畑霞録

※文中□は、解読不能文字です。いずれ解読するつもりです。

 畑霞録中の絵と文 解読文書   参考図
    畑霞録
昭和甲戌弐月念八日 自製也
信陽諏訪鵞湖之南於白心精舎
南陵 林宗蘊居士
 
     
   昭和九年三月三十一日原幹美氏(白川)
来り伴フテ上諏訪町小松雪幹氏に到
り、泊る、雪降ル朝ニ至リテ止マズ
二氏ト及ビ水野良哉居士其弟子庄造氏ト同行午前七時発(上諏訪駅)汽車ニ投ジテ京都ニ向フ、友ハ佳し帰日ハ予メ定メズ
   興ニ乗ジテ畑霞ニ遊ブ。愉快ナリ。
汽車中ニ記ス
水野良哉居士ヨリ  筍ヲ頂戴ス。茅野ノ国ノ手 立石弌英氏刻  ルトコロナリ
 
     
   四月一日木曽谷
野尻駅附近ヲ汽車ニテ通過ス
此日雪。雪煙ノ趣キ
面白ケレバ 草ヲネブル
     
   水野良哉居士ヲ写生シツツアル原氏
多治見駅ニテ名古屋ニ向フ
汽車ノ中
 
     
    東海道線垂井駅附近
京都往キ左側車窓ヨリ此見
前景養老山眺遠景
高キ山伊吹山ノ由ナリ
次駅ハ関ヶ原ナリト車人ノ噂ナリ
此辺ニ来レバ気温春メキテ
着物一枚ヲヌギタキ心地
桜ハ未ダニ
梅ハ散リタラシ
  
     
    江州彦根二入ル
湖水ノ入江車窓ニ陰見ス小高キ
山上ニ彦根城ヲ見ル
 
     
   石山駅通過ノ頃
琵琶湖広々とヒラケ見ユ
前の黒キ山ハ比叡山
遠クカスミテ頂 ニ雪アルハ比良山ナリ
比良ノ暮雪


昭和九、四 、一夕方記
     
    四月一日
午後六時京都駅着 小松雪寿氏ノ知人ナル藤森敬彦氏ノ
案内ニテ市内見物ヲナシ川原町 鮹薬師西入ル伊藤旅館ニ投宿
非常ニ疲レタリ午後十時頃入浴シテ入床
発信  牛山清人君(東京
     桜木雪太郎氏(徳島県
明晩ヨリ花園妙心寺に宿泊ノ予定ナリ今晩ハ京都着晩タリシ為メ
市内ニ泊ルコトニナリタルナリ
藤森氏ニハ大変之厚意ヲ受ケ感謝ニ不
小松、原、両氏ト同宿、京都ハハジメテノ見物ナリ、 幾日カカリテモヨシ ユルユルト古社寺ヲ観タシト思ウ、明日ハ銀閣寺ニテ大雅堂
撫村等ノ墨蹟ニ見セント楽ミテ寝ニツク
宿ヨリ新京極ノ繁華ニ近シ寝ニツク前ニ見物ス東京ノ浅草仲店ヲ
見ル如ク人波織ル如シ
 
     
   四,二 朝
旅館ノ二階玻璃戸越シニ見タル
隣接寺院ノ庭園
京都伊藤旅舎、南窓ヨリ
     
   建仁寺 境内ヲ見ル
六波羅蜜寺 寺僧ノ案内ニテ内陣仏像ヲミル
空也上人木像
高サ五尺位実ニ写実的作品 方廣寺
ナリ行乞風、 胸間ニ鐘ヲカケ 梵鐘左手  捩杖、右シュモク           四四天王ノ内 ニ王
平安末期或ハ鎌倉前期ノモノカ
   焔摩大王、像
十一面観音、薬師、等ハ皆前ダチ   
               ナリ
高一丈四尺
周囲二丈七尺
金三
カラカネ七
サシ渡シ九尺
 
     
    方広寺鐘楼ノ石垣ニ腰カケテ見タル
豊国神社 唐門






彫刻ヲ以ツテ埋ム
     
   京都   万寿寺 阿弥陀如来座像 国宝 正面 横
伝 僧 源信作 京都 博物館ニテ
 
     
 
 比叡山
銀閣
南禅寺
永観堂
真如堂
下鴨神社
御所
相国寺
北野天神
金閣
妙心
御室仁和寺
等持院
神護寺
天龍寺
嵐山
嵯峨
三条通り
二条通り
鞍馬山
愛宕山
河原町通り
烏丸通り
堀川通り
大徳
 
京都市附近之図
図書館 岡崎町南方
醍醐
逢坂山
大津二至ル
東福寺
清水寺
知恩院
三十三間堂
博物館
豊国神社
方広寺
六波羅蜜寺
建仁寺
京都駅
東寺
東本願寺
西本願寺
七条通り
五条通り
四条通り
桃山御陵 
 
     
   四月二日 建仁寺、六波羅蜜寺、大仏、豊国神社、京都博物館、三十三間堂ヲ
観テ妙心寺  花園協会     ニ泊ル
此奥ニ
茶室アリ
 此ノ下ニ池アリ
森林アリ
        幽鳥シキリニ鳴ク
義政公遺
  富士形手水石
茶屋ノ前ニアリ
(夕佳亭)

四月三日泊
金閣寺ニアソブ
楼閣ニ塗リタル金箔ハ殆ド
ハゲテナシ、ワズカニヒサシ裏
ハ残リテアトヲ止ムルノミ
 
     
   四月三日正午頃
銀閣寺、義政公お茶の井の
方ヨリ茶室を望む
○は 仏閣×は四畳半茶室
(東求堂)




此ノ方ニ庭園ト銀閣アリ庭ハ相阿彌ノ造ル
 トコロ  大雅画、蕪村ノ襖絵及大雅画屏風アリ
 
     
   大雅画之山水画御覧アレ
此画様ノ ツヨキ線濃淡ヲ非
常ニ練蜜ナル注意ノモトニ
施シアリ
実ニ苦心経営を思ワレリ
 
     
  銀閣寺ノ附近ノ山辺ヨリ(鹿ヶ谷)京都ノ
市中ヲ眺ム民家ノ遥カニカスメル中ニ寺院ノ
イラカノミ高ク浮キ居ル様此地ナラデハ見得ヌ風光ナリ(銀閣寺ヨリ南禅寺ニ向フ
   途上ニテ

