3.7. フォントダイアログ

図15.61 フォントダイアログ

フォントダイアログ

フォントダイアログは テキストツール で使用するフォントを選ぶために使われます。 その他には GIMP を実行中にシステムに新しくフォントを追加した場合に、 利用可能なフォントの一覧表を読み込み直す機能があります。

3.7.1. ダイアログの呼び出し方

フォントダイアログはドッキング可能です。 その扱い方については 「ダイアログとその合体」 の節をご覧ください。

呼び出し方はつぎのとおりです。

  • 画像ウィンドウのメニューより ウィンドウドッキング可能なダイアログフォント

  • 任意のドッキング可能なダイアログのボタンアイコン をクリックすると出てくるタブメニューより タブの追加フォント

  • テキストツールのツールオプションから。 フォント: のボタンをクリックすると簡易フォント選択ダイアログが出てきます。 その右下のアイコンボタンをクリックするとフォントダイアログが開きます

ダイアログが少なくともひとつ開かれておれば、 ウィンドウ メニューに 切り放したウィンドウ のリストが現れます。 このときは画像メニューより ウィンドウフォント と進めばフォントダイアログを浮かび上がらせられます。

3.7.2. フォントダイアログの利用法

最も基本的な使い方は一覧表からフォントをクリックして選択することです。 こうして選ばれたフォントはテキストツールで利用できます。 フォントの見本 (日本語ならば字、 主なアルファベット書体ならばAa) をクリックしてマウスボタンを押したままでしばらく待つと、 より大きな文例Pack my box with five dozen liquor jugs.が表示されます。

升目表示と列挙表示

図15.62 フォントダイアログ

フォントダイアログ

並べて表示

フォントダイアログ

一覧で表示


[ヒント] ヒント

キーボードショートカット Ctrl+F で検索窓が現れます。 一覧表ダイアログの検索窓 をご覧ください。

フォントダイアログのタブメニューで 並べて表示一覧で表示 を切り替えられます。 並べて表示の場合はフォントの見本が升目状に並びます。 一覧で表示の場合もフォントの見本 (ほとんどの日本語文字は字、 アルファベットならばAaなどの表示) が各段にひとつずつ表示され、 その横にフォント名が記載されます。

フォントを更新

ダイアログの底部中央にあるこのアイコンボタンをクリックすると、 システム上のフォントの目録を再走査します。 GIMP を実行中にフォントを追加してテキストツールですぐ使いたいときにこのボタンが役に立ちます。 この機能はフォントの一覧表示を 第2ボタン クリックするか、 ダイアログのタブメニューより最初の項目を進むと出てくる脈絡メニューの フォント一覧の再スキャン を選んでも実行できます。

[ヒント] ヒント

フォントの書体見本の大きさはダイアログのタブメニューの プレビューサイズ サブメニューで調節できます。