04年12月31日
なんだかんだで、今年も最終日です。今年は無事に過すことが出来ました、、、
とりあえず、現在購入済みのミッキートンプソン・クラシックUホイールを、クリアコーティングに出しています。ビレットやバフがけのホイールを保護するには最初が肝心というわけで、効果が今から楽しみです。
なお、塗装完了までに1月くらいかかるそうなので、完成は来年・・・
では、今年1年ありがとうございました!

PS
良いお年って年内のことをいうのか、来年のことを言うのかどっちなんでしょう?

あと、英語で言うと
Have a nice day!!
みたいな感じで、、、

Have a good year!!
(タイヤはグッドイヤーを履いてね!)
No, I put on Bridgestone!!
(いや、私はブリヂストンを履いてます)
って感じでしょうか?(謎)



04年10月24日
昨日、エンデューロレースのために新潟は湯沢に行っていました。
そしてレースも終わり、公営温泉に行って衣服を脱いでいたそのときに来ました。
窓の外にまるで電車が走っているかのような音が、、、
「あれ?線路近くにあったっけ?」などと話した直後、大きな揺れが!

そして停電が発生。状況確認のために携帯で電話をかけようとするが、回線はほぼダウン。
10分たっても20分たっても停電は回復せず、その間も次々に余震が発生。
不安ななか、「関東を中心にした地震で、今居る湯沢のこの揺れだったら非常にまずい。」という考えが脳裏をよぎったもののの、やっとカーラジオからの情報で新潟を中心とした地震だということを把握。

その後も情報収集すると、関越道は完全に通行止め。震源地新潟の震度は6強
どうするか考えた結果、三国峠を越えて帰ってきました。

今回初めて地鳴りを聞きましたが、本当に凄まじかったです。
近くに山があったんですが、山からゴゴゴゴゴと響いてくる感じで、、、そして、地鳴りに続いて窓がカタカタカタカタと共鳴し始め、揺れがくると建物のきしみ音が発生と、かなり危険な雰囲気でした。
そして結局2時間くらい公営温泉に滞在してましたがそのあいだ電気が復帰することは無く、街も完全な闇に被われ、もちろん信号も消えており、普段見ない光景が広がっていました。

感じたこととして、、、
・電気が無ければTVは役に立たないし、携帯もイザというときは役に立たない。
・明かり(ガス漏れの場合があるので、懐中電灯がベター)と、携帯ラジオ、そして非常食は本当に必要。

と、月並みですが痛感しました。


04年10月16日
今日はモトクロスに行ってきました。
そして一緒に行った同僚がYAMAHAのYZF250でダートトラックをやっている人だったので、ダートラの走り方をオーバルコースでレクチャーしてもらったんですが、これがかなり面白い!

コーナー進入でバイクを寝かし込みながら、Rrブレーキを使いハーフロック(タイヤは回転しているが、路面とタイヤの回転速度はあっていない状態)にしRrをスライドさせ&カウンター(逆ハン)を当てていく(実際は勝手に舵角が付く)行程が非常に楽しいんです。
ダート ド素人ながら、ダートの楽しさを垣間見てしまったわけです。
これはヤバイです新たなハマリネタを発見してしまった感じです


04年10月13日
秋到来ということで買い足しました、ハクキンカイロ
今度はウェアハウスのデニムハクキンカイロです。
外側に革を巻いて、さらにデニムを貼ってあり、それが通常使うときに入れる袋の代わりになるというものです。去年欲しかったけど売り切れてたので、つい買ってしまいました。
まぁ、そう、ついついついとやってるんで、
もう、一人では全部同時に使えないほど買ってしまったわけですが・・・


04年9月15日
先日、まだ早いけど秋物の服を求めて出掛けてきました。
今年のテーマ(?)は原点回帰で、絶滅派正統派アメカジ路線です。
新宿のジャンキークラシックや原宿界隈の店、そして締めにアメ横のヒノヤetc...に行ったんですが、
ジーンズ、ベースボールシャツ、ロンT、スウェット、ネルシャツ、
そして大量のライダース!


でもって、店内にかかっていた音楽
モトリークルー
キックスタートマイハート・・・!!!