      黒谷

       写三日
          午後

    此ノアタリ
        南禅寺
 
     
    四月三日
朝徒歩ニテ原氏小松氏ト共ニ小松原ヲ通リテ金閣寺ニ向フ
約二十丁、松林ヲ後ニ背負フ小高キ所  幽邃ノ境ニ金閣寺アリ
鹿苑寺ニテハ探幽山水視画、海北友松屏風、曽我 日屏風(人物)
宗達、万歳双幅、顔輝十六羅漢双幅、仇英、 桟道之図幅
一休禅師墨蹟ヲ見ル、金閣ニ参リ夕佳亭ヲ見テ辞ス
夕佳亭ハ金閣ノ後ロノ高キ場所ニ立チテ西面前ニヒク自然ノ池ヲ眺ミテ
タツ、池ノ周囲ハ自然林ヲモッテ僥ラレ  幽鳥シキリニ鳴ク閑寂ノ境ナリ
三疂    有名ナ南天ノ床柱アリ
    富士形手水石

金閣寺ヨリ銀閣ニ向フ途中北野天神ヲ拝ス
銀閣寺ニ至ル金閣ノ豪奢ニ比シテ静寂ナリ、慈照寺内什室
 
     
  数多クヲ拝観ス池ノ大雅屏風、襖絵、蕪村屏風絵
相阿弥 山水
図幅 雲谷等額ノ式紙蕭湖八景図、足利義政木像等之
庭園ハ相阿弥ノ作ルトコロ、洞庭湖ニカタドリタルカ
風致見ルベシ
( 繁ニ過ギタルカ)銀閣ニ上リテ辞ス
禅林寺、南禅寺ノ外観ヲ観テ妙心寺花園協会ノ宿ニ帰ル
南禅寺之門ハ恐ロシク大ナルモノナリキ
四月四日
夜来雨降リテ 逆旅ノニ階、閑居ス徒然ニ花園協会ノ庭ヲ
描ク

花園協会ノニ階ヨリ
 四月四日雨
正午ニ至ルモ
止マズ嵐山行キヲ
思ヒ止マリテ宿ノ二階
二チッキョス
前庭ノ景
    ナリ
 
     
    四月四日
妙心寺花園協会之ニ階ヨリ
妙心寺ノ堂宇ヲ望ム
 
     
   白川先生
旅舎ノ二階、テスリニ
腰カケテ妙心寺ヲ
写生ノトコロ
 
     
   四月四日
午後
嵐山に遊ぶ
皆日曇リ
嵐山ノ松青ク況
イテ色濃ク
遠キハ次第ニ紫
ニカスミテ風情
イトモ趣アリ
保津川ノ渡月橋ラン   
カンニ腰カケテ
描ク
     
    嵐山のほとり
小和田ニ而お墓之間四面程ノ生垣ノ
中高ク茂レル木の根本ニイトモ寂シク小サキ
五輪塔カスミアリ
青木ヲ生ケタル竹ヅツノ裾
ノ切ルニ赤キ花ニモ今朝
ニテモ挿シタランカニ三輪
可憐ニサキ居タリ
 
     
    於
天龍寺選佛堂
鈴木松平描クトコロノ大龍也
     
  昭和九年
四月四日
午後

釈迦堂ニ於テ
白川先生、雪幹先生
宝塔写生ノトコロ
(本堂ノ方ヨリ)
山門ナリ
     
    長キ小路ト墓ノ周囲、竹
藪繁リ。風ニサヤサヤト
 葉スレノ音シテ寂シキ迄ニ
静寂ナリ墓ノ傍ニ
山桜ノ小サキ樹ヨリ花咲キ
墓後ノツバキニ三輪 ノ此ノ静
寂境ニ紅ヲ黙ス楠公士族ノ誠
忠ヲ憶フテ感慨ニ禁エス  
昭和九年四月四日午後三時頃誌
   

            
          小楠公 首塚
          向テ右小サキ方
          左 足利義詮墓
 
     
  四月四日夕刻(妙心寺           院内
佐久間象山先生ノ墓も
諸テ、誌ス
裏の谷合ノ音、鳥ノ声
静寂の中ニ在リ
 
     
    四月四日
夜来ノ雨 愈々 降リテ篠リツク如し
原氏も小松氏も共ニ室内ニ籠城し
テ外ノ景色等写生しテ 閑ヲ消ス
午後ニ至リテ雨止ミタレバ嵐山ニ赴ク
嵐山ヲ見、保津川渡月橋附近ナル小
ノ墓ニ詣デ天龍寺ニ鈴木松平
描クトコロノ天井ノ龍ヲ見、釈迦堂
其ノ直グ隣ナルヤ楠公首塚ニ
詣デテ帰ル帰途妙心寺境
内ナル佐久間象山先生ノ墓ニ詣ヅ
嵐山ノ景色ハ大ニヨシ、殊ニ今日ハ雨後ニ温ヒテ山皆紫ニ露
之趣ヲ忘レ難キモノアリ、在京ノ中  キテ見タレト思フ
夜小松氏ハ九州 ニ出発ス、水野良哉罷出同道ノ筈
七、八、九ノ三日間福岡市武徳殿ニ開カルル禁酒大会ニ出席ノタメ

椿
佐久間象山先生ノ
墓ノホトリニ咲ケル
椿ノ一枝ヲ折リ
テ帰リ宿ニテ
写ス
四月四日夜
 
     
   知恩院の山上
広サ九尺四面バカリ
高サ九尺バカリ
晝ナホ暗クシテ黙稿シタリ
今ハ中ニ水タマリ居レリ
   美男美女数多南無阿弥
陀仏ヲトナエ感謝ニ目ヲヌ
ラシ居タリ

