【法華経 方便品第二】

 その時、世尊は、見るべきものをはっきりと見て静かに三昧から立ち上り、舎利弗(シヤーリプトラ)に告げられた「諸仏の智慧は甚だ深遠であり、無量である。その智慧の門は理解し難く、入り難く一切の声聞や独覚には知ることの出来ない処である。それは何故かというと、仏はかつて無数百千万億の諸仏に近づき、諸仏の無量の教えをすべて実行し、勇猛精進して、その名声が普くきこえ、甚だ深遠な未曾有の教えを完成して、自由自在に説かれたのであるから、その意味を悟る事が難しいのだ。舎利弗よ、私は仏になって以来、種々の因縁、種々の喩えによって広く教えを説き、無数の方便によって生ける者達を導き、諸々の執着から離れさせた。如来は方便と知見の徳とを既に備えているからである。舎利弗よ、如来の知見は広大であり深遠であって、無量であり、妨げがなく、力に満ち、自信に満ち、安定しており、自由であり、集中的であって、遥かに限界を越え、一切の未曽有の教えを完成している。舎利弗よ、如来はよく種々に分別し、巧みに様々な教えを説き、言葉は軟らかであり、多くの人々の心を喜ばす。舎利弗よ、要するに仏は、無量無辺の未曽有の教えを悉く完成しているのである。舎利弗よ、それを説明する事は出来ないのだ。仏が完成したのは、第一級の、希有に理解し難い教えであって、ただ仏のみがよく、仏の知っている存在の実相を究めつくすのである。すなわち、存在とはこの様な相をしたものである、この様な本性のものである、この様な本体のものである、この様な力のあるものである、この様な作用のものである、この様な原因を持つものである、この様な条件を持つものである、この様な結果を持つものである、この様な報いを持つものであると究めつくし、ついに本体と現象とがひとつのものであると究めつくすに至るのだ」と。

 その時、世尊は重ねてこの意味を明らかにしようとして、これらの詩を説かれた。 仏の智慧は推量する事が出来ない。諸々の天人と人間とを含んだ、世間の一切の生ける者達の中で、よく仏を知る者はないからである。 仏の力と、自信と、自由と、諸々の精神集中と、その他諸々の能力とを量れる者は誰もいない。 元々、無数の仏に従って、様々の道を修めた。甚だ深遠な、微妙な教えは、見ること難く、理解することも難い。 無量億劫の間、この諸々の道を修め終って道場において悟りをひらき、私は既にすべてを知見した者となった。 この様な果報を持つもの、種々の本姓のもの、種々の相のものであると、存在について私は知っており、十方の諸仏もよくこの事を知っている。 この事を示す事は出来ない。それを示す言葉がない。それを理解し得る様な者は生ける者達の中にはいないのだ。 ただ、諸々の菩薩達、信ずる力の堅固な者達を除いては他にない。 諸仏の弟子達で、かつて諸仏を供養し、一切の迷いが既になくなり、これが最後の生となった人、この様な人達でさえ、理解する力はない。 例え世間に舎利弗の様な人々が充ち満ちて、思いをつくして共に推量したとしても、仏の智慧を量る事は出来ない。 例え十方に、舎利弗の様な人々が充ち満ちて、また、私の他の弟子達が十方の国土に充ち満ちて、思いをつくして共に推量したとしても、また知る事は出来ない。 独りで悟った人の様な鋭い智慧があり、迷いがなく、この生が最後の生である様な者が、十方の世界に充ち満ちて、竹の林の様であったとして、これらの者達が共に一心に無量億劫の間、仏の真実智を知ろうとしても、ごく僅かな部分でさえ知る事は出来ぬであろう。 新たに発心した菩薩達であって、無数の仏を供養し、諸々の意味をよく悟り、またよく教えを説く者達が、稲や麻や竹や葦の様に十方の国土に充ち満ちて、一心に妙智をもって、ガンジス河の砂の様に無数の劫の間、悉く皆共に思量したとしても仏の智慧を知る事は出来ない。 ガンジス河の砂の様に無数の不退転の諸々の菩薩達が一心に共に探求したとしても、また知る事は出来ないであろうと。