ここには、昔のままの時間が、今でも変わることなく流れているのであった。


04年8月12日
先週末の日曜日に新潟は湯沢の先、石打で行われた3時間耐久エンデューロレースに出場してきました。
これは山の斜面などに周回コースを作り、オフロードバイクでひたすら3時間走って多く周回した人が勝ちというものです。ちなみに1周のタイムは、国際A級のエキスパートライダーで約9分、自分は12分位でした。

ただ、文章では伝わり難いと思いますが、
この暑い最中、しかも炎天下
たった一人で3時間も走りつづけちゃう訳です。
しかもギャップが激しいコースだったので常にスタンディング(中腰姿勢)な訳です。
挙句の果てに乾ききったコースはもの凄い砂埃で前走車が居ると前が見えないんです。


これを楽しいと言えるのだろうか・・・?


間違いなく、素人を連れて行って参加させたら
2度と来ない
であろう・・・



と、面白いと辛いの中間『おもつらい』を味わってきたわけですが、一応誤解を避けるために説明すると今回のレースコンディションがたまたま悪かっただけで、他のEDレースではもっともっと楽しいものもたくさんあります(是非みなさんも参加してみてください)

なお、こんな辛い楽しい修行レースに¥15500払ったのは思い出したくない納得でした。(他に比べてべらぼうに比較的高く、知人に連れられて行った自分は支払いまで知らなかった・・・)


04年8月9日
ついに!ついに!ついにっ!!
完成しました!
この猛暑のなか、革ジャケットが・・・(滝汗)

    ↓仕上がったシングルのライダースというよりも、スポーツジャケットです。
    
    ホースハイドでベジタブルクロームコンビネーションタンニング、
    アニリンハンドフィニッシュの後クリアラッカーという呪文のような仕様です。

店主と
「いや〜、3月2日オーダーで8月9日納品だから、半年かかんなかったじゃないですか〜!
 
早かったですよ!!(?)
「いつも待たせて申し訳ないと思っているんだけど、長い人は2年待たせちゃったことがあるんだよね。でもオーダーした月と納品した月が一緒で、1年と勘違いされた事もありましたよ〜」
などと談笑しつつ、
嬉しさのあまり(?)早速仕上がった革ジャンを着て
代官山の街に食事をしにくりだしたのは
異常な光景でした、ハイ
(しかも店主はタンクトップ。隣りを歩く自分は革ジャン)


04年8月3日
先週の日曜日に軽井沢モトクロスパークに走りに行きました。
そのとき来ていた先輩のダコタ(4x4)を見て気付いたことが!
なんと荷台の高さがハイラックスのほうが高い!!
見た目は押し出しの強いダコタゆえ、車格もデカくみえ気付かなかったのでした。
さらにタイヤも255/70R15に対し265/70R15でワンサイズしか違わないのに、とってもデカク見えたんですよね〜。あとタイヤハウスが異常にでかく取られていて、タイヤの上に大きなクリアランスがあるように見えるのが視覚効果として大きいようです。(ハイラックス:タイヤハウス上限が荷台側面の中央  ダコタ:下から約2/3)


04年7月10日
ずーと前に(3月2日)書き込んだオーダーレザージャケットですが、先々週に鞣し上がった革を確認、そして今日、仕様FIX、製作開始となりました。
前の日記では完成時期は6月中旬と書きましたが、
どうやら革の事なんて考えたくない真夏の8月になりそうです。(とは言っても考えてますが(汗))


04年6月13日
HILUXのデフ&トランスファーオイルを交換しました。
自分でやろうかとも思ったんですが、
なんかトヨタ車なんで不思議とやる気が湧きませんでした。
というか、近所のカー用品店に行って、お客として扱われるのは初めてなので(S-10はねぇ・・・)微妙に嬉しかったのが理由ではありません、多分・・・

ついでに、中東の戦場で荷台に兵士を大量に乗せたり
マシンガン付けて激しく働いても大丈夫な
TOYOTA Pickupだからどんなオイルでも大丈夫だろ、と
安〜いオイルを入れているのも気のせいのはず・・・


04年6月12日
最近、めちゃくちゃ革パンにはまっています。
数年前に、既に持っていたジャケットと同ロットで鞣されたトラウザース(ズボン)を勢いで買ってしまったものの、ほとんど履かないで眠らせていました。
しかしある日突然マイブームは訪れるもので、最近はやや暑い日でも履いてます。

それにしても黒いレザーパンツをこの暑い最中に履いているのは、
一般人、、、いや、過去の自分から見ても異常な光景だよなぁ、と感じます。
でもまぁ、街で見た他人の格好なんて気にしないように他人も気にしてないので、自分の好みを貫いて、今日も履きこんだときの『味』を出すためせっせと履いています(笑)


04年5月22日
今日、ファミリーフィールド小湊ラストランに行ってきました。
前日の午後四時半に突然決定、しかもその日は有楽町に飲みに行くという予定も入っており、家に帰ったのが深夜1時過ぎ、そこからバイクの整備と準備を、、、結局寝たのは4時くらいと、最悪のコンディションながらも出発。

そして当日の天候は台風の翌日で天候も曇り&小雨
もちろんコースコンディションハーフウェット〜マディという、
ある意味小湊を最高に堪能できる条件!