四月五日朝
法然上人修学之蛍の岩屋
 
     
   西行堂
傍に西行庵アリ
 
 堂ノ門額ニ曰ク
推敲
 
     
  高台寺
通用門
高台寺ヲ過ギテ
坂本竜馬、中岡慎太郎ノ
墓ニ詣ヅ、急坂森林ノ中ニ
アリ、墓前ノ石碑ニイフ
君のため尽す心は死してのち
なほやまざるや大和魂
木戸孝允ノ墓ニ詣ヅ
維新ノ志士之墓碑林立
 
     
   清水寺本堂
昭和九,四,五
正午頃
  此方ニ釈迦堂濡地所アリ
原白川氏藤森敬吉氏ト共ニ詣デ、
本堂ヤネノ丸ミイト柔カク趣キアレバウツス
 
   
   本堂ノ上ニ地主神
社アリ狩野法眼
元信ノ天井絵龍アリ
  メ写シ得ズ残念
ナリ
清水寺本堂ノ屋根ニ檜皮葺、色、黒、褐色ニ温クアレリテ近ク仰ギタル様実ニヨシ
屋根のコーバイ優サシク美シク  空シクシテ
帰んと想ヒズ写シタレドモ遂ニ□
 
     
  清水寺ヨリ山通リ南エ
歌の中山清閑寺ニ□ ん
小寺ナリ谷間ヨリ京都ヲ遠望
清閑ノ名ニフサワシキ場所ナリモ
鐘楼ノ上松□ノ間ニ小庵アリ
西郷、月照謀議ノ家トイフ
四月五日午後於□ノ庭
     
    モミヂノ□ナリ
四月五日東福寺ヲ見ル
通天橋ヲ写ス
新築の本堂天井ニ印象ノ大龍ヲ見ル 

 
     
  四月六日朝誌
昨日晴夕方ニ至リテ曇リ雨フラントシテフラズ。 藤森□吉氏ノ
案内ヲ受ケテ東山方面ノ円山公園ヨリ知恩院ニ、真葛ケ原ヲ通リ大雅画
碑、西川庵ヲ見テ高台寺境内ヲ通リ坂本龍馬、中岡慎太郎梅田雲□木戸孝允ノ墓ニ詣づ清水寺エノ途中阿古屋の琴ゼメの旧屋ヲ
見テ清水寺ニ至ル眺望ヨシ山路ヲ清閑寺 ニ至リテ西郷月照 新謀議ノ小屋ヲ見更ニ南シテ  東福寺ヲ見ル境内ノ風致大ニヨシ
藤森 的吉氏之像
四月六日朝
昨夜話ガハヅンデ深夜ニ至リ帰宿ヲヤメテ同宿ス
聞ケバ同年ノ
大正八年兵ナル
 
     
   四月六日
京都博物館東寺名宝展
嵯峨天皇御像、
弘法大師像 後宇多天皇御宝賀
閻魔王像会理僧都等
肉色 エンジ色ノボカシ極クウスキ肉色、肉線ハ太キ柔カキウスエンジ(具入)
書起シ
五大尊像ノ内
不動尊 肉色ハウス群青(ハク落シテ白線ノ上ニ白郡クマドレル如ク見ユ)
クマドリハ見エズハ肉線ハスジ線カ?(柔キ起しノ線ハ剥落シテ骨書キノ線出デタルカ?
火焔ハ地タウスズミニ中ヨリ胡粉ボカシソノ上ニ下地ノ ゴトク赤ニ朱線尖ハボカス
降□□□ノ火焔ハ
赤線ノ中ニ
胡粉線ヲ一本
引キアリ
  
 
     
  不空絹索観音 伝□□ 光寺
身色金□(或ハ絹地ニ金箔ヲオシタル かざスシテ絹地ヲアラワシタルカ)
肉線スミ線ノ上朱線ハ細キ)髪ハウス郡 
地色ハウス郡カ(剥げて□□)□□並ニ天衣、裾蓮華台背光等
ハ胡粉地(ヤヤ黄土ヲ加エタルカニスミ線タイシャ線□線ニテ□□書キセリ
ヨウフクハウス郡 白線□□タル□□ヲヤブリテ活気ヲソウ
左手 ニ捧ゲタル赤蓮華ノミ□□ナル 金箔線 
天蓋ハ赤青群ノウンゲシ
台座ヨリ下ノ地色ハコイ群青 ニ
八字文殊菩薩像 八大童子
美財童子像
十二天像
十一面観音像 身色、袈裟□ 等皆無色
地色は群青或ハ銅、 肉線ハ極メテ細キ□線□□ハコキ
群青 ヨウラク群青 台座、□□□□
 
     
   美女龍王 濃彩 黒雲ニ賀ス龍尾アリ 
肉色ハ白色(ヤヤ青キカ?)スミ線
左手ニ捧ゲタル 金皿上ノ三弁如 □宝ハ
白ボカシ
群青
マワリヨリ朱ボカシ
白地にエンジ線
仏法大使 行状銀詞、十ニ堂
求聞持曼荼羅
牛皮華□ 三枚
十二天屏風 宅磨 情賀筆
各天ノ身色 赤キモノハ背光ノ火焔 真紅ニ 肉色ナルハ火焔炎ヨリ
朱ボカシ 青キモノハ焔 モ亦青シ

 
     
  高サ12尺位
真言七祖像
天蓋
国宝□□□ナル絵画古文書、古□物等□ルタタシ
 真言七祖像ハ剥落  甚ダシク殆ンド見エズ
東□□□ナル両□大 曼荼ハ出陣セラレズ
 
     
     
