雇用保険法(こようほけんほう)

雇用保険は、会社を退職したときに使われる保険です。
みんなのお父さん、お母さんが、仕事をやめたときのことを考えてみよう。

会社をやめると、どうなるか? 会社から給料がもらえなくなるよね。そうすると、次の仕事が見つかるまで、生活に困ってしまうかもしれません。

そんなときに使われる保険が「雇用保険(こようほけん)」なんですね。

雇用保険(こようほけん)からは、次の仕事が見つかるまでの間、ハローワークから、お金が支給される制度です。

仕事が見つかるまでの間、ずっとお金が支給されると、仕事を見つけなくなる人も出てくるので、お金がもらえる期間は、その人が雇用保険に加入していた期間や会社を退職した理由によって、決められています。

そのほかにも、雇用保険では、勉強のために学校に行った場合、学校に支払ったお金を補助する制度や、育児のために会社を休んだ場合、お金を支給する制度があります。

育児にも関係してくることを考えると、雇用保険は、みなさんの生活にもかかわっているんですね。

目次に戻る

トップページへもどる