浅草雷ギャル
SPIKYS
〜スパイキーズ〜
スパイキーズとは?メンバー試聴ライブスケジュール
CD、DVD
メール浅草雷掲示板スパイキーズ携帯サイト
ネットテレビ
まりちゃんねる!
ENGLISH
(MY SPACE)
スパイキーズNEWマキシ
「浅草メカロッキン」発売!

超ビッグニュース!!祝!!
スパイキーズに新しい仲間が加わりました!!!!!!!


ドラム/魔太朗
〜現在、DRAWERS(嶽本野ばら YURIA miesha)、
廣嶋、ISSAY meets Dolly(DER ZIBET)、
PARALLEL PARADOX(De-LAX=宙也バンド)、etc...
他に、THE WILLARD、吉川晃司、奥田民生、BOA、
五十嵐美貴(SHOW-YA)、test-No.(ex-BY-SEXUAL)、
Lynx(X-JAPAN:HEATHバンド)、
死ね死ね団、S.Q.F.、石坂マサヨ(ロリータ18号)、etc...
などなど参加〜

素晴らしい活動経験を持つ超強力な新メンバーです!
新しい仲間が増えて超あげ☆あげMAXになった
スパイキーズをみなさん応援よろしくお願いします。(2009年5月)



SPIKYS(スパイキーズ)とは、
あさくさFMパーソナリティーでおなじみ
ショルキーボーカル、ピアノの浅草雷ギャル☆まり、
ギター&プログラミングのひさを、
ウッドベースのC、
ドラムの魔太朗、
によるポップでキッチュでメカロッキンな音楽集団です。
浅草を拠点に、ポップとロックをミックスしたハッピー音楽『メカロッキン』を演奏しています。

ショルキーボーカルの浅草雷ギャル☆まりは、
あさくさFMパーソナリティー、スパイキーズ、以外にソロでも活動しています。
クラブでメカニカルビートに乗せてショルキーをかき鳴らし、歌い踊ったり、
バーでクラシックをバックボーンとしたピアノを弾きながら、ラブソングやポップスを歌っています。
また、ピアノ講師もしていますので、ピアノ弾いてみたいな!
という方はお気軽にご連絡ください。
1レッスン1時間からの安心料金(応相談)、レッスンは1回のみでも受け付けていますので、
軽く遊び半分でやってみようかな?という方でも大歓迎です。
お申し込み、お問い合わせは、spikys@ezweb.ne.jpまでよろしくお願いします。

そしてショルキーボーカルの浅草雷ギャル☆まりはラジオ、あさくさFMのパーソナリティーとしても活動中です。
あさくさFM83.7MHz、11:00〜13:00、15:00〜17:00毎日生放送中!
浅草発の音楽やお店や街並みの紹介等、バラエティー豊かな楽しいお喋り!
みなさんぜひ聴いてください。あさくさFMを受信できない地域にお住まいの方でも
PCで生放送を聴く事ができます。あさくさFMのサイトはこちらです↓

あさくさFM http://asakusafm.com/


また、スパイキーズがクラブやアンダーグラウンドパーティーに呼ばれた際には、
浅草雷ギャル☆まりが派手な衣装を身に纏った女ドラァグクィーンに扮して演奏をしています。
マリリン・マンソンやカール・ラガーフェルド、
ナイン・インチ・ネイルズともコラボレーションを行い、
その翌年には日本でツアーを予定、イベント「Tokyo Decadance」の為だけに、
3日間限定来日したThe DEAD SEXY (フランス)と共演しました。

「世界が平和でありますように…
戦闘機が空を飛ばないように…
LOVE&PEACE
ROCK&ROLL
SEE-YA♪」

LOVE IS PUT IN 2999
浅草雷ギャル☆まり



HISTRY

●1998年10月 
HISAWOが後のSPIKYSの母体となる
メカニカルロック軍団「HxIxJ」結成。

●1998年10月 
現在も演奏している曲「CRACK」のデモを聴いた大手レコード会社のオーディションに誘われる。
当日、DEAD BOYSのエレクトロアレンジを演奏し大ブーイング。

●1999年〜2003年 
信じられない程のメンバーチェンジを繰り返す大氷河期。
とんでもない回数のスタジオリハに時間を費やし、
サポートを迎えながら単発的なライブ活動。
伝説の曲「ゴム人間」を演奏。