     
  宝来什宝 弘法大師行状絵詞之内
部分図  昭和九年四月六日 京都博物館ニ於テ
□□ス
 
     
   山中人饒舌ノ抜粋
(前略)百年前書方□ 理、不能若今日之考究精博悉力無遺也
而今人□不能及、□ニ詳而□降、益工而益俗、無他、右之学者
為己 今之学者為人(
□去宰曰不□前堂不□□里□欲作□祖□可得郁
大雅□挙春星戦筆ニ壱□有所□大雅而不□寿星
□而不正然均是一代作覇之好敵手
昭和九,四、六□□京都図□版ニテ山中人饒古ヲ□シ(竹田著)先日
銀閣寺ニテ大雅□□襖飾り一重ニ並べ見タル侭ニ大雅
春星ノ□り面□りミタレバ□節抜け書きセリ
心与、眼通目与筆全所謂意□筆先也之
○絵事□□徴落□□為妙境之
○仏□以無修無□為極ニ詣や書亦然蓋者風□具□
□□云吟□□似錬□骨骨裏無□□浪吟
○不患用筆不土而患□神不□用筆土者□宜□傍□
□□□者自家立脚諺曰長者□□不貧女一□
 
     
   四月六日
原氏ト共ニ博物館ニ東京什宝展覧会ヲ見ル
午後一時頃原氏ト分れ図書館(平安神宮ノ傍)ニ寄リ
竹田ノ山中人饒舌ヲ読ム。午後五時花園協会ニ帰宿ス
原白川氏京人形を購ヒ帰ル
七時□□
     
   京都市圓山公園
有名な祇園のしだれ桜なり
蕾□フクラミタレドモ未ダ不開
九,四,五
 
     
  四月七日 
妙心寺宗務本所に□□宗□氏ヲ訪ネ妙心寺宝物拝観ヲ願ヒ亦大徳寺宝物ノ拝観ノ紹介状ヲ頂戴ス
狩野探幽襖絵(山水図)海北友松屏風(金屏龍虎之図一双極蜜金屏琴棋書画一双五若水花鳥

屏風一双及び法堂内天井探幽□□ノ傑作龍之図
山門楼上十六羅漢像及宗達扇面屏風金剛涅槃之図等ヲ観ル
円内龍ノ周囲ノ
雲ハ□□
ヲ白ク周囲ニ向ッテ
濃墨ヲ以テシ下ヨク
見テ浮キ上レル□ジ

地色ハ黄土様ノ
モノヲ胡粉ヲマゼ
テ塗レバ□
火焔ニハ朱ヲボカス
高サ凡九間□面

マキ雲
龍ハ強キスミ線スミクマ
ウロコニハ群青緑青ヲ
ワズカニ施シアリ非常
ナルカ作ナリ
五色□
黒青白郡等
青□ヲ主トシテ□
□リ作ル
 
     
   朱塗(嚮)


於仁和寺山門ニ於テ
 

  龍安寺ノ池 池
四,七□
 
     
   龍安寺ヨリ等持院ニ
至ル路ニテ衣笠山ヲ
望ム
 
     
   相阿彌造ル所
□児坂庭園
龍安寺
(方丈縁ニテ)
四月七日午後
白砂ナリ
 
     
   国宝仁和寺  
     
  仁和寺ノ周囲松林ノ中ニ
四国八十八番ノ札所ニナゾラエ
テ 造レル札所八十八カ所アリ
一日ニ巡礼シ□ベシ白衣ノ行者
数多ニ行キ会エリ





昭和九年
四月七日
午後写
 
     
  妙心寺 
四月七日
 
     
  於花園□□
白川先生熟睡の処 
四月七日深□
 
     
     
     
  四月八日
妙心寺ヨリ大徳寺ニ徒歩ニテ
至ル路上牛車ニ遇フコトタビタビ 
ナリ。ソノ牛往□ノ路上ニテ見ルモノ
トハ□ヤ異リ□見ルカラニカイイ□ジンナリ。
話ニ聞ク丹波牛ナランカ。
 
     
  四月八日
大徳寺 襖絵ノ一部
探幽筆
 
     
  四月八日午前九時頃徒歩ニテ大徳寺ニ至リ□ヲ通ジテ
五百羅漢披見ヲ乞フ。宋画五百羅漢百幅ノ中ニ幅ニ及ビ
明□十六羅漢ノ幅一幅ノ観読ヲ許サル
宋画五百羅漢幅約ニ尺長サ四尺五寸位絹本極蜜ナリ稀ニ肥
痩アル筆ヲ以ッテ畫カル筆力実ニ優□ナリ肉身衣紋等ノクマ
ドリ実ニ丁寧ヲ極メ非常ナル□□作リ思ワシム稀ニ濃彩ナリ
文様ハ繁□□□白線白□他ノ色ヲ以ッテ適当ニ施シアリ背景ノ樹
木岩石等ハ□龍眼ニ見ル(国華□□□所蔵)丸キ感ジ並ニ手法
白雲ヲ描ケルモノ
胡粉線



明□□十六羅漢
肉ノクマドリ□□(カキ□□□ゼズ)衣紋ノ□線ハ□□色彩亦□□ナリ
□ヤ□□ニ□□タルノ感アリ文様又金線□リ□並用シテ太ダ□
背景樹木岩石ハ狩野派□ニ見ル放□ナル描法ナリ(水墨ニテ)

 
     
  四月八日午前
紫□大徳寺ニ於テ




方丈跡小堀遠州造
ルトコロノ庭園遠ク
地ニハ三十六□ナリ
庭ハ白砂ナリ 
 
     
  四月八日
京都博物館東□名宝展
国宝十二天図、描線痩肥ナシ 肉線ハ□□□ハ朱線書キ起シ念怒
形ハ骨書スミ線ヲ残ス(□キ)眼眉強キ墨線(眉ハスミ

スミ

イワユルギンナンメ
白亦ハウス□□□
スミ
赤線
目頭ト目尻中央ニ向ッテ赤線ノ上ニウスズミ線
赤線或ハスミ線
目頭ト目尻ヨリスミ若クハ白郡ボカシ
(スミ線ノ上又ハ横ニ金□線□不用)
衣紋ノ線ハスミ線ノママソノ上ニ朱白線
□□□白郡□リ□リ胡粉カエリガマ
白白郡□ニテ花様線金□直線
金箔□オレテ(金具等ハ)墨線カキ起シラシ
 