 また、舎利弗に告げられた。迷いがなく不思議な、甚だ深遠微妙な教えを、私は今、既に備えている。ただ私だけがこの相を知っている。十方の仏もまた知っている。 舎利弗よ、正に知れ。諸仏の言葉に偽りはない。仏の説く教えを堅く信ぜよ。世尊は久しく教えを説いた後に必ず正に真実を説くであろう。  諸々の声聞達と、独りで悟る立場を求める者達、私が、苦の縛めから脱れさせ、永遠の平安を得させた者達に告げる。仏が方便力によって、示すに三つの立場(三乗)の教えをもってしたのは, 生ける者達が処々に執着しているのを、引き出してそこから出る事が出来る様にしてやろうとした為なのだ、と。

 その時、その会衆の中には、諸々の弟子、迷いのつきた尊敬さるべき者達である阿若僑陳如(アージニャータ.カウンデイヌヤ)をはじめとする千二百人と、声聞の立場や独りで悟る者の立場に向う心をおこした比丘.比丘尼.在家信士.在家信女がいて、各々この様に考えた。 「今世尊は何故に、ねんごろに方便を称嘆されるのか。しかも、『仏が得た処の教えは甚だ深く理解し難い。説く処の意味には知り難いところがあり、一切の弟子や独りで悟った者の及ぶ処ではない』などと言われる。仏は解脱はみな同一であると説かれた。我らもまたこの教えによって永遠の平安に達した。しかるに今、『方便だ』などといわれる意味が分らない」と。

 その時、舎利弗は四種の会衆の心に浮かんだ疑いを知り、自分もまたその事が分らなかったので、仏に向かってこう言った。 「世尊よ、どういう因縁から、ねんごろに諸仏の第一の方便を称嘆されるのでありますか。 『甚だ深く微妙である』とか、『理解し難い教えである』とかいう様な事を私は昔よりこの方、未だかつて仏から聞いた事がありません。今四種の会衆は悉く皆、疑いを懐いております。 願わくは世尊よ、この事を説明して下さいます様に。世尊は何故に、ねんごろに、甚だ深く微妙であり理解しがたい教えを称嘆されるのでありますか」と。 その時、舎利弗は重ねてこの意味を明らかにしようとして、これらの詩を説かれた。 智慧の太陽である大聖世尊は、長い間経ってからこの教えを説かれた。 自分から、力に満ち、自信に満ち、集中的であり、安定しており、自由である、不可思義な教えを得たと説かれた。 道場にて得た処の教えについて、よく問いを発する者はない。私の意は推測する事が難しく、また、よく問う者もない。 問う者がないのに、しかも自ら説いて、行じた処の道を称嘆して、「智慧は甚だ微妙であり、諸仏の得られた処である」といわれる。 迷いのつきた諸々の尊敬さるべき人と、永遠の平安を求める者とは、今、皆、疑惑の網に陥っている「仏は何故にこの様に説かれるのか」と。 独りで悟る立場を求める者と比丘と比丘尼と、諸々の天人.竜.鬼神とガンダルヴァらは、相視て、思い煩い仏を仰ぎ見ている「この事はどういうことなのか願わくは仏よ解説したまわん事を」と。 諸々の弟子達の中で私が第一であると、仏は説きたもうた。 その私が今、自ら智において疑惑して悟る事ができず、「これが究極の教えであろうか、これが行ずべき道であろうか」と迷っております。 仏の口から生まれた子は合掌し仰ぎ見て待っております。願わくは微妙の音声を出してありのままに説きたまわん事を。 また、諸々の万億の国の王達から転輪聖王に至るまで、合掌して、尊敬する心をもって、完全な教えを聞きたてまつろうと願っております。

