CARMEN


 History 1973〜1975 

 David Allen  Angela Allen

John Glascock Paul Fenton

Roberto Amaral
CARMENの結成は、1970年。
David Allen (g)を中心に米ロス・アンゼルスにて。

幾多のメンバーチェンジの後、Roberto Amaral (vo,footwork)、John Glascock
(b)が加入し、1973年初頭イギリスに渡る。

渡英後直ぐにメンバーチェンジを行い、最終的に下記5人の編成となる。

David Allen (g,vo)
Roberto Amaral(vo,footwork)
Angela Allen (vo,footwork,kb)
John Glascock (b,vo)
Paul Fenton (dr,vo)

渡英後直ぐ、幸運にも名プロデューサー、トニー・ヴィスコンティ(Tony Visconti)
に認められた彼らはすぐさま1stアルバムのレコーディングを開始し1973年秋、
記念すべき1stアルバム「Fandangos in space」を完成。
発売前の1973年10月18日 には、ロンドンのマーキー・クラブでデヴィッド・ボウィ
のライブにゲスト出演し好評を得る。

この時の映像がデヴィッド・ボウィの"MIDNIGHT SPECIAL television show"と
して残されている。
 「Bulerias」「Bullfight」2曲続けてどうぞ!!
注:ファイルが非常に重いのでダウンロード後の視聴をお勧めします。


1974年3月には名作の呼び声高い、2ndアルバム「Dancing On A Cold Wind」
を完成させ、イギリス〜アメリカとツアーを行い大成功となる。
尚、1975年1月からの3ヶ月間は、Jethro Tullの前座を努める。



1975年5月、3rdアルバム「The Gypsies」を完成させるも、トニー・ヴィスコンティ
はプロデュースに関わっていない。

Paul Fenton (dr)の怪我により、活動停止状態となった彼らは、John Glascock
(b)のJethro Tullへの参加により、空中分解。

デビューから僅か3年と短い活動に幕を閉じる。




         Discography(SingleEP)
     
Back