●2004年 
・クラブでソロシンガーとして活動していたMALIと出会う。
初対面でHISAWOに向けて放った言葉は、「キモい!」。

・初のスタジオリハで踊りまくりながら、歌メロを99パーセント
勝手にアレンジして歌いまくるという荒業を披露。

・レコーディングに霊を呼び寄せる。

・スタジオ練習中に霊を呼び寄せる。

●2004年某月 
・SPIKYS某野外フェスに参加後に、区役所、町内会、イベンターから大クレーム。
某地区での演奏活動は一切不可能となる。

・野外フェスにてキングレコードのメジャーアーティストと共演。

・湘南海岸での野外フェスにてSPIKYS演奏中、トンビを大量に呼び寄せる。
SPIKYS初期の定番曲「DOG」演奏中、犬を呼び寄せる。

●2005年 
宅八郎さんのバンド「ハチロック」と共演。MALI、八郎さんと意気投合。

●2006年1月 
SPIKYS主催のイベント
SPIKYS PRESENTS  
「TIGER CATS NIGHT〜虎猫祭〜ATTACK NO 1」
渋谷青い部屋にて初開催。ゲストはMALIが敬愛するEMI ELEONOLAさん。
EMIさんのいきなりアドリブ提案で、急遽EMIさんとMALIがピアノ連弾をするハッピーサプライズ。
この日のライブからウッドベースC正式加入。(当初はサポート)
サンプラーDJ RENも交えて超メカニカルサウンドにスラッピンウッドを加え、4人で初プレイ。
伝説の「北斗の拳サンプリング事件」発生。
イベントラストには、オーナーであり、シャンソン歌手、芥川賞作家の戸川昌子さんも
歌ってくれるという嬉しいハプニングもあり。

●2006年3月 
ゴーゴーダンス&コーラスで黄金咲ちひろがサポート参加。
※この日はウッドベースCが不参加の為、サンプラーDJ REN、
ゴーゴーダンス&コーラス黄金咲ちひろを交えての4人で演奏。

●2006年4月 
千葉にてテレビ収録ライブ。
ウッドベースC、サンプラーDJ REN、ゴーゴーダンス&コーラス黄金咲ちひろを交えて
ついに5人集結で演奏。インタビューに固まりまくるメンバーをヨソに、
超テレビ慣れしてるちひろさんに軽快なトークで助けられる。
後日インタビュー&「CRACK」ライブシーンオンエアー。

●2006年5月 
MALIの誕生日となる5日に、渋谷青い部屋にて2回目開催。
SPIKYS PRESENTS
「TIGER CATS NIGHT〜虎猫祭〜ATTACK NO 2」
♪♪MARI’S BIRTHDAY HAPPY TRIP♪♪

●2006年6月
ダーツ大会イベントにゲスト出演。
ウッドベースC、サンプラーDJ REN、ゴーゴーダンス&コーラス黄金咲ちひろを交えて
5人で演奏。この日がサンプラーDJ REN最後のプレイ。
(自己のバンドがある為、サポート参加だった。)
ライブ自体は大盛況に終わるも、翌日にイベントを主催したバーに
クレームが殺到。「何なんだ!?あのバンドは!?」。
RENに代わり参加予定だった女のコDJに逃げられる。

2006年7月
3回目の開催
SPIKYS PRESENTS
「TIGER CATS NIGHT〜虎猫祭〜ATTACK NO3」
開催直前に出演予定のバンドが全て解散、活動休止
という大ハプニングに見舞われ大ピンチに陥る。

●2006年7月
テレビ埼玉ミュージック第一スタジオにてテレビ収録ライブ。
「STARDUST AUDITION TV」にて、アンチな歌詞で
超エレクトロなヘヴィーナンバー「GIMMICK」を演奏。
SPIKYSトップ賞獲得。でっかいラーメンと貯金箱をもらう。
収録中に作詞家の先生とMALIがやり合うバトル勃発。(しかも放送されました)
現場が騒然とするバトルがあったものの、収録後には、
元プリンセスプリンセスのBASSの渡 辺 敦 子さん
(現東京スクールオブミュージック専門学校副校長)に
暖かい言葉をかけられ激しく喜ぶ。
後日トーク&「GIMMICK」ライブシーンオンエアー。

●2006年7月
南青山ever
「TOKYO DECADANCE」に出演。
会場に来てみると、PA機材無し、PAオペレーター無し、
イベントに関係するスタッフは外人という大ピンチ。
たまたま遊びに来ていた鶴岡監督(映画監督)と、
13号倉庫店長(レンタルビデオ店)に無理矢理スタッフを依頼。
他店のバーから店内BGM用の簡易4チャンネルミキサーを
強引に借りて、D・Iも無く、打ち込み機材をミキサーに直結。
さらにDJブースに接続し、歌、ギター、ウッドベースはアンプ直出し。
打ち込みのデジタルビートを音量調整しながら強引に鳴らす、
音がガンガンアップダウンを繰り返すかなりカオスなライブとなる。
この日はゴーゴーダンス&コーラスに、さっちんが参加。
ウッドベースC、、ゴーゴーダンス&コーラス黄金咲ちひろを交えて
5人で演奏。あまりのカオスっぷりにある意味大成功。