     
  宅□□□筆十二天屏風
線 肥?アリ皆顔ハスミ線ノママソノ上ニ胡□リ塗ル金具等ハ絹ノ
裏ヨリ□□内リオシ□□キ墨線ヲ活カシ□□□リ見ユ衣紋ハスミ線ノ上ニ絵具
白ヌリ金キ□ヲ施サズ又線ノ上又ハ線ノ傍ニ金□ヲ用ヒズ時ニヨリ
胡□カエリ□マ施セリ
白衣ノ□ホリヌキ塗リ
或ハウスキ白ノ墨線ノ上ニカケ濃白ニテカエリガマヲ施ス


スミ


スミ
スミ
アイ線
 
     
 
交趾□急須 
□米作
ムラ
ムラサキ
鳳ノ羽ヲ拡ゲタル
 
     
  地色は□ヤアイノカケル
深ミドリ
文様白
文様
型ハ不同ナリ 
(大体ニ同ジケレド)
□□平絹
東大寺正倉院□□
於京都博物館写ス
 
     
  国宝狛犬木彫彩色
滋賀大宝神社 京都博物館ニ於テ写ス

四月八日
朝紫野大徳寺ニ往キ久シキ念願ノ
五百羅漢ノ名幅ヲ見ル
辞シテ
博物館ニ至リ東□名宝展ヲ観ル
□□ノ白川氏ト共ニ雨読□読□□□キ□□読□□味ス□□ルトコロ□□多し
豊国神社ノ境内ヲ通リ耳塚□□ンデ帰途ニツキ白川氏ハ帰
里ノ子供ニみやげニトテ京都工人形買ヒニ行キ予ハ別レテ中
京区木屋町一條上ル□□□路氏邸ヲ□ネ塗毒□□リ
□ニ回頂戴シテ花園協会ノ宿舎ニ帰ル
京都モ大□□ハ見タリシ□ニ見物セント欲セバ限リアラザルベキ
モ先ヅ此ノ位ニテ打チ切リトセム
九日ハ宇治ヲ見テ奈良ニ行カンカ又ハ直チニ此処ヨリ阿波ニ
向ワンカトツ□イツ思案シナガラ寝ル
 
     
   豊国神社ニテ
社前ヨリ耳塚□□
□ヤ高□本願寺ナリ

耳塚 
     
   四月九日
京都ヲ辞シテ宇治ヨリ
奈良ニ行カンカナ
花園協会ノ宿ハ心安クシテ
暢ヤカナリキ。一週間余ノ滞
在ハ得ルトコロ大ナリシ
朝夕ニ聞キナレタル妙心寺ノ名鐘
黄鍾調ノ鐘モ毎朝門前ニ聞
ク雲水ノ鈍鉢ノ声モ又忘レ得ヌモノナリ。

堀川
名ハ高ケレド
河ハセマシ
染物ノ水ニテ
深ク波□□
 
     
  九日朝花園協会ヲ辞シ電車ニテ宇治ニ向ウ五十分位ニテ
宇治ニ着キ平等院ニ至リテ鳳凰堂ヲ見ル
宇治ヨリ汽車ニテ奈良ニ。中村屋旅館ニ入リ春日公園ヲ見
物 、東大寺大仏三月堂大梵鐘、春日神社ニ詣ズ。
京都
鴨川所見
四條橋ニテ

鴨川岸
河原布ヲ
ヒロゲタル所
アリ
河中ニ入リテ
布ヲ洗ヒ居
ルモノアリ
布ガ□シ
ナリ
三條ニ□
□□大□□
□サナリテ
絵ノ如シ
宇治ヨリ奈良ニ向フ汽車中所見
茶畑
 
     
  宇治橋
宇治川ノ合戦
ハ此トコロヨリ□ニ□
川下

四月九日
正午 
 
     
   宇治橋畔  
     
  屋根瓦文様
黄土色ナリ
鳳凰堂屏風絵
宅麿□□来迎佛之図
筆ヒセキナシ 肉線ハ仏菩薩皆スミ
線カキ起シ白郡、緑青、白線、黄土ヲ以ッテ
エガク、アトヨリ墨ガキ、仏、面身ニハ金純ラシ
文様或ル部分ノミ金□
板ニ布ヲハリウルシ塗リ胡粉地塗リノ上ニ描ク
スミ骨書キノミ残リシ書キ起シ木線□キエ□□
如クニモ見ユ
堂内四面節分□宝□華アリ極彩
朱エンジ線群青等ウンゲシ実ニ立派ナルモ 
 
     
   極□優美ヲ極ム
地ニ朱□ノモノヲ塗レル□アリ
宝□華文様□シ
鳳凰堂本堂ノ天蓋ハ仏師定潮ノ作一枚板□リスキカラ
草文様□世界第一ト□サルノ由(寺僧ノ□□)
台座□□木彫□金箔ヲオレタルモノ□ヲ金彫ノ如キ感ジセリ
感想今日宇治平等院ヲ観タルコトノヨカッタ事ヲ切ニ思ウ堂内□飾ノ結構優美タトウルモノヲ知ラズ
藤原時代此種ノ最優見ト思フ学ブ所多シ

赤白
□□
赤郡
白白線
線白
スミ

 
     
  宇治川の岸
茶店ニテ写ス 
桜咲キ初ム
宇治だん□月
一八□□□や

□宇治橋記念塔
 
     
  宇治川堤ミ
源三位頼政
切腹之処 
 
     
   宇治橋ノ上ニテ
四月九日写ス
 
     
    朱塗リ 

宇治鳳凰堂□□池
四月九日午後写ス
 
     
   奈良
興福寺の境内ニテ
昭和九,四,九午後
 
     
   四月十日□
晴レ
中村旅館
中庭ヲ写ス
 
     
  四月十日
博物館エノ途上
鹿ノ戯レル芝生ノ上 
ニ座シテ描ク

興福寺三重塔
三層ノ角ヲ
仰ギ視ル

(色ハカリニ判リヤスキ様ニツケタ
ルナリ。)

