Stress Management Power Group(SMaPG)「こころの薬箱」
引きこもりがちのきみに

学校や職場から引きこもって家族を心配させているきみ。ときどき真剣に悩むきみ。
そんなきみにメッセージが届けばいいと思ってこの文章を書いています。

まずある引きこもりの男性の話を聞いてみましょう。

はじめはとてもつらかった。学校や職場に行くことはみんなが普通にしていることだから、みんながしていることを自分はできない、まずそう思ってつらいです。次には家族が心配するので、それもつらいですね。何とかしなくちゃと何度も思って、そのたびにつらくなった。家にいてもどこにいても、なんとなく居心地が悪かった。まあ、当然ですよね。
最近は、引きこもりも長くなってくるとなんとなく慣れてきますね。そしてときどき昔のつらい感じを思い出してつらくなる。それから、これからどうするかな、と考えさせられる機会もあって、その時にもつらい思いをする。
誰に相談したらいいかも分からない。どうして自分が学校(職場)に行けなくなったか、いまとなっては正確に説明できないようにも思う。自分なりには分かっていますよ。言いたくないですけど。ぼくは頭悪くないから、そんなことは分かってる。でもまあ、だれかに話して分かってもらうのも難しそうで、それであきらめているんです。
でも親はときどききついことをいう。ぼくのためを思って言ってくれていると分かっているけれど、この自分のどうしようもなさを分かってもらえなくて、ついつい口げんかになってしまう。言い返す元気もないときは無視して自分の部屋に閉じこもる。
この自分の苦しさは誰にも分からないのではないかと思う。分かってもらったところで、解決ができるだろうか。解決どころか、もしかしたら自分は世間の人たちに比べてとても感性が優れていて、そのせいでこんな生活をしているのではないだろうか。だとすれば、無理矢理いまの生活を変えることはない。
でもそうは言っても、将来のこともある。仕事は、結婚は、と考えるとちょっとね。さすがに不安です。
親が心配するのは、まあ、極端にいえば勝手にしてもらえばいいんだけど、結局自分の人生なんで、そろそろどうにか、ね。
しばらく引きこもっていた人たちってどんなふうにして変わっていくんですか?

だいたい雰囲気が伝わりましたか?

医療機関にはこんなタイプの若い人たちがたくさんいらしています。引きこもりが長い人も、短い人もいます。カウンセリングを続ける人、薬物や自律訓練法を補助に使う人、紹介してもらったいろいろな場所で新しい生活を試みる人、さまざまです。友達が多い人もひとりもいない人もいます。共通しているのは、過去のことはひとまずいいじゃないか、これから少しでも自分の希望する方向に人生を向けるためにはどうすればいいか相談しよう、この点です。過去について根ほり葉ほり調査しても、いまが突然変わるわけじゃありません。
また、いまが前進の時期ではないと感じるなら、ひとまず引きこもっていましょう。でも、そのとき、すこしでもきみが幸せな感じの持てる引きこもり方があるのではないでしょうか?
よその引きこもりの人たちはどうしているんだろう。どのようにして次の生活に踏み出したのだろう。そんなことに興味はありませんか?
自分が来たくないなら、ご家族の方に代理できてもらいましょう。そして間接的にでもいいから相談しましょう。
人間は学校(職場)に行くために生まれたのではありませんよね。その通りです。しあわせになるために生まれたのだと思います。学校で勉強するようになったのは人類の長い歴史で最近の百年程度のものです。学校(職場)に行くか行かないかではなく、「しあわせになること」を一緒に考えませんか?
きみのしあわせって、どんなこと?そこから話しませんか?
←戻る