●2006年4〜10月
・数回に渡り、埼玉TV「お〜でぃえんすV」収録ライブに参加。
収録されたライブ映像はオムニバスDVDとして発売。
のちのオンエアーでは、トークシーンもあり。
DVD収録曲、オンエアーされた曲は「CRACK」。
普通のバンドが多数を占める中、ドラァグクィーン仕様で登場し、
浮きまくる。DVDの購入はGOODSページを参照してください。
『V.A./impression』
SPIKYS参加オムニバスDVD (テレビ埼玉)
\2800 全国発売中
商品番号:DAKTHID-1230
メディア:DVD(1枚)
発売日:2007/01/31

・超バイオレンス映画「THIS IS MY LIFE」にSPIKYSの楽曲が使用される。
何と初にして前代未聞の8曲参加!
ここでしか聞けないバラード「SHINE」も収録。
上映後、現在DVDも発売中。DVDの購入はGOODSページを参照してください。

・ファッション雑誌「TOKYO GRAFFITI」にSPIKYS登場。
’TOKYO CALORFULL ROCK COUPLE’と題され、
MALIとHISAWOがカラー1ページで掲載される。

・RADIO湘南にて「CRACK」がヘヴィーローテーション。

・葛飾FMにてSPIKYSのアルバムより数曲放送。

●2006年12月
・ARTISM×GOTH&LOLI HEAVEN
THEATIC×ALAMODE
『世界人権宣言の日』に参加。
出演者も共演者も会場中が真っ黒の中、
SPIKYSだけ原色。楽屋でもステージでも孤立する。
DARKSIDE MIRRORSを見てノリまくる。

・「TOKYO DECADANCE PRESENTS
DEAD SEXY NEW ELECTRO PARTY from NYc&PARIS!」
に参加。マリリン・マンソンやカール・ラガーフェルド、
ナイン・インチ・ネイルズともコラボレーションを行い、
翌年3月には日本でツアーを予定、Tokyo Decadanceの為だけに、
3日間の限定来日のThe DEAD SEXY (フランス)と共演。
当日回していたDJの女のコに通訳してもらい助けられながら
強引にDJブースから打ち込み音源を鳴らし、
MALIはDEAD SEXYのマイクで歌う。
観客がステージになだれ込み、HISAWOのコーラスマイクが奪われる。
この日はMALI、HISAWO、ウッドベースCの3人で演奏。

●2006年12月22〜24日
鶴岡監督(映画監督)プロデュース
秋葉、東京、上野、水道橋、池袋、渋谷、原宿、新宿、中野、銀座、六本木、芝、お台場で、
警察に追われながら、3日間連続ストリートゲリラライブを敢行。
22〜1日はMALI&HISAWOの2人で演奏。

●2006年12月31〜1日
明治神宮近辺、CCレモンホール近辺でストリートゲリラライブ。
行き交う初詣客とハイタッチしながらライブするも寒くて凍える。

●2007年1月
4回目の開催
SPIKYS PRESENTS
TIGER CATS NIGHT〜虎猫祭〜ATTACK NO.4」
ウッドベースC、、ゴーゴーダンス&コーラス黄金咲ちひろを交えて
4人集結で演奏。ランジェリー姿のコやイカれたファッションのコの中に
スーツ姿のお客さんも交じりカオスな宴となる。
MALI考案のオリジナルカクテル「メカロッキン」には
カルアベースのお酒に30センチ弱のチョコが垂直に
ブッ刺してあり、ある意味伝説となる。

●2007年3月、6月、8月
「TOKYO HAREMQUEEN 01、02、03」参加。
SPIKYSがホストバンドとして迎えられたイベントとして始動。
01、02には、ウッドベースC、ゴーゴーダンス&コーラス
黄金咲ちひろを交えて4人で演奏。
03より、ゴーゴーダンス&コーラスでKIKI、DANNYの2人が正式加入。
ウッドベースC、ゴーゴーダンス&コーラスKIKI
ゴーゴーダンス&コーラスDANNYの5人で演奏。

●2007年7月
日比谷野外小音楽堂での夏フェスに参加。
ウッドベースC、ゴーゴーダンス&コーラスKIKI
ゴーゴーダンス&コーラスDANNYの5人で演奏。
この日はライブ終盤で、キーボード、アコースティックギター、
ウッドベース、コーラスでMALIのソロ曲「あなた」、BLACK CATSのカバー
「MAGIC ISLAND」を演奏。この頃より、SPIKYSのステージでも
メカロッキン以外の曲を演奏するようになる。
この日がDANNYラストステージ。