 その時仏は舎利弗に告げられた。 「止めよ、止めよ、説いて何になろう。もしこの事を説いたら、一切の世間の天人や人間達は皆、驚き疑うにきまっているからである。」 舎利弗は重ねて仏に向かって言った。 「世尊よ、ただ願わくはこれを説いて下さる様に。それは何故かというと、ここに集まっている無量無数百千万億の生ける者達は、かつて諸仏を見たてまつり、諸々の能力は鋭利であり、はっきりした智慧を持つ者達でありますから、仏の説かれた事を聞けば、よく信じ尊重するであろうからであります。」 そして舎利弗は重ねてこの意味を明らかにしようとして、これらの詩を説いた。 法王、無上なる世尊よ、ただ説きたまえ。願わくは、心を労したまわぬ様に。ここに集まった無量の者達はよく信じ、尊重する事が出来る者ばかりであります。 仏はまた舎利弗のいう事を制止せられた。 「もしこの事を説いたら、一切の世間の天人.人間.アシュラは皆、驚き疑うであろうし、高慢な比丘は大いなる疑いに陥ちこむことであろう」と。 そして世尊は重ねてこの詩を説かれた。 止めよ、止めよ、説いて何になろう。私の教えは微妙であり、思案し難い。諸々の高慢な者達は、聞けば必ず、信ぜず、尊重しないであろう。 その時舎利弗は重ねて仏に言った。 「世尊よ、ただ願わくは、これを説いて下さる様に。ただ願わくはこれを説いて下さる様に。今ここに集まっている、私の様な者達百千万億の者は、前世において既にかつて仏に従って教化を受けております。これらの人々は、必ずよく世尊の教えを信じ、尊重するでありましょう。そしてそれは長い間にわたって彼らを安らかにし、利益するところが多いでありましょう」と。 そして舎利弗は重ねてこの意味を明らかにしようとして、これらの詩を説いた。 無上の仏よ、願わくは第一級の教えを説きたまえ。私は仏の長子であります。我らの願いを聞きわけて、ただ、教えを説きたまえ。ここに集まった無量の人々は、よくその教えを信じ、尊重するでありましょう。 仏は既に前生において、これらの人々を教化されたのです。彼らは皆、一心に合掌して、仏の教えをお聴きしたいと願っております。 私共千二百人と、仏たらんと求める者達とがおります。願わくはこれらの者達の為に、願いを聞きわけて、ただ教えを説きたまえ。これらの者達は、その教えを聞いて、大歓喜を生ずるでありましょう、と。

 その時世尊は舎利弗に告げられた。 「御前は既に三度もねんごろに請うた。これでは説かないわけには行かない。舎利弗よ、今こそはっきりと聴き、よくこれを考える様に。私は今、御前の為に、願いを聞きわけて、教えを説き明かそう。」 世尊がこう言われたとき、この集まりの中にいた五千人の比丘.比丘尼.在家信士.在家信女が座から起ち上り、仏を礼拝して退出して行った。それは何故かというと、この者達は罪の根が深く重く、高慢であって、まだ悟りを得てもいないのに得ていると思い、まだ悟りを証してもいないのに証していると思いこんでいる。こういう過ちを犯していたのである。それでこの集まりから出て行ったのである。しかし世尊は黙然としていられて、これを制止しようとはされなかった。 そして世尊は舎利弗にこう告げられた。 「今、この集まりには、枝葉に類する者達はいなくなり、真実な者だけになった。舎利弗よ、あの様な高慢な者達は退出したほうがよかったのだ。今こそ、舎利弗よ、よく聴きなさい。御前の為に教えを説こう」と。 舎利弗は言った。 「そうです、世尊よ、お聞きいたします」と。

 仏は舎利弗に告げられた。  「この様な微妙な教えは、諸仏.如来がこれを説くこと、優曇華(ウドゥンバラ)の花が三千年に一度花ひらく様なものである。舎利弗よ、仏の説く処を信ぜよ。仏の言葉に偽りはないからである。舎利弗よ、諸々の仏の自由自在な説法の意味は、理解する事が難しい。それは何故かというと、私は無数の方便と、様々な因縁と喩えと言葉とをもって教えを説くのであるが、この教えは、思量し分別したのでは、理解する事は出来ないのであって、ただ仏だけがよくこれを知っているにすぎないからである。それはまた何故かというと、諸々の仏陀.世尊は、ただ一大事因縁によってのみ出現されるからである。 それでは舎利弗よ、諸々の仏陀.世尊はただ一大事因縁によってのみ世に出現されるというが、それはどういうことなのか。 諸々の仏陀.世尊は、生ける者達に仏の知見を開かせ、清浄なものとする為にこの世に出現されるのである。生ける者達に仏の知見を示そうとしてこの世に出現されるのである。生ける者達に仏の知見を悟らせようとしてこの世に出現されるのである。生ける者達を仏の知見の道に入らせようとしてこの世に出現されるのである。舎利弗よ、諸仏がただ一大事因縁によってのみこの世に出現されるという事は、こういうことなのである。

