Stress Management Power Group(SMaPG)「こころの薬箱」
過敏性腸症候群(IBS)

「このごろ下痢でお腹が痛い。トイレに行って出してしまうと落ち着くんだけれど、またお腹が痛くなる。そんなことの繰り返しで、外出もおっくうになってしまう。仕事に支障が出ている。会社ではリストラの話も出ているのに、こんな体調では目をつけられてしまう。胃腸科で調べてもらったけれど、特に悪いところはないといわれた。病名は過敏性腸症候群というそうだ。ストレスに関係する病気で、心療内科に行けば相談できるらしい。」
そんなわけで、過敏性腸症候群の人が心療内科ににいらっしゃいます。

診断

過敏性腸症候群は過敏性大腸症候群と同じものをさしています。診断の手がかりとしては、以下の項目のうち、6つ以上あてはまれば、疑わしいといわれています(川上先生の表をアレンジしてストレス・マネージメント・パワー・グループの考え方を紹介します)。
血液検査やエックス線検査で異常がないことが前提になります。また、お腹の調子以外に自律神経症状がないかどうか、ストレス関連症状がないかどうか、細かく調べることも必要です。
病型として分類すると、1.下痢型、2.便秘型、3.下痢と便秘の交代型、4.ガスがたまってお腹が張るタイプなどがあります。

原因

過敏性腸症候群ではストレスが原因となり、自律神経の異常が発生し、腸に症状が出ると考えられます。

治療

「症状に応じた手当」と、「原因に応じた治療」の二つを考えます。
まず「手当」です。症状は下痢、便秘、ガスなどですから、それらを調整する薬を使いましょう。下剤や下痢止めですね。弱いものから強力なものまで、さまざまあります。ヨーグルトを食べることも勧められます。一日200グラム程度を持続してみて下さい。ヨーグルトにきな粉を混ぜることもしばしば勧められます。これだけですべて解決するわけではありませんが、症状が少しでも緩和されれば、自分の状況についてゆとりを持って見通しよく考えることができるようになります。
「原因」に応じた治療としては次のようなものがあります。
←戻る