●2007年12月
六本木BARILにてSPIKYSクリスマスパーティー
「2999 X'MAS」開催。
MALIのクラシカルなピアノにのせたラブバラードを中心に、
BLACK CATSのカバー「シンガポールナイト」等
アコースティックアレンジ曲を演奏。
当日HISAWOはひどい風邪でかなり危篤な状態で演奏。
BARILのマスターに超心配される。

●2007年12月31〜1月1日
新宿歌舞伎町ゴールデンエッグでのライブ後、
さらに渋谷CCレモンホール近辺でカウントダウンストリートライブ。
車のバッテリー電力が不足し何度も電気が落ちて大不発。
気を取り直して代々木公園でお好み焼きとクレープを買って帰る。

●2008年
・短編映画「乙女の時間」にMALIのピアノ曲が多数使用される。

●2008年1月
この年から毎月第3日曜日昼〜16時に、原宿は代々木公園沿い歩道で
ストリートライブを開始する。何故かお客さんは外人ばかり。

●2008年4月
・1年振りの開催
SPIKYS PRESENTS
「TIGER CATS NIGHT〜虎゛猫祭〜ATTACK NO5」
5回目からトラに濁点が付いて、強引にドラネコマツリと読むよう変更。
久し振りのTIGER〜は、まっ昼間の陽射しの中、キャパ1000人の日比谷野外小音楽堂で開催。
この日はMALI、HISAWO、KIKIの3人で演奏。

・浅草KURAWOODにて、浅草ジンタプレゼンツ
「ロッキン新天地VOL.19」に参加。
スパイキーズのお客さんには、七色アフロ君やスパンコールワンピ男、
猫耳集団がワラワラと集まり、一同騒然。

・ロッキン新天地の打ち上げのアルコールも抜けないまま
翌日、新宿アルタ前ステーションスクエアにてライブ。
メカロッキンに加えて、「あの鐘を鳴らすのはあなた」等、
アコースティック曲も演奏。ロッキン〜アルタ共、
当時の正式メンバー、MALI、HISAWO、C、KIKIで演奏。
7月のストリートライブを最後にKIKI脱退。

●2008年8月
・昼間〜16時のストリートライブ後に渋谷TRUMP ROOMにて
フェティッシュイベント「ビザールクリニック」に参加。
「和製エドワード・ヴァン・ヘイレン」と呼ばれ、トリッキーなタッピング&アーミング
で知られる元アンセムのギタリスト福田洋也さん他、
ハリウッドのメイクアップアーティストと共演。
ゲストにコンガを交えて、メカロッキン+バースデーソング
(※この日は、主催者でSPIKYS初代ゴーゴーダンサーでもある
黄金咲ちひろさんの誕生日前日)を演奏。
みんな酔っ払いでバースデーソングを3回やり直す。
MALI、HISAWO、C、りゅうすけ(ゲスト、コンガ)で演奏。

・ゴーゴーダンサーとしてニューヨークから逆輸入、
プロのベリーダンサーtaa加入。

・ゴーゴーダンサーNEI加入。

●2008年11月
・MALIが、メジャーアーティストとクラシックピアノでコラボレーションライブ。

・ゴーゴーダンサーtaa、ゴーゴーダンサーNEI脱退。
人気者の隠れキャラ、キュートでモコモコサイボーグ、
荒井さんが加わり3人と1匹の体制となる。

・代々木一帯が路上演奏禁止となり、マンスリーストリートライブ中止。

●2009年1月
・ネットテレビ収録中に荒井さんの電池が切れる。

●2009年2月
・ニューマキシシングルレコーディング。

・あさくさFMで発売前の新曲「QUEEN」オンエアー。

●2009年3月
MALIがラジオ、あさくさFMパーソナリティーとして活動開始!
 
・雑誌「KERA!マニアックス3月号」にスパイキーズ登場。

・世界最大のバンドコンテスト「Emergenza Music Festival」に参加。
MALIの網タイツにギターが引っかかりビリビリに破れるわ演奏中断するわの
アクシデント連発ハチャメチャライブでなんと3位入賞!!
●2009年5月
・exWILLARD、DRAWERS、廣嶋etc…素晴らしい活動経験を持つ超強力な
新しい仲間!スパイキーズに遂にドラマーが!!
スパイキーズ史上最高のアーティスト魔太朗加入!!
他のメンバーのテンションが超壮絶にアガりまくる!

●2009年9、10月
・浅草雷ギャル☆まりが超有名雑誌「小悪魔あげは」に登場!
さらに素敵なブランド「デンジャラスヌード」のモデルとしてメディアに登場!

SPIKYS HISTORYはまだまだ続く…







当サイト内、及びリンク先の文章、写真の無断使用・掲載は固く禁止します。
(C)SPIKYS ALL RIGHT RESERVED.