特に最初行ったときには敵前逃亡した砦坂は、両脇を苔&濡れた泥で覆い、途中の1mくらいのステアケース(段差)は完全に姿を現した完璧な状態!
もう2度と走れないという想いを込めアクセルをワイドオープン!ステアケースを越えたところで思いっきり転倒したものの数人でバイクを引き揚げなんとか登りきることができ、リベンジを成し遂げました。

しかもその場に居合わせたジムニーの人たちの中の猛者もチャレンジ!ステアケースの手前まで登って停止したものの、そこから降りてくる方が凄かったです。
あわや側転という首の皮一枚な状況で無事生還。(片輪浮いてました)
さらに再チャレンジまでしてました!(こんどはさらに危険な状態で降りてきてました)
その光景を見ていたKTMとRMに乗った人たちは、私たちの呼びかけに対し
頑なに敵前逃亡を決め込んでいましたが・・・(最初の自分を思い出しました(笑))

というわけで、もう走れないかと思うと残念無念ですが、最後にいい思い出が作れたと思います。
THANX!!F2小湊!!

※F2小湊のようなハードなコースは関東には他にありません


04年5月19日
積載例のモトクロス編でも紹介した、千葉は天津小湊にあるオフロードフィールド
ファミリーフィールド小湊閉鎖されてしまうそうです・・・

40度もの急角度の斜面や、激坂の後にさらにステアケースが待っている嫌がらせのようなコースにもうチャレンジできないかと思うと、非常に残念です。
やはりオフロード人口自体が少ない上に、減少しているからでしょうかねぇ。
写真には4輪で坂にチャレンジしている光景もありましたが、実際に4輪が走っているのは見た事がありませんし・・・(走った形跡はありましたが)

そして個人的には、、、
急坂を押したり、転げ落ちたりという記憶が鮮明に蘇るコースでしたが、
途中で止まることなく全開で駆け上がった時
たまらない爽快感を味わえるコース
でもありました。
本当にオフロードバイクの通常では味わえない醍醐味を教えてくれた小湊に感謝しています。



04年5月8日
久々にまともに更新しました。かなり前にやっていたカスタム、
「フェンダーミラーカバー取り付け」を追加。
これでカスタム関係は完全にネタ切れだったりします(笑)
次は何をやりますかねぇ(汗)


04年5月5日
ぼやぼやしてたら、1月以上更新をサボってしまいました・・・
一番簡単なネタ帳日記すら書かなかったわけですが、決してネタが無かった訳まぁ忙しかったとしておきましょう(笑)


ところで、皆さんはゴールデンウィークをどう過ごされましたか?えっ休みじゃなかった?まぁまぁ(汗)
で、私はGW中休みではない秋田在住の友人宅に厄介になり、そこを拠点にバイクで青森方面を走ってきました。
まず、道中で驚いたのは桜が北上するにしたがって、まるで時間を巻き戻しているかのように満開に戻っていくのです!竜飛や下北まで行くと、今まさに桜満開でした。
ただ、外気温は日中でも13度とかで、バイクで走るにはなかなかの環境でしたが・・・


それと盛岡のわんこそばにチャレンジしてきました。
訪れたのは盛岡駅前の東屋というお店で、¥3100で
いわゆるマンツーマンの耐久レースおっと食いしごき違う拷問、、、
なんだかよく判りませんが、チャレンジできます。
小さいお椀15杯で盛りそば1ざる分だそうで、100杯食べると記念の木札が貰えます。
私は死ぬ気で142杯食べました(店員さんいわく、本日のBESTだそう)
しかし、大食い選手権か何かのときの記録を聞いたら、な、なんとっ!
430杯!!
確実に死にますね・・・(汗)

            ↑手前の2列を食べました

あと行った先の友達に教えられて見た、北海道テレビの番組
「水曜どうでしょう 〜How do you like Wednesday?〜
とっっても面白かったです!
基本的にはタレント2人とディレクター2人の4人で旅をするのがメインですが、旅の情報とかを放送するのではなく主に人間関係(雑談・特にもめ事)やハプニングを赤裸々に映しており、普通は喋らないハズのディレクターが喋り捲るという非常識っぷりが最高の番組です。
リンクの先のオフィシャルページから、さらにリンクされているインプレスTVで「ユーコン川160kmカヌーの旅」が無料放送されているので、是非見てみてください。
また、他の地方局でも現在放送中なところが多いので、是非!!