 仏はさらに舎利弗に言われた。 「諸々の仏陀、如来は、ただ菩薩だけを教化される。すべての行為は常にただ一つのことのためである。ただ仏の知見を生ける者達に示し悟らせるためである。 舎利弗よ、如来はただ、一なる他の立場(一仏乗)だけで生ける者達に教えを説かれる。第二の立場、第三の立場などはないのだ。 舎利弗よ、一切十方の諸仏の教えもまたこの様である。舎利弗よ、過去の諸仏も、無量無数の方便と種々の因縁と喩えと言葉によって、生ける者達の為に教えを説かれている。 これらの教えも皆、唯一の他の立場によって説かれたのである。この諸々の生ける者達は、諸々の仏から教えを聞いて、結局、皆、一切種智を得た。 舎利弗よ、未来にこの世に出現されるであろう諸仏もまた、無量無数の方便と種々の因縁と喩えと言葉によって、生ける者達の為に教えを説かれるであろう。これらの教えも皆、唯一の仏の立場によって説かれるであろう。この諸々の生ける者達も、諸々の仏から教えを聞いて、結局、皆、一切種智を得るであろう。 舎利弗よ、この諸々の仏は、ただ菩薩だけを教化される。仏の知見を生ける者達に示し、仏の知見によって生ける者達を悟らせようとし、生ける者達を仏の知見の道に入れようと思うからである。 舎利弗よ、私もまた、今、それと同じである。諸々の生ける者達に種々の欲望があり、深く心に執着するところがあるのを知って、その本性に随って、種々の因縁と喩えと言葉と方便力とによって教えを説くのである。 舎利弗よ、これらは皆、唯一の他の立場一切種智を得させようとするためなのである。 舎利弗よ、十方の世界には、第二の立場さえもない。いわんや、第三の立場などがあろうか。 舎利弗よ、諸仏は五濁の悪世に出現される。五濁とは、長い時間という濁り(劫濁)、本能に基づく心の動揺という濁り(煩悩濁)、生けるものという濁り(衆生濁)、偏った見方という濁り(見濁)、命という濁り(命濁)などである。 舎利弗よ、長い時間という濁りのある乱れた時には、生ける者達のけがれは重く、邪険で貪欲であり、嫉妬心深く、諸々の不善の根ばかりを植えているから、諸仏は方便力によって、唯一の仏の立場ではあるがそれを分別して三つに説かれる。 舎利弗よ、もし私の弟子の中に、自分で自分の事を、尊敬さるべき人(阿羅漢)であると思ったり、独りで悟った人(辟支仏)であると思ったりする者がいて、諸仏はただ菩薩だけを教化されるのであるという事を聞こうとせず、また知らなかったりしたら、この者は仏の弟子ではなく、尊敬さるべき人でもなく、独りで悟った人でもないのだ。 また、舎利弗よ、この諸々の比丘や比丘尼の中で、自分で自分の事を、既に尊敬さるべき人となったとか、これが最後の生であるとか、究極の平安に入っているとか思いこんで、この上ない正しい悟りを求める気持がない様であったら、この者どもは皆、高慢な人間であると知れ。それは何故かというと、真実に尊敬さるべき人となっている比丘がこの教えを信じないという道理がないからである。ただし、仏がこの世を去ってしまわれて、眼前に仏がいられない時は別である。それは何故かというと、仏がこの世を去られたのちに、この様な経典を受持し、読誦して、その意味を悟る様な人は得がたいからである。 しかし、そういう場合でも、もし他の仏に出会ったならば、この教えを悟る事が出来るであろう。 舎利弗よ、御前達は、正に一心に信じて、仏の言葉をたもって行きなさい。諸々の仏の言葉には偽りはない。他の立場というものはない。ただ唯一の仏の立場があるはかりである」と。

