小沼社労士事務所 小沼社会保険労務士事務所
お問合せ(電話・ファックス) TEL FAX

 
【中小企業主等の特別加入制度】(労災保険)
 
 中小企業主等の特別加入制度を利用するためには労働保険事務組合に事務処理を委託する
必要があります。
 
労働保険事務組合とは
 労働保険事務組合として認可された事業主団体が、構成員である事業主の委託を受け、労働
保険料納付や労働保険各種の届出等を行うことができる制度となっています。
 この制度を利用することにより中小零細企業の労働保険事務処理における負担を軽減し、労働者
とともに働いている中小企業主および家族従事者も、労働者と同様に労災保険(※1)へ特別加入
する事ができます。
 (※1) 原則、労災保険は労働者の労働災害に対して保険給付等を行うことによって労働者を保護
      する制度となっています。
 
事務組合に委託できる事業主の条件
 小売・金融・保険・不動産業(特別加入) 小売・金融・保険・不動産業 常時50人以下 常時50人以下の労働者を使用する事業主
 卸売業・サービス業(特別加入) 卸売業・サービス業      常時100人以下 常時100人以下の労働者を使用する事業主
 その他の事業(特別加入) その他の事業         常時300人以下 常時300人以下の労働者を使用する事業主
 
  中小事業主が行う事業について、労災保険の保険関係が成立していること。 
  中小企業主およびその事業を行う事業に従事する者を包括して特別加入するものであること
  中小企業主が特別加入することにつき申請をし政府の承認を受けること
 
 特別加入の申請にあたっては、中小企業主と家族従事者、事業主が法人の場合、労働者以外
の役員全員を包括加入しなければなりません。就労実態の無い事業主については役員等のみを
特別加入することができます。
 
 
事務委託の特典
 事務委託の特典 事業主及び家族従事者等も労災保険に特別加入(※2)することができます。
 事務委託の特典 労働保険料を年3回に分けて納付できます。(延納)(※3)
 事務委託の特典 事業主が行う労働保険事務処理が軽減されます。
 
 
 (※2)中小企業主等が労災保険に特別加入するためには労働保険事務組合に労働保険事務
     処理の委託が必要となります。
 (※3)労働保険料の額に関わらず3回に分割納付が可能となります。
 
 
労災特別加入(中小企業主等)
お問合せフォーム
 
 
ホームへ戻る
 
 

All Right Reserved