04年3月30日
今日は降りしきる雨の中、バイクで帰ってきました。
その途中、太い幹線道路から別の国道に入る側道の不自然な位置に、なにやら巨大な暗い塊が見えたのです・・・
近付くとそれは特徴的なキャッツアイテールを持つ、ブルーメタリックの50年代後半くらいのインパラでした。

その停まっている位置から考えても、国道を走行中トラブルに見舞われ、側道に退避し立ち往生してしまった感じでした、、、
そしてドライバーはそこに居らず、インパラだけが降りしきる雨の中静かに佇んで居ました。

・・・・・オーナーは降りしきる雨の中、何を感じたのでしょうか・・・・・?

私はその光景に自分のかつての悲しい思い出を重ね、辛い気分になったのは言うまでもありません。
あの日も降りしきる雨の中だったなぁと・・・


04年3月29日
今日はベタベタなネタを一つ。

今日帰りにとある場所で呼び込みを見かけました。
しかしただの呼び込みではなく、おびき寄せた客に契約書にサインさせ、
後日呼び出して5〜14万の料金をボッタくるのです。

もう、薄々(バレバレ?)判ったとは思いますが、しつこく続けます。

で、自分は無事に通り過ぎれたので、しばらく先にバイクを停めて呼び込みの様子を観察していました。

すると入るわ入るわ入れ食いです!
次から次へと通りのがかった人を呼び止め、呼ばれた方も誘われるまま引き込まれています。
凄まじいペースでノルマを達成していきます。
あぁ、あんな楽な商売あっていいのかなぁ?とまで感じてしまいました。

まぁ、私も
79km/hオーバーで
呼び込みの兄ちゃんには世話になった
訳ですが・・・(爆)


04年3月18日
最近、ふと考えたのですが、よく「なんたらマニア」などと言うじゃないですか?
それでマニアの意味を調べてみると、、、
・趣味などで、一つの事に熱中している人。狂(きよう)
・特定の分野・物事を好み,関連品または関連情報の収集を積極的に行う人。

だそうな。

まぁ、私はバッチリ上記を満たしているわけですが、「マニア」っていうのは、
なっている途上では自分がマニアだということにはなかなか気付かない気がします。

しかし、ある日、ふと我にかえった時に気付くんですね、
もう戻れない道長いこと歩いてきてしまったことに・・・(笑)


04年3月2日
先日、高円寺にあるGORILLAというレザーウェアのお店に行ってきました。
そこでは、会社更生法を適用された旧・リアルマッコイズの革ジャケット生産を請け負っていた『リアルマッコイズ・ニュージーランド』(本当にニュージランドにある現地法人)の新生ブランド
『THE FEW』が取り扱われていて、自分としても始めてTHE FEWの商品を見ることができ、そのうえ店主も気さくな方で、いろいろな話を伺え楽しい時間を過すことができました。
 まぁ、この趣味も日本でピックアップに乗ることくらいマイナーなことなので多くは語りませんが、そこにあったアニリン仕上げのラセットブラウンのA-2には心を奪われ、危うく清水の舞台から飛び降りそうになる始末。
 しかし、そこではなんとか踏みとどまりそのまま代官山のDOGHOUSEに直行。
そこでも狂った熱い革談議を咲かせた後、なぜか清水の舞台からの飛び降りを敢行。
しかも、A-2ではなくシングルジャケットで(笑)さらに、革質や内側の生地、縫製の色を含むセミオーダーで発注。


まあ完成予定
陽射しの照り付ける6月中旬だったりしますが・・・



04年2月21日
最近、私がはまっているハクキンカイロのサイト が復活しました!
しばらくの間、準備中状態が続いていたため、会社の存続が心配だったのですが(ジッポー別注を作ってるくらいだから無事だとは思っていましたけどね(笑))、大丈夫だったようです。
ちなみに、このサイトの『消費者販売』というなんとも格式のある呼び方(?)のリンクから、通信販売を申し込むことが出来ます。
もう、春も近付きつつありますが、冬のうちにあなたも一ついかがですか?

