Space News of Japan はYahoo!Geocitiesを利用した宇宙ニュース専門サイトです。

GXロケット、計画変更へ

 

民間企業とЛАХАによって開発されてきたGXロケットだが、ここに来て設計の大幅な変更を計画していることが明らかとなった。

GXロケットは世界で始めてLNG推進系を使用する開発中の中型ロケットで、石川嶋播磨重工などが出資するGALEX社が打ち上げサービスを行い、JAXAは第2段LNG推進系の開発を行っている。 しかし、第2段複合材タンクやLNGエンジンなどに問題を抱え、開発はほとんど進んでいない。

そこで、GALEX社とJAXAは、第2段メタン推進系にロシア製エンジンRD-185を使用し、第1段も製造中止になったAtlasIIIからロシアのAngaraロケットへと変更するという計画を発表した。また新たにH-IIAのバックアップも兼ね、増強型も計画されているようだ。

詳細は下のリンクから(PDFファイル)
宇宙開発委員会資料1-1 新GXロケット計画について

図:Angaraロケットを使用する計画に変更された新GXロケット (c)ЛАХА

注:この記事は2007年4月1日のエイプリルフール記事のアーカイブです!