 その時世尊は、重ねてこの意味を明らかにしようとしてこれらの詩を説かれた。 比丘.比丘尼にして高慢な心を懐き、在家の信士.信女にして我執つよく、不信の者がある。これら四種の者らはその数五千人である。 彼らは自らその過失を見ず、戒において欠ける処あり、その庇を護り惜しむ。これら小智の者らは既に出て行った。 集いの中の糟は、仏の威徳によって去った。これらの人々は福徳少なく、この教えを受けるのに堪えなかった。 この集いには技葉はなく、ただ諸々の真実なもののみがある。 舎利弗よ、よく聴け。諸仏はその得た処の教えを、無量の方便力をもって、生ける者達の為に説く。 生ける者達が心に念ずる処と種々に実行している道と、諸々の願いと過去の習性と前世の善悪の業とを、仏は悉く、これを知りつくし、諸々の因縁と喩えと、言葉と方便の力とによって、一切の者を歓喜させる。 或いは経と、詩と、過去の出来事と、本生話と奇蹟とを説き、また因縁を説き、喩えと、歌と、理解の仕方とを説く。 機根が鈍く、つまらぬ事を楽しみとし、生死に執着し、諸々の無量の仏のもとで深遠微妙な道を修行することもなく、多くの苦しみに悩乱している者らの為に永遠の平安を説く。 私はこの方便を設けて仏の智慧に入らせようとする。しかし、「御前達は正に仏となるであろう」とは未だかつて説いた事はない。 未だかつて説いた事がないのは、説く時期が未だ来ていなかったからである。今はまさしくその時である。決定的に大いなる立場(大乗)を説こう。 私はこの九つの部分よりなる教えを生ける者達に応じて説いた。大いなる立場に入らせる本であるからこの経を説いた。

 仏の子であって、心清らかに、柔軟に、また機根がするどく、無量の諸仏のもとで深妙な道を修行する者がある。この諸々の仏の子らの為にこの大乗経を説き、「この様な人は来世に仏となるであろう」と私は授記する。彼らは深い心で仏を念じ、浄らかな戒を修めて、たもっているからである。 これらの者は「仏になるであろう」と聞いて、大いなる喜びが普く身に充ちみちる。仏は彼らのこの心の有様を知る故に、為に大いなる立場を説く。 声聞もしくは菩薩にして、私が説いた教えの詩の一つでも聞いたなら、皆、仏となること、疑いがない。 十方の仏国土の中には、ただ、一なる立場の教えのみあって、第二の立場もなく、また第三の立場もない。ただし仏の方便の説を除いて。 ただ、仮に名字のみをもって生ける者達を導くのは、仏の智慧を説かんがためである。諸仏が世に出られるのは、ただこの事のみが真実であり、余の二つはすなわち真実ではなく、小さな立場で生ける者を救うという事はついにない。 仏は自ら大いなる立場に立ち、その得られた教えは、禅定と智憲の力で荘厳し、これによって生ける者達を救われる。 自ら、無上道である、大いなる立場の平等の教えを悟り、もし小さい立場をもって一人でも教化したならば、私は物惜しみした事になるであろう。この事は不可である。 もし人、仏を信じ帰依すれば、如来はあざむき、たばかる事がなく、また食欲も嫉妬の心もない。存在するものの中の悪を断ちきっている故に、仏は十方において、独り畏れるところがない。 私は相によって身をかざり、光明によって世間を照らし、無量の人々に尊ばれ、為に実相の印を説く。 舎利弗よ、正に知れ。私は昔、誓願を立て、一切の生ける者達を、私と等しく、異なるところがない様にしようとした。 私の昔の願いは、今既に満足し、一切の生ける者達を教化して、皆、仏の道に入らしめた。 もし私が生ける者達に遇えば、悉く教えるのに仏道をもってする。無智な者は錯乱し、迷い惑うて教えを受けない。 私はこれらの生ける者達が、未だかつて善の本を修めた事がないのを知っている。堅く五欲に執着して、無智と生存意欲の故に悩みを生じ、諸々の欲の因縁によって三種の悪しき世界に堕ち六種の世界を輪廻して、つぶさに諸々の苦の毒を受け、受胎する微小な形は、世を重ねる毎に増長し、徳うすく福少ない人間として多くの苦しみに迫られ、邪見の深い林に入り、あるとか、ないとか言いあらそい、この諸々の見解に頼って六十二種も備えている。 深く虚妄の教えに執着して、堅く受持して捨てず、我執がふかく、自ら誇り、偽善であり、心は不実である。千万億劫においても仏の名を聞こうとしない。また正しい教えを聞かず、この様な人は救いようがない。 この故に、舎利弗よ、私は方便を設けて、諸々の苦しみをなくす道を説き、永遠の平安を示す。 私は永遠の平安を説くが、これは真の悟りではない。存在するものは、本来、常に自ら寂滅する性質のものだからである。仏の子は道を修行し終れば、来世に仏となるであろう。 私には方便力があって、三つの立場の教えを教え示した。しかし一切の諸々の世尊は皆、一なる立場の道を説かれる。 今、この諸々の大衆は皆、正に疑惑を除け。諸仏の言葉は異なるところがなく、ただ一つであって第二の立場はない。 過去無数劫に悟りをひらいた仏は無量であり、百千万億種であって数える事は出来ない。 これらの諸々の世尊も、種々の因縁と喩えと、無数の方便力によって存在の様相を説かれた。 この諸々の世尊らも皆、一なる立場の教えを説いて無量の生ける者達を教化して仏の道に入らしめられた。 また、諸々の大聖主は、一切の世間の、天人・人間・様々な生類の心に深く欲している事を知って、さらに、異なった方便によって第一義(悟りの世界)を説き明かされた。