さらにちなみに私は現在使ってるやつ用の替えの触媒と
高温型カイロ『ピーコック#S型』を発注しそうです(笑)


04年2月19日
今日は悲しい出来事がありました・・・

シェビーバンに乗って苦労してる会社の後輩にこんな事を言われたのです。
その言葉は私の心の急所に突き刺さり、立ち直れなくなりそうです。












「かつてはアメ車フリークだったK&Nさん」
だった・だった・・だった・・・(私の心の中でこだますエコー)
なにも返す言葉はございません(笑)


04年2月15日
またも車の話とはあんまり関係ないのですが、今日は代官山〜表参道周辺の私の好みのお店を巡ってきました。
中でも下のカイロ日記でも紹介したウェアハウスでは、
まるで久留米かすりと見まごうばかりの強烈なムラッ気のある色落ちをしたUSED加工ジーンズを発見。

他にも、先日、会社更生法を適用され、とある商社に買収されたらしい
リアルマッコイズ(フライトジャケットやビンテージジーンズのレプリカで有名な店)では前マッコイの在庫一掃セール中で、半額になったジーンズを発見!即買いしたりしてきました。
ここは会社更生法適用前に、ゴジラがアメ車のホットロッドに乗って爆走する絵柄のTシャツをリリースした事があるのですがこれの作画は故 エド・ビッグダディー・ロス、そして東映、ムーンアイズが協賛、リアルマッコイズプロデュースという
判る人にしか判らない強烈極まりないコラボレートだったのです。
しかし、こういう判る人にしか判らない商品を多数連発していた経営方針が更生法へと導いてしまったのかもしれません・・・

あとは表参道のフェローズでおなじみのスマートクロージングストア裏、ANA SUIの下にある
H-FREEというお店に初めて行ってきました。
この店はHONDAのストリートウェアを扱ったお店で、ややクラシックな雰囲気のウェアを多数扱っています。
店内の雰囲気も斬新でなかなか面白いですよ。
しかし、個人的には、こだわりの品を買う時はその商品自体を買うだけでなく、
その商品に付随する
壮大なストーリー(薀蓄)を必要とするため

1つ1つの商品に『思わず遠い目になる物語(ストーリー)』があるマッコイと同じ位の価格だったH-FREEの商品は買えませんでした・・・


04年2月12日
車の話とはあんまり関係ないのですが、先日スターリングシルバーのジッポーを買うつもりの友人に連れられ、銀座の菊水というタバコ用品の老舗に行きました。ここは普通のタバコだけでなく、刻みタバコに葉巻、パイプ、各種ライター、果てはキセルに煙草盆まで扱う超マニアック店!
店の中もビシッとスーツでキメた髭の店員がパイプをふかしているという
イカレイカしたところです。
そのとき気になる商品を発見!それはジッポーブランドのカイロだったのです。
なんでも、ジッポーオイルを燃料にプラチナの触媒反応で酸化発熱させるというなんとも化学的な(?)製品。しかも、メッキの本体が私の食指を刺激するわけです。
そのときは『多分しばらくしたら欲しくてたまらなくなるかもしれないな〜』
友人と談笑してましたが、
本当に欲しくてしょうがなくなってしまい
水曜日に買いに行ってしまいました。(定価¥4000が¥3500(税込))

ついでに買う前に『暖かくなるまでの行程を3回くらい楽しんだら飽きてほっぽるな』とも私は言ってましたが、まだ3回温めてないので結果は後日・・・(笑)

それで、買ってみての感想は、普通のカイロの13倍の熱量の謳い文句どおり、かなり温かく、専用のフリース袋に入れてもポケットに入るコンパクトさ!寒風吹きすさぶ中、バイクで走る私には非常に便利♪
燃料はジッポーオイルで、最大24ml注入で24時間発熱。
使い方は最初の触媒反応のためライターでプラチナ部3〜5秒くらい炙って、あとは袋に入れるだけ。
そしてメッキのボディが貼るオ○パックスとかとは違う趣があってなお良いって感じです。

この商品に出会ったことがきっかけになりハクキンカイロの壮大な歴史に触れることになりました。
詳しくは→ハクキンカイロ非公式ファンサイトをご覧下さい。
ここの基本編を見ると、どういうものか判りやすく解説してくれています。

※レプリカジーンズ等で有名なウェアハウスカンパニー別注ハクキンカイロもあるようです。


04年2月6日
BBSでお願いした、警視庁の一般意見公募の
『高速道路における二輪車2人乗り解禁に関する意見募集』の結果が出ました。

賛成:
9684
条件付賛成:1421
反対:269件
その他感想:110件
合計:11484件

と、96.7%の賛成が得られ、
法案も
可決される方向だという感触が得られました!
ご協力していただいた方々、ありがとうございました!!!


