2204年・・壮絶な最後を遂げた宇宙戦艦ヤマト・・・・





「新 宇宙戦艦ヤマト・復活篇」(仮)
●2006年夏 劇場公開予定
●制作:株式会社エナジオ
●原作:西崎義展
●プロデューサー:仙頭武則 (リング、らせんなど)
●制作費25億円、全国400館上映を計画
宇宙戦艦ヤマト復活篇オフィシャルサイト

宇宙戦艦ヤマト・復活篇 - 映画|東宝WEB SITE

「宇宙戦艦ヤマト 完結篇」でアクエリアス氷塊で深く眠っている 宇宙戦艦ヤマト
復活篇でのヤマトは第一艦橋では電算室とのコンタクト 戦闘指揮席
波動砲は、トランジッション波動砲、戦闘指揮系統、パワーアップした波動砲、六連波動砲
波動エンジンはスーパーチャージャー、六連波動砲(大波動炉心一基、大フライホイール一基、小フライホールを組み込んでいる)、波動炉心、機関制御室などがある。