午前九時半頃ヨリ午後一時半
頃迄博物館ノ天平彫刻品ト
□□開催中ノ日本肖像畫展ヲ見ル
貴重ナル美術品非常ニ多ク陳列サレ居リ到底一日
二日ヲ以ッテ見ルベクモアラズ。
疲労甚ダシク午後一時半頃館ヲ出デテ三月堂経□リニ月
堂ニ上リ正倉院ヲ遠□シテ帰宿す。
 
     
   奈良博物館
源頼朝像 神護寺
藤原隆信筆
肉線 ウスキスミ線 眼
肉色ゴクウスキ黄土
(胡粉?)
極□□ウスキクマアリ。
 
     
   眼青ハコレヨリハ□ヤ□サクスルコト

スミ平ヌリ
線ハ□□スミ
□ヒセキアリ
濃墨
 
     
  不空三尊(帳□□采栄ト称スルモノ )
南宋時代絹本著色
肉色□ヤコキタイシャ朱クマドリ肉線墨線ノ上ヲ朱線ニテ
トメタル如キ痕跡見ユ唇ノ色ハ極クウスキ朱
線ハスナヤカナル遊糸描
袈裟ハ地赤條ノトコニ金□行雲ト龍文 裏ハウス郡
衣ハ地ネズミ色 白ニテ
文様ノ上ニ一面ニ点シ
裏ハ白線
座具地黄土ノニ□誌(群青)□□形ロク青(白三番位)ソノ上ニ
一面ニ胡粉ニテ
同ヘリハ胡粉地ニ貝入ウス墨ニテカラ草□
 
     
   不空三尊ノ部分□様
於京都博物館
眼ハ(白眼ハ胡粉目尻目頭ヨリ
ヤヤスミボカシ


線描引キ方
 
     
   不空羂索観音菩薩像ノ部分
伝獅子吼菩薩
木像唐招提寺前
天平時代
於奈良博物館
 

伝獅子吼菩薩
     
   法華経庫
三月堂ニテ四月十日正午
 
     
   ニ月堂ヨリ
東大寺方向
ヲ望ム
眺望大ニ佳ナリ
 
     
   基壇
壇上積
乱石積
屋蓋
宝形
口注
入舟屋
切妻
獅子口
破風
懸魚(梅鉢)
虹梁
叉首束
叉首棹
間斗束
豕叉首
頭貫
内法長押
連子窓
腰長押
地覆
四半石
 
     
  巻斗



(?)木 肘
桁 実肘木 支輪
尾垂  
?肘木 通し肘木
軒天井
二手先三手先□ニテ軒を□□上ゲル
蟇股
中2
梁 
 
     
   薬師寺本尊薬師如来之図
日光菩薩
薬師
日光ボサツ
四月十一日朝写ス
 
     
  十一日朝電車ニテ薬師寺ニ至ル参拝者ハ□□一人ノミ
堂守ヲサガシテ金堂ヲ観セテモラウ
大傑作ナリ宇治鳳凰堂ノ本尊ト面□□ヤ相似タル感ジセリ 
 
     
  薬師寺本尊薬師如来
金銅佛、光線ヲ反射シテ定カニ見エズ
?墨ナリ。頭髪ハ青カ緑青ヲツケリ
白□覚エズ 
 
     
   金堂
唐招提寺本尊
盧遮那佛御目□□
薬師寺ヨリ唐招提寺ニ至ル約四丁□□□大ナレドモ淋シク
朽チ荒レタルコト甚ダシ金堂並ニ講堂ヲ観ル
盧遮那佛座像千手観音像薬師如来立像等ヲ見ル
 
     
  線ハ金印朱線ヤヤエンジヲ加フ
唐招提寺金堂天井
宝相華文
ウスムラ
ムラ
白線
ロク青

緑青
コイ郡
ロク青
ムラ
白郡
地色ハヤヤ黄土様ノ□
金印ウンゲンナリ
ムラハ

ウスアカ
ムラ

アカ
ムラ
群青
梵字 
 
     
   法隆寺壁画
□□シテ白キ胡粉地□土台トせん□雅ナルを□ナリ
阿弥陀ノ□土ヲカケル印□
本尊髪黒顔ハ黄土様ノ地ニ古代□ノ□ヤ□キクマドリ
上瞼眼青ハ黒肉線ハスミ線ノ上ニ朱書キ起シカ
線ハ柔カキカスカニミトメ得ルカ得カンヒセキアリ
仏のケサハ□褐色地ニ古代□ノセマキ□キクマアリ裏ハ緑青
背光上ハ濃粉緑青
□□ハ朱ハ緑青交互ナリ中ニ花文アル如シ見エズ白色ハナリ□□
□□背光線



ウス郡
ハ間隔ナシ
地ハ地色ノママ
 
     
   南面東御浄土
衣紋肉体ヲツツメル部分ハ濃彩ヲ以ッテシ他ハウスウス
軽□ニテウスク肉ヲスカスカ如シ
非常ニ写実的ナリ
髪ハ群青ノヤヤ
黒ズニ見カウ
眼□ノ周囲ニ朱線□シキモノアルカ
肉線ハ朱ナリ
上瞼眼青眉ハ黒
眉ノ墨ノ下ニウスキ色アルカ
線ハ此レ程眼セキナシ
 
     
   ウンゲンハナシ

線又ハ朱又ハボカシヲ施セリ
朱線
ヨーラク
山水画(□□シテ不判白地ニ緑青ヲ以ッテ
天蓋内側文様




地白
格天井文様
天井文様
白地ニ墨線
(細き文様)見ニレド□
群青カ緑青ナラシ
(帰宿後宝相華□カラ葷ナル由
ヲ書中ニ見ル)
橘夫人厨子台座模様
 
     
  法隆寺
中門金剛力士像
仁王像カ□古ノ由 
 
     
  法隆寺夢殿
九年四月十一日
写ス
シダレ桜
 
 
     
