フォステール(創作木彫教室たより)06年 april

…奈良ウェルネス倶楽部版…            
地球の自然が壊れていくような出来事を見聞きする昨今ですが、今年も変わりなく美しいさくらの季節がやってきました。
創作木彫教室は今回は少し人数が減りましたが、おひとりおひとりの制作をじっくり見る時間が与えられたと考えて感謝しています。   なお、参加者も新しく加えられてうれしい出発です。

昨年の秋のふたり展は、わたしたちの作風を知って頂く良い機会でした。

目指す美の形を理解して下さったように思います。
デザインはかわいく、彫りはシンプルにモダンに!。
大胆に、メリハリをつけて。
くどい、説明的な表現は好みません。  木肌の自然のつやを生かした塗り。コテコテは好みません。
 

わたしたちの目指すところは、伝統的な「木彫り工芸」の枠に入りきらないと考えて、「創作木彫」と名付けました。
「創作」すなわちクリエイティヴ…アーティスティック…アートに近いものと考えています。
ただ、皆様にありましては、デザインはまだ慣れないうちは、わたしたちの指導にお任せ下さい。そうすれば、必ず、素敵な調度品に仕上がります。

このクラスも大きな作品にとり組まれて、成熟したクラスになってまいりました。
建具屋さんの仕事の入る材料は費用がかかりますが、存在感のあるすばらしい家具が出来ます。おけいこに通い続けて下されば必ず仕上がります。

インテリアに深みを増す、代々受け継がれるような、家の宝になりますよ。
また、材料では、大きめの色々なデザインの額を揃えました。
それぞれに人気のある彫りもおもしろい材料です。また、取り組んでみて下さい。

今学期もよろしくお願いいたします。          萌木