融資保証詐欺
融資保証詐欺とは?

「東京都デートクラブ営業等の規制に関する条例」により、「デートクラブ」という法令用語をもって正式に定義されている業務形態を一般的に「交際クラブ」または「デートクラブ」と呼びます。
同条例ではこうした営業内容のことを「男女間における金銭を伴う交際を仲介する営業」と定めています。
現在、この交際クラブに悪質業者が蔓延しており、「デートするだけで高収入」などと謳って金銭を騙し取るケースが急増しています。

融資保証詐欺の手口

イメージ イメージ "女性とデートするだけでお金がもらえる仕事"
"スポンサーのお相手をして高額報酬をもらえる"

などという甘い言葉で騙し、保証金(もしくは預託金)の名目でお金を振り込ませます。
「交際する際のトラブルを自粛するため保証金を預けて下さい。交際が終わったら翌日返金いたします」
というように、お金を稼ごうと思い入会したのに、逆にお金を預けるという不自然なシステムではありますが、短期間に高額報酬がもらえると思えば保証金を預けることが当たり前のように感じ、保証金を預けてしまいます。

しかも交際終了の際には戻ってくるはずのお金。まさか返還されないとは考えません。
しかし現実、保証金は返還されません。もともと女性を紹介する気などはまったくなく、保証金目当ての詐欺行為であるから当然です。

チェック事項、心当たりのある場合は注意が必要です。

イメージ

融資保証詐欺の相談事例
相談事例(1)
イメージ
千葉県在住 46歳 男性
ネットで「女性とデートするだけで高収入!」という広告を見つけ、さっそく面接に行き「2万円で会員登録できる」と言われたのですぐ払いました。
後日、メールで女性を紹介されました。プロフィールには30代のIT関連会社役員で報酬は25万と書かれていました。

クラブに連絡すると「トラブル防止のため報酬の半額を保証金として支払わなければならない」と言われ払いました。
しかし、面会当日に「待ち合わせ場所が変更になった」と連絡があり、急いで向かっても間に合わず、遅刻を理由に会うことはできませんでした。

クラブ側で連絡ミスがあったと謝罪があり、報酬の高い女性を1/3の保証金で紹介するといわれ、さらに80万を支払いました。
数日後、女性と会うことができましたが、デート後にクラブから連絡があり「女性の機嫌を損ねたので報酬は払えないし、保証金も返還できない」と言われました。
解決までの流れ

イメージ 交際クラブから返金させるには、クラブの所在、または、運営者の所在を明らかにすることです。

【交際クラブ企業調査】
お客様より交際クラブの情報(受け取っている書類・住所・電話番号・FAX番号・口座・担当者名・ホームページURL等)をお伺いし、調査を開始します。
【所在確認】
交際クラブ事務所、または運営者の所在を特定する調査を行います。
悪質な会社は、私書箱であったり全く偽りの住所であったり、そのような住所自体ないといったケースがほとんどです。
【交渉】
弁護士から返金要求交渉を行います(別途受任契約が必要となります)

弊社では、どのようなケースにも対応できるように各分野のエキスパートを揃えております。
相談は無料です。諦めてしまわないで、ご相談ください。

メールでのご相談
電話無料相談・安心と実績の当センターへお気軽にどうぞ

関連サービス

SP解決センター

©2010 SP解決センター 詐欺撲滅被害相談サイト ALL Right Reserved.