  法隆寺
唐招提寺ヲ辞シテ 法隆寺ニ至ル(乗合自動車ニテノ途中桜ノ花満開ナリ)
南大門ヨリ入ル、中門金剛力士ノ偉容ニ先ヅ驚カサル、体躯ノ全体
ヲ□動シテ威□シ来ルカノ強サヨ、忽チ度□ヲ抜キ去ラレテ了ッタ
金堂ニ入リ壁画ヲ先ヅ見ル、久シキ念願ノ壁画ナリ。今マデ観テ来タ
絵画ト比ベテ大キサモ大キイシ絵柄モ多キイ。描カレタ仏菩薩モ姿勢モ自
由デアルシ色モ重厚デシカモ淡雅ナ素朴ナ感ジデアル。長年月ノ間ニ□ヤ青黒ク
クスンダ白壁ノ中ニ剥□ハシテイルガ或ハ部分ハ比較的描キ上ゲタ頃ノ色具合
ヲ想像サレル程ノ朱(左□珠)ト黄土ト緑青ト黒トヲ基調ニシタ割合ニサッ
パリシタ感ジノ絵ガ浮キ出シテ居ル。菩薩ノ顔ナドモ肉色ノ美シイアカミ(或ハ部分ニハ明カニ見ルコトガ出来ル)ナドガヤヤ変色シタリ変減ジタリシテソレニ壁ノ青
黒味ヲ帯ビタ白壁面カ出テ居ルノデ余計ニモ深刻ニ印象的ナ感ジヲ与ェ
テ居ル様ナ気ガスルガ仔細ニ検□シテ線描ハ柔カイ遊糸描デ。クマドリハ強ク
彩色ノアトアリ線ノカタ起シテミタラシイ形跡ガアリ。ソンナ事ハ別ニ今マデ
 
     
   見タリ自分達ガ試シテ居ルコトノ変リハ□様ノ気ガスルガソレデ戻リ
実ニ異様ナモノニ出会ッタ感ジデアル矢張リ時代ノ相異デアロウ。
之レヲ書キ上ゲタ人々ノ心持ニ画ニ対スル素朴サガ後ノモノト異ッタ
モノガアッタ故カモ知レナイ宗教的ナ信念カラ
ドウカシテソレヲ形ニシタイトイウ
マジリ気ノナイ欲求カラ描イタモノデアル
カラデアラウ。ヨク評者ガウマイトカ
線ノ具合ガドウカトカ形ガ非凡ダトカ云ハ□ルノヲ聞クガ自分ハ別ニソンナ
事ヲ検討スル気モナシ又ソンナ事ヲ此処迄見ニ来タノデモナイ。唯之
ヲ描イタ人ガドレ程真志目ニ描イタカ
ソシテ出来上ッタモノガ宗教画トシテ
ドンナ臭イヲモツモノデアロウカヲ□□ト見に来タノデアル技法ガ繊細ニ流レズソレデ一ツ一ツ形ナリ彩色ナリニ非常ナル写実的
ナトコロガアリドサリドサリト描キ
上ゲタ大柄ナ絵ニ如何ニモゴマカシノナイ
苦心惨憺ノアトガナニモ言ワズニ
モ忍バレテウレシイ作者ノドウカシテ
現ワシタイト思フモノガ
線ナリ色ナリ形ナリニ技巧ヨリモ何ヨリ先キニムキ出シ
ニ観者ニセマッテ来ル。ソレガコノコッテリトシタ厚□クレタクドイ画ヲ
 
     
   淡素ナモノニ見セテイルノデアロウ
久シイ間観タイト思ッタ壁画ニ対スル事ノ
出来タヨロコビデ心ヲ躍ラセ乍
ラ約二時間モノモ言ワズト凝視シテ居タ。
□他ニ数多クノ貴重ナル推古アスカ三年
期ノ彫刻品ヲ観テ午後四時半
頃法隆寺ヲ辞ス
疲労甚ダシク直チニ自動車ニ□シテ
奈良ノ宿ニ帰ル
今朝原田川氏ハ別レテ博物館ノ肖像画展
ノ再読ニ出掛
ケタガ夕方帰ッテ来テ「大和めぐり」トイフ本ノ著者ニ(  )
偶然東大寺ノ附近デ遇ッテ東大寺カラニ月堂マデ建築ノ事ニツイテノ説明ヲシテモラッタ」由ト喜ンデ居タ。
原氏カラソレヲ又聞キシテ非
常ニ参考ニモナリ面白クモアッタ
自分モ今日ハ薬師寺唐招提寺法隆寺ト行脚シテ推古カラ
天平ノ逸品ニ数多ク接シテ□ヤ感□セントコロアリ。漸ク宝□
ニ深ク入リ込ミ来レルノ思ヒヲ思ヒ来レリ。
 
     
  十一日
帰宿後今日ノ薬師寺東塔(天平)ト法隆寺ノ推古佛ヲ比較シテ心覚ェェ書ク
法隆寺宝蔵ニテ顔輝作十六羅漢図ト北殿司ノ釈迦ノ図ヲ観ル 
 
     
   百済観音像部分
於 法隆寺
昭和九年四月十二日 朝
写□ノ御顔古頬ヤヤヤセタレド此ノ位ナレバ
参考ニシルス
 
     
   法隆寺金堂壁画ニツキテ
四月十二日再ビ金堂壁画に対シテ
(□トレテ阿弥陀ノ刹土ヲ見テ)
仏菩薩ノ肉身ニハ可ナリ強キクマドリアリタル如シ(今ハタダ地色ニヤヤ黒ミヲ帯ビタル如ク見エレドモ)
ホリ□□ハウスキ衣ノ如ク
ウスク 濃ク
肉体スミ見エル様ニカケリ
仏ノ衣ハ反対ニ色彩ヲ施セルハ御身ノ色濃□ク□メナラレ
(昨日ノ拝観
記参照)
左脇待腰ニ巻ケル衣ノ文
緑青
朱線
胡粉
緑青


地胡粉
線ハ古代
朱ナリ

地色

古代
 
     
   十二日夜山口氏の厚□□□
神戸市栄町の支郡
第一桜□テ御馳走になる
座上美人アリ窓外□闇ニ
神戸市ノ灯一面ニ眺めらる
杉原氏
大タクノ支配人
山口氏ノ
息子サン
十二才
山口氏ノ奥サン
他ニオ嬢サン
某夫人
白川先
生ト僕
山口福則氏
大阪タクシー会社
社長
 
     
   四月十三日朝
神戸市□住吉村
山口氏邸二階ヨリ(神□ノ
方ヲ見ル)
 
     
   四月十二日曇り
早朝奈良の宿を出でて法隆寺に向ふ。汽車、原氏と共に
法隆寺の堂塔を見、金堂内部、五重塔内の塑像を仔細
に見学、夢殿を経て中宮寺に行き尼僧に案内されて如意
輪観音像と天寿国曼荼羅を見る。
午後二時頃法隆寺を辞して大阪二向い、原氏の知人山口福
則氏を東梅□大阪タクシー会社二訪ね同氏の好意にて住吉の同氏邸二
誘われ泊る阪神□の途中二あり。
夜は□南で山口氏に誘われ神戸市に往き支那料理の御馳
走二なり神戸市の繁華な街元町を見物する。
夜二入りて雨降る。
 
     
  中宮寺如意輪観音像
四月十三日
木彫ノ上ニ漆ヲ掛ケタル如シ、黒ビカリ
シテ美シ。滋容
天寿国曼荼羅ヲ見ル、色糸ノ色昔
ノ□□ノ如キ色ヲナシ美シキ事限リナシ 
 
     
   雨の
阪神国道
四月十三日朝
山口氏邸の
二階二テ
 
     
   原白川氏山口氏と懐旧談の処
四月十三日山口氏邸に於テ
 
     
   四月十三日夜
十二時神戸港
(兵庫県中ノ島ハトバ)
ヨリ攝陽商船
二培ジテ松島
二向フ
乗客混雑シテ
通路二筵ヲ引キ
毛布ヲ覆テネル
毛布代
十五□也
 
     
  住吉村 山口福則氏邸を
辞す。山口氏自動車にて神
□□迄送り呉る
山口氏画帳二冊二各一□
宛観菩像ヲ描ク
仰里出□□前原氏と合作二
なりし松下へ福線寿之図
ヲ山口氏二贈る
船内割合二暖かく快よし
モーターにて水をかきわくる音
ならんか左へ□騒音に
揺れ居り。原氏始めより
よく眠る
四月午前四時頃写ス
 
     
   四月十四日
朝小松島の港に着く。汽車にて
地蔵橋駅に下車 桜木雲□
氏邸を駅員にたづぬるに直ちに
教えられて同氏邸に到る
桜木氏は白□等の来ることを
待って居られて歓談尽きず
同氏所蔵の作品山積せるを
拝見。昨夜の疲れにねむたく
なりたれば夕方まで昼寝す
夜八十八番霊場遍路行の
話など聞きながら夜をふかし居る
ところに水野良□居士小松雪
幹氏及び同道の石塚伊吉翁
訪ね来り。
諸々の羅漢群がり
集まれるの感あり。面白きこと
限りなし

四月十四日未明漸ク東天ノ
白ム頃小松島港二入ル
 
     
   昭和九年
四月十五日朝
桜木氏邸東南の
窓によりて写ス
 
     
  □□如神
□□ 
 
     
   四月十五日雨
桜木氏邸之庭前
此地二ハ図二見ル如ク
四角ナル石多し
 
     
  昭和九年春日
為林兄


雪太郎写 
 
     
   四月十五日
朝ヨリ夜二至ルマデ春雨降リテ止マズ。
白川、良哉、雪幹、南陵、石塚老人皆室二コモリテ
作画ヲナス、画帖、ヨセ書キ等々
明朝ハ鳴門海峡、徳島市、吉野川等ヲ見物セム
マルデ吾ガ家二帰リツキタル如ク気力モ体力モユルミテゴシタキ事
限リナシ 今日モ亦半日寝ル
今朝石塚老人写ストコロノ旧新聖書(漢訳)大□ゼン
一枚ノ細字書幅ヲ見テ大二□の意気二感ジタリ字数百
七□字□□□寝食ヲ忘レテ精近シテ来ル
 
     
   徳島県勝浦郡□□村桜木雪太郎氏
江音寺ヨリ紹介セラレタル
京都妙心寺慈雲院稲桑文□氏
相堂寮
天球院
花園協会読所森平氏
宗務本所内金仙宗□氏
朱海庵
大法院境井田宗□氏
藤森敬吉氏
京都市右京区西院元三蔵町九ノ三
井上辰之助様方
京都市中京区木屋町藤田玄路氏
二條よく
塗毒鼓
大法寺執事□屋
大阪東梅田町大阪タクシイ自動車株式会社
山口福則氏方原輝美氏
 
     
   兵庫県兵庫郡住吉村 山口福則氏
東京市牛込市谷富久町一六 石塚伊吉氏
大阪市天王寺区勝山寺一丁目一八三
大和菩華庵前部介□
奈良県添上郡大柳□村宝徳寺
橋本寿陵画伯
奈良県宇陀□宝生村宝生寺
荒木良仙師
 
     
  小松先生旅日記
写生帖補筆の所
昭和九年四月十五日□
桜木氏邸二オイテ写ス
 
 
     
   諸々の羅漢
集い来るの図
阿波国勝浦郡
勝占村桜木雪太郎
氏の邸に於て
四月十五日朝
昭和九年
石塚老人書写スルトコロノ
旧新約聖書一枚ノ大ガゼン紙
帖幅ナリ。恐ルベキ
代物ナリ。四年間ノ白子ヲ
書クヤセル由
白川先生
此ノ肖像画
二対シテ大ニ
□ワザルモノ
アリ恐縮
恐縮
桜木氏
石塚伊吉老人
小松雪幹
良蔵居士
白川
南陵
 
     
  昭和九年
□□行
脚 ノ途
上四国勝
浦桜木雪太郎
雅兄