Stress Management Power Group(SMaPG)「こころの薬箱」
うつ状態に悩む方へ

原因

たいていのうつ状態は、「精神病のうつ病」と表面的には似ている点があるものの、根本的には全く別のものです。うつ状態は、がんばりすぎた後に、「ちょっと休息をください」と心と体が要求している状態です。精神病ではなく、ストレス反応性のものです。専門的には、脳の神経伝達物質とレセプターの部分に疲労による変化が起こるのだろうと推定されています。
 寒いところにいれば風邪をひくように、ストレスを受けながらがんばりすぎた後に、うつ状態になります。風邪もうつ状態もどちらも重病とはいえないものの、病気の一種で、休息が必要であることも共通しています。こじらせないことが第一です。

気合いではなく、休息

気合いを入れても良くなるものではありません。逆に、がんばればそれだけ心のエネルギーを使い果たすことになります。気持ちがたるんでいるからうつ状態になったのではなく、うつ状態になったから元気が出ないのです。必要なのは休息です。

お薬

休息をとっていてもうつ状態はつらいものです。薬でそのつらさをやわらげることができます。薬が本格的に効き始めるまで、約二週間待って下さい。その後はとても楽になります。いろいろな薬があり、作用も違いますから、そのつど説明します。副作用やのみ合わせの心配などにもお答えします。疑問点は遠慮なくおたずね下さい。新しい薬は副作用はほとんどありません。約三〜六ヶ月のあいだ薬を使います。その後はすっかり元の生活に戻ります。
 漢方薬を用いて治療することも有効です。また、薬物は使いたくないとご希望の方もいらっしゃいます。納得できるようによく話し合いましょう。

期間

完全に治り、もとの生活に戻るまでには三ヶ月から六ヶ月と考えて下さい。仕事は、状況によりますが、できれば一、二ヶ月程度は休むのがよいようです。診断書を提出して落ち着いて治療に専念しましょう。職場復帰にあたっては、仕事内容、職場、時間などの調整をします。たとえば半日勤務で開始することなどを会社に要請することもあります。

数カ月の間には軽い波があるのが普通です。途中で少し悪くなっても悲観しないことです。全体としてよい方向に向かっているのだから大丈夫だと考えましょう。

後遺症

命には別状ありません。後遺症もありません。遺伝もしません。ご安心ください。

大きな決断

治療が終わるまで、仕事、学校、家庭での大きな決断はしないようにしましょう。退職、退学、離婚などの必要はありません。休職や休学でよいのです。体調が万全になってから、その先のことを考えましょう。いまは悲観的な考えしかわいてきません。

ご家族の理解

ご家族の方にも病気の説明をします。休養中に気分よく過ごせるように、ご家族に協力していただきましょう。

アルコールはがまん

治療が終わるまで、アルコールはがまんしましょう。

居場所の確保

休養中に居場所がないのが悩みとなることがあります。自宅、図書館、喫茶店、公園などで時間を過ごすことも多いようです。病気について理解を深めながら、この機会に仕事の仕方やライフスタイルについて点検してみましょう。
←戻る