クラッチレバーに交換するだけで切れが良くなりますが重いのが難点。油圧化は予算的にムリなので1次側のエンジンにホンダVTの油圧を装着。

尚、武川の油圧クラッチキットをポン付けすれば簡単です。

 

     

モンキー風LC152FMIとタイカブ風1P54FMIに装着

 全波整流化&HID 

「暗い」の一言からなかなか手がでなかった。

なぜかと言えば、電気はきらいです。

 

 

 

ジェネレーターは配線2本を加工

レギュレーターはホンダのジョルノクレア(品番:31600-GEE-003)

 ギアの渋さ改善

 ニュートラルに入らない。

ちょっとした事でギアが入ったり抜けたりする。

 モンキー風LC152FMIを分解。

シフトドラムの精度の悪さが原因でした。画像

 

 2011.9追記