漱石記念漢詩大会

   Eメール  kashiwa@gpo.kumamoto-u.ac.jp  (@を全角文字で表示してあります)


ようこそ漱石記念漢詩大会のホームページへ


第三回漱石記念漢詩大会


夏目漱石について


大会の日程 NEW


応募受付期間・応募方法


応募要項


懇親会


見学会


第1回フォトギャラリー


第2回フォトギャラリー

お知らせ

応募の方法についてですが、前回から電子メールによる応募も受け付けています。その方法の一つをここにご紹介します。

まず応募用紙(ここをクリックする) をクリックしてください。それには、参加申し込み票と応募用紙が入っていますので、それに必要事項を書き込んで, それをスキャンしてjpgまたはpdfファイルにして、出来上がったファイルを電子メールで kashiwa@gpo.kumamoto-u.ac.jp まで送ってください。

お知らせ

第二回漱石記念漢詩大会は、平成29年12月3-4日に、熊本市国際交流会館にて盛大に行われました。 その詳細につきましては、第二回漱石記念漢詩大会 をクリックしてください。

お知らせ

第一回漱石記念漢詩大会は、平成28年12月3-4日に、熊本大学工学部百周年記念館にて盛大に行われました。 その詳細につきましては、第一回漱石記念漢詩大会 をクリックしてください。



第三回漱石記念漢詩大会



(募集要項は応募要項(ここをクリックする)から ダウンロードできます。また下記問い合わせ先までお申し込みいただいても結構です)

趣旨  
 熊本の地肥後には、天下にその名を轟かした藩校時習館があり、沢山の漢詩文の学者を生み出してきました。横井小楠、竹添井井、徳富蘇峰、狩野君山、宇野哲人など、多士済々です。 また、夏目漱石は第五高等学校の英語の教師として約4年間熊本で過ごしました。漱石は幼いころから漢籍に親しみ、漢文漢詩に関しては大変造詣が深かったということがよく知られています。  ときあたかも平成28年は、漱石が熊本に赴任してきてから120年になり、また没後100年にもなりますので、漱石を記念して第一回漱石記念漢詩大会を昨年開催しました。今年も第2回を開催しますので、奮ってご応募くださいますようご案内申し上げます。

応募受付期間     平成30年5月1日~7月31日 当日消印有効


応募規定   作品の形式は七言絶句のみとします。題は自由です(漱石に関係なくてもよい)。一人2首までとする。

応募料 1首につき1000円とする(高校生以下は無料)。

所定の「漢詩応募票・大会参加申し込み票」および「漢詩応募用紙」に必要事項を記入し、「郵便振替払込受領証」 またはその写しを添付して郵便または電子メールにて応募してください。

応募作品送付先  860-0862 熊本市中央区黒髪4丁目711番地 

漱石記念漢詩大会実行委員会(柏木 濶方)

審査員 全日本漢詩連盟会長 石川忠久先生

[入賞]  最優秀賞(1名), 優秀賞( 5名)、佳作( 10名)
[入選]  入選( 20名)、奨励賞(数名)

発表・漢詩大会(入賞・入選発表、表彰式、選評)、

特別講演会


日時 平成30年12月1日(土) 13:30ー17:30

場所 くまもと県民交流館パレア(熊本市中央区手取本町8番9号)

特別講演 石川忠久先生(全日本漢詩連盟会長)「陶淵明ーー詩と酒」


懇親会

日時 平成30年12月1日(土)18:00~20:00
場所 未定

会費 4000円

見学会

 日時 平成3012月2日(日)
8:30 ~15:30熊本空港 ~17:00熊本駅

漱石の小説「二百十日」の舞台阿蘇方面を見学します。 内牧温泉、阿蘇神社、「二百十日」文学碑、草千里。

会費 4500円



主催・後援

[主催] 漱石記念漢詩大会実行委員会
[後援] 熊本大学、熊本県、熊本市、熊本日日新聞社、熊本県漢詩連盟、熊本県吟詠連盟、 公益財団公認 熊本県吟剣詩舞道総連盟、夏目漱石記念百人委員会、夏目漱石・記念年実行委員会、くまもと漱石倶楽部 
[協賛] 原泉吟社、龍南吟社、凌雲吟社、石泉詩会、嘯風吟社, 吟詠フォーラ熊本、など

問い合わせ先
860-0862 熊本市中央区黒髪4丁目711番地   柏木 濶(漱石記念漢詩大会実行委員長 メール kashiwa@gpo.kumamoto-u.ac.jp 携帯 090-8398-5936)  問い合わせはできるだけメールでお願いします。









end