 生ける者達の中で、諸々の過去の仏に出会って、教えを聞いて布施し、戒を守ることや、忍耐や、精進や禅定や智慧などによって種々に福徳を修めた、かかる諸々の人々は皆、仏道を完成するであろう。 諸仏がこの世を去っていても、もし人に善軟の心があれば、この様な諸々の生ける者達は皆、仏道を完成するであろう。 諸仏がこの世を去っていても、その遺骨を供養する者があって、万億種の塔を建てて、金・銀・頗梨と、しゃこと瑠璃と、攻魂(朱色の珠)と流璃珠とをもって、諸々の塔を清浄に広く美しく飾り立て、或いは石造の廟を建て、栴檀と沈香、木椅その他の香木や瓦や泥土で塔を建てるとしよう。 もしくは、広野の中で、土を積んで仏の廟を建立し、或いは童子がたわむれに砂を集めて仏の塔をつくるとしよう。これらの諸々の人らは皆、仏道を完成することであろう。 もし人、仏の為に諸々の像を建立し、彫刻して三十二相を備えた像を完成すれば皆、仏道を完成するであろう。 或いは七宝でつくり、銅、赤白銅、白線、鎗、錫、鉄、木、陀土、或いは膠や漆を染ました布によって美しく飾って仏像を作った人々、この様な諸々の人らは皆、仏道を完成するであろう。 三十二相の一々を百の福相によって飾った仏画を壁に自ら描き、もしくは人に描かせた人々は皆、仏道を完成するであろう。 或いは童子の戯れに、或いは草木及び筆、或いは指の爪で仏像を描いた人々、この様な諸々の人らは皆、次第次第に功徳を積み、大悲の心を備えて皆、仏道を完成し、ただ諸々の菩薩のみを教化して、無量の人々を救うであろう。 もし人、塔や廟の宝像や仏像に花や、香や、幡や、天蓋を、心から尊敬して供養し、もしくは人をして音楽を奏させ、鼓を打ち、角笛や法螺貝を吹き、斎や、笛や、琴や、竪琴や、琵琶や、鏡や、鋼鉄など、この様な諸々の妙音を悉く鳴らして供養し、或いは歓喜の心をもって仏の徳を讃える唄を歌い、ないしは、一つの小音をもってしても皆、仏道を完成するであろう。 もし人、散乱した心で、しかも、たった一本の花で仏像を供養したとしても、次第に無数の仏を見るであろう。 或いは人あって礼拝し、或いはまた、ただ合掌のみし、ないしは、片手のみを挙げ、或いはまた少し頭を下げて、これによって像を供養したとしても、次第に無量の仏を見、自ら無上道を完成して、広く無数の人々を救い、心も体も余す処なく滅した永遠の平安に入ること、薪が尽きて火が消える様である。 もし人、散乱した心で塔や廟の中に入り、一度南無仏と称すれば皆、仏道を完成するであろう。 諸々の過去の仏が、現在しているとき、或いは世を去られたのちに、もしこの教えを聞く事があったならば皆、仏道を完成するであろう。 未来の諸々の世尊達は、その数を量ることも出来ないが、この諸々の如来達もまた、方便して教えを説かれるであろう。 一切の諸々の如来は、無量の方便をもって、諸々の生ける者達を救って、他の汚れなき智慧に入れられるであろう。 もし教えを聞く者があれば、一人として仏にならぬ者はないであろう。諸仏の立てた誓願は、自分が実行した仏道を、普く生ける者達に、同じ様にこの道を得させたいというのである。

