不妊治療

最新情報更新 『多くの改善事例が寄せられました』

ネットで話題の妊娠法

名医のいる病院や有名な病院を紹介

不妊症・不妊治療に関する日本全国の有名な病院や名医のいる病院を紹介しています。

 

神の手やスーパードクターと言われている医師も在籍している病院や、先進医療の導入を進めている病院もご紹介できると思います。

 

北海道・東北

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県

関東

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県

北陸

新潟県 石川県 福井県 富山県

中部

愛知県 三重県 岐阜県 静岡県 山梨県 長野県

関西

大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県

中国

広島県 岡山県 山口県 島根県 鳥取県

四国

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

不妊症が増加している?

近年、不妊症が増加している原因ですが、主に2点あります。

 

・年齢を重ねてから出産を希望する人が増えていること
・妊娠を望む人の高齢化に伴い、子宮内膜症患者が増加していること

 

まず、年齢を重ねてから出産を希望する人が増えていることについてですが、これは女性の生活スタイルなどが数年前と比べて格段に変わってきているためです。

 

20代の若年層が一番妊娠する確率が高いと言われていますが、ここ近年では、子供を出産するのは仕事や生活が落ち着いてからと考える女性が多くなってきたのです。

 

仕事や結婚生活がある程度落ち着いてからとなると、もちろん、妊娠を望む頃には年齢は30代前半〜後半になります。

 

女性の体は加齢とともに女性ホルモンの働きも衰退していくため、年齢を重ねるとともに妊娠できる確率はぐっと低くなってしまいます。

 

その確率は、20代の若年層に比べて半分以下とも言われているほどです。

 

2点目の妊娠を望む人の高齢化に伴い、子宮内膜症患者が増加していることについてですが、子宮内膜症は年齢とともに発症する確率が高くなります。

 

病状が進行すると、最悪の場合、子宮を摘出しなくてはならなくなってしまいます。

 

ここ数年の女性の生活スタイルの変化からも、子宮内膜症患者は増加傾向にあるのです。

 

これらのことが要因となって、不妊症は近年、増加しているといわれています。

不妊の検査

不妊かどうかの検査法は、大きく分けて二種類です。

 

・女性不妊の検査
・男性不妊の検査

 

当たり前のことですが、不妊の原因は女性だけとは限りません。

 

男性側に原因があるケースも少なくないのです。

 

ですから、不妊検査の場合は、女性の不妊検査と男性の不妊検査があります。

 

一般的には、女性が産婦人科外来や不妊治療専門外来を訪れて、まず女性側の不妊の検査を行い、問題がなかった場合には、後日夫を連れてきて男性側の不妊検査を行う流れが多いようです。

 

女性不妊の検査では、超音波による子宮の検査の他、ホルモン検査や卵管の検査などを行い、不妊の原因となる症状があるかどうかを調べます。

 

女性側に問題がなかった場合は、男性側に原因がある可能性が高くなりますから、男性の不妊検査が行われることが多いでしょう。

 

男性の不妊検査では、まず最初に、精液の検査が行われます。

 

精液を採取して、精液内の精子の数や運動率などを調べると、どの程度妊娠の可能性があるかなどが分かるようになっています。