国土交通省新技術登録 NETIS,SK-010021

間伐材(杉)を使った道路緩衝体。

車輌衝突衝撃吸収ウッディクッションドラム

 

「安全くん」

 

 

「安全くん」は、高速道路や工事現場等に設置される、杉間伐材・小径木を主材料にした車輌衝突衝撃吸収用の木製クッションドラムです。

従来のプラスチック製のドラムと代替することにより、廃棄処分が容易で環境に優しい木質系資源の有効活用が図られ、併せて森林保全・国土保全への貢献が期待できます。

 

anzenkun1.JPG

 

特徴

1.主要部材は杉間伐材

間伐材は、将来に渡って安定供給が見込まれる循環資源です。

破損等の廃棄時は、シールを剥がすだけで、自然界に戻すことができ、環境への負荷も少なくなっております。

 

2.衝撃吸収性のはプラ製ドラムと同等

衝突衝撃吸収テストの実施により実証済みです。

木片の飛散防止対策も、シールと補強ロープにより万全を図っております。

 

3.夜間視認性も良好

カプセルレンズ型高輝度反射シール採用で夜間視認性は極めて良好です。

絵柄反射シールは、地域に合ったデザインを選択できます。

 anzenkun3.JPG

 

 anzenkun2.jpg

 

定価(設計単価)

ウッディクッションドラム「安全くん」

 29,500円/基

 

 

高知県立森林技術センター・襯┘好┘攻ζ嘘発

国土交通省新技術登録 NETIS,SK-010021

特許第3612320号 (H14.10 高知県・有限会社エスエス・森昭木材株式会社)

高知県認定リサイクル製品

関東技術事務所「建設技術展示館」常設展示