融資保証詐欺
融資保証詐欺とは?

メールや電話、葉書などを使って、根拠のない債務の弁済を求める架空請求。
典型的な手口としては、利用した覚えのない情報サービスを「利用した」と一方的に主張し、その利用料を請求するものが最も一般的です。
一方オレオレ詐欺は、被害者の子や孫を装い「事故に遭ってお金が必要」などと言ってお金を振り込ませる手法が有名です。メディアで大きく取り上げられたこともあり、多くの模倣犯を生み出しています。
現在は警視庁によって振り込め詐欺と呼称が統一されました。

融資保証詐欺の手口

イメージ イメージ 架空請求は無視するのが一番?
社会現象にもなった「架空請求」は、おもに「最終通達書」「未納利用料金」「回収代行手数料」などの名目で金銭を要求してきます。

当たり前ですが、身に覚えのない債務を支払う必要などありません。しかし被害者はもっともらしい法律用語に騙されるか、「家や勤務先に行く」という文言に恐怖を感じて、お金を払ってしまうようです。また、突然自宅に請求のハガキが届き、驚いて相手業者に連絡し個人情報を奪われるケースも急増しています。

新聞やTVでも言われているように、架空請求に「無視」は確かに有効な手段です。しかし無視できない架空請求も存在します。
裁判所を通して支払督促や少額訴訟を実際に起こしてくるケースです。
これを無視すると「相手の請求を認める」ことになってしまうので、専門家に相談してください。

融資保証詐欺の相談事例
相談事例(1)
イメージ


私の携帯に、アダルトサイト業者を名乗るメールが届きました。

「現在の状態をこのまま放置されますと、年間会員変更料金として¥××,×××円のご請求をさせていただきます。年間会員変更をご希望されない場合、下記より無料会員に変更手続きをお願いいたします」

驚いて某相談センターに電話したところ、「支払いに応じる事はない」とアドバイスされました。
しかし放置していたら、やがて「料金を支払ってください」「やむを得ない場合は裁判になります」という電話が何度もかかるようになりました。
相手のやんわりと諭すような口調から「本当に支払義務がないのか」不安な毎日を送っています。
解決までの流れ

イメージ 個人情報を知られてしまった、お金を払ってしまった
今や架空請求は、誰の身にふりかかってもおかしくない時代。もし架空請求業者に連絡したり、お金を払わされてしまったら、すぐに弊社までご相談ください。そのままの状態を放置すると、思わぬ二次被害に遭う危険があります。

被害を食い止めるには、相手業者が何者なのかを見極めることが大切です。弊社ではまず相手業者の徹底調査を行い、その存在を見極めます。架空請求の場合、相手業者が実際に存在することはまずありません。電話でその点を突けば、執拗な請求はピタリと止みます。

しかし、一度でも個人情報が流出してしまうと、後日また別の架空請求に遭う危険があります。
弊社はこうした二次、三次被害にも万全のアフターフォロー体制を整えていますのでご安心ください。
「いつ来るか分からない請求を、時間が解決してくれる」ことと、「相手業者がインチキだと見極めること」、どちらが本当の安心でしょうか。
弊社は悪質な架空請求に対し、「完全な安心」をお客様にご提供するため、力をお貸し致します。

相談無料です。まずはお電話・お問い合わせください。

メールでのご相談
電話無料相談・安心と実績の当センターへお気軽にどうぞ

関連サービス

SP解決センター

©2010 SP解決センター 詐欺撲滅被害相談サイト ALL Right Reserved.