04年2月1日

『F2小湊』に行ってきました。
去年、敵前逃亡した砦坂を制覇してきたものの、連日の晴れ続きでコンディション最高&最近コース補修をして形状が変わってしまい、前回行った時から比べて
難易度90%
といった感じでちょっと残念でした・・・
(一緒に行った人々にも「これじゃー、登った事にはならないな。」と言われる始末)
他にもフォーティーヒル、ムーンウォッチャー等を
倒れてきたバイクに潰されたりしながらも、
なんとか登ることが出来、なかなか楽しく走ってきました。
そして今日は全身痛いです。筋肉痛と打撲の混じった痛みで・・・

※追記:F2小湊は2004.5.22をもって閉鎖されたため、リンクはもう開かなくなっています・・・


04年1月23日
今日始めてホンダのスーパーカブ50に乗りました。
東久留米のハーレーのショップにバイクを預けて、その代車として借りたわけですが、片道30km以上ある帰路でいろいろと感じるところがありました。
まず、やや違法かもしれないけれど片手運転できるように右側グリップにウインカースイッチが付いてて、左手は手放しOK!他にも粘れば最高速60kmくらいは出てしまう(代車は原付2種登録だったため、出してもOK)
等々、なかなか侮れない性能の持ち主でした。
実はスーパーカブのご先祖のC100には一度乗ったことがあったんですが、走りっぷり等がほとんど変わらず、普遍的な完成度の高さを感じましたね。
まぁ要約すると、
『この走りで、話に聞く燃費と耐久性なら世界獲れる!
ってとこでしょうか(笑)


04年1月14日
今月末の1月31日に千葉県天津小湊(あまつこみなと)の『F2小湊』に行きます。
小湊登山客も集団で遭難する千葉最後の秘境(?)ゆえ、このコースもローダウントラックでは到達不能の山中にあり、さらに奥には改造ジムニーがもがいた深い轍が刻まれたセクションとかが広がっています。
なんでも、年々ランクルやジムニーに掘られてセクションが難しくなっているそうな、、、
ちなみにこんな感じ『砦坂』です。写真で見るとたいしたこと無いように見えるかも知れませんが、実際にその前に立つと判ると思います(汗)
ちなみに私は去年、チャレンジすらしなかったため今年こそは頑張って登ろうと思ってます(汗)

※追記:F2小湊は2004.5.22をもって閉鎖されたため、リンクはもう開かなくなっています・・・


04年1月1日

あけましておめでとうございます!
今年も意味があるんだか無いんだか判らないSPEEDPLAYの更新、がんばっていきます。

それで元旦早々初日の出を見に、ハイラックスで犬吠崎まで行ってきました。
途中、コンビニに立ち寄った時、やはり初日の出ラン中のライダー(初日の出暴走にあらず)を見かけたんですが、同じバイク乗りから見ても
「こ・この寒い中・・・狂ってる・・・!」と、余計なことを感じていました。
それはさておき、道中はなかなか快走だったものの、岬に近付くにしたがってどんどん車が増え、ついにはもの凄いあり得ない渋滞になってしまいました。
どうも、みな目指すところは1点なのに駐車できる量はもちろん限られているわけで、岬に近付くにつれほとんど動かなくなっていきます。そうこうしてるうちに空は白み始め、焦りも募ります。ついには灯台に行くのを諦めて漁港の方に行き、ぎりぎりご来光にはセーフとなりました。

             ●本日の感想●
初日の出スポットに訪れる人の量を見くびってはならない・・・

    
          ●銚子、犬吠からの初日の出●


                    ●TOPに戻る●
どうでもいいことを書いてる気がする日記

【2004年1月〜12月】
“MY DIARY”

●TOPに戻る●
検索でここにいらっしゃってくださった人は、
Win『Ctrl+Fキー』Mac『コマンド+F』の単語検索でお目当ての部分を探してくださいね!

●2003年の日記●
●2005年の日記●
●2006年の日記●