  未来世の諸々の仏達が、無数百千億の諸々の教えを、説かれるとしても、その実は一なる立場のためである。 諸々の仏・両釈尊は、存在するものは常に自他のないものであると知り、仏の種は縁によって起こると知り、この故に一なる立場を説くであろう。 この縁起の教えは、永続するものであり、不変のものであり、世間の相も生滅変化しているままで常住であると、道場において知りつくして、導師は方便して説くであろう。 天人や人間に供養せられる現在の十方の仏は、その数、ガンジス河の砂の如く無数に世間に出現されるが、生ける者達を安らかにする為に、また、この様な教えを説かれる。 彼らは寂静の境地の中で第一のものを知り、方便力によって種々の道を示すけれども、その実は、仏の立場のためである。 生ける者達の諸々の行為と、心に深く念じている処と、過去に行なった業と、現在の願いと過去の習性と精進力と、諸々の機根の利鈍とを知って、それに随い応じて、種々の因縁と、喩えと、言葉とによって、方便して説く。

 今の私もまたこの様である。生ける者達を安らかにする為に種々の教えによって仏道を説き示した。 私は智慧の力によって生ける者達の現在の願いと過去の習性とを知り、方便して諸々の教えを説き、皆、歓喜せしめ得た。 舎利弗よ、正に知れ。 私は仏眼によって観察して、六つの世界にある生ける者達を見るのに、貧窮していて福徳智慧がなく、生死の険しい道に入り、苦しみは連続して断える事がない。 深く五欲に執着すること、野牛が尾を巻きこんで大事にする様である。貪愛によって自分を蔽い、盲目となってなにも見えず、偉大な力のある仏を求めず、苦を断ち切る教えを求めない。 深く諸々の邪見に落ち入って、苦によって苦を捨てようとする。この様な生ける者達であるから、私は彼らに大悲心を起こした。 私は始めて道場に坐って、樹を観察し、また歩きまわりつつ、三七日の間、この様な事を考えた。 「私が得た処の智慧は微妙であり、最第一である。しかも、生ける者達の諸根は鈍重であり、楽に執着し、無智のため盲目となっている。この様な者達をどうして救おうか」と。 その時、諸々の梵天王と、諸々の天帝釈と、世を護る四天王と、大自在天と、並びに、余の諸々の天人達と、百千万の部下の者らは、恭敬し、合掌し、礼拝して、私に教えの輪を転ずる様にと請うた。私は自分でこう考えた。 「もし、ただ仏の立場のみを讃えたなら、生ける者達は苦しみに沈み、この教えを信ずる事は出来ない。 彼らは教えを破り、不信の故に三悪道に堕ちるであろう。私はむしろ教えを説くことなく、速やかに永遠の平安に入ろう」と。 ついで、過去の仏が行なった方便力を想い、「私が今得た処の道もまた、正に三つの立場として説こう」と、 こう考えたときに十方の仏は皆、現われて、清らかな声音で私を慰めた。 「よいかな、釈迦族の聖者よ、第一の導師よ、あなたはこの無上の教えを得られたが、諸々の一切の仏に随って方便力を用いられる。 我らもまた、皆、最第一の教えを得ているが、諸々の生ける者達の為に三つの立場に分って説くのだ。小智の者は小さい教えを願い、自分が仏になるとは信じない。 この故に方便によってよく考えて果報を説く。また三つの立場を説くとはいってもただ菩薩にのみ教えるためである」と。 舎利弗よ、正に知れ。私は聖なる獅子の深遠、清浄、微妙な音声を聞いて、喜んで南無仏と称えた。 また、この様に思った。 「私は濁った悪しき世に出たのであるから、諸仏の説かれた通りに随順して私もまた行なおう」と。 こう考えて私は、バーラーナシーに赴いた。生滅変化を超えた、存在の寂静の相は言葉で説明の出来ないものであるから、方便力によって、五人の比丘に説いた。 これを転法輪と名づける。こうして永遠の平安とか、尊敬さるべき人とか、教えとか、僧団とかいう言葉があらわれた。 「永遠の昔からずっと、永遠の平安についての教えを讃え示して、生死の苦しみを永くない様にするのだ」と、私は常にこの様に説いた。

 舎利弗よ、正に知れ。私が仏の子らを見るのに、仏道を願い求める者は無量千万億であり、悉く皆、恭敬の心をもって仏の処にやって来て、かつて諸々の仏が方便して説く教えを聞いた。 そこで私はこう思った。 「如来が出現するわけは、仏の智慧を説くためである。そして今こそ、その時である」と。 舎利弗よ、正に知れ。機根が鈍く、小智である人と、現象に執着して高慢な者とは、この教えを信ずる事が出来ない。 今私は喜び、畏れる処なく、諸々の菩薩の中において、正直に方便を捨てて、ただ無上道のみを説く。 菩薩はこの教えを聞いて、疑いは皆なくなり、千二百人の尊敬さるべき人達も、悉くまた仏となるであろう。 過去・現在・未来、三世の諸仏が説かれた通りに、私もまた、今、分別を超えた教えを説こう。

 諸仏が世に出られる事は、遥かに遠くして遇う事は難しい。たとい世に出られたとしても、この教えを説かれるという事がまた難しい。 無量無数劫を経ても、この教えを聞く事は難しい。 よくこの教えを聴く者達もまた得がたい。 例えばすべての人々が愛し楽しみ、天人や人間の珍重する優曇華(ウドゥン.バラ)の花が、長い間にたった一度だけ咲き出る様なものである。 教えを聞いて歓喜し、一言でもそれを語るなら、それだけで既に一切の三世の仏を供養した事になる。 この様な人が甚だまれであること、優曇華の花以上である。 御前達、疑ってはならぬ。 私は教えの王であるから、普く諸々の人々に告げる。 「ただ一なる立場のみによって、諸々の菩薩を教化して、声聞の弟子などはいない」と。 御前達、舎利弗と声聞と菩薩とは、正に知れ、この優れた教えは諸仏の秘要である事を。 五濁の悪世には、ただ諸々の欲にのみ執着する者があって、これらの者達はついに仏道を求めない。 未来の世の悪人は、仏が一なる立場を説くのを聞いても、迷って信受する事をせず、教えを破って悪しき世界に堕ちるであろう。 懺悔して清浄となり、仏道を願い求める者があったらこの様な人々の為に、広く一なる立場を讃えよう。 舎利弗よ、諸仏の教えは、正にこの様であり、万億の方便によって、相手に応じて教えを説くのだと知れ。それを習学しない者にとってはこれを悟る事は出来ないが、御前達は既に諸々の仏、世間の師達が相手に応じて説く方便の事を知っている。 もはや、諸々の疑惑なく、心に大歓喜を生じ、自ら正に仏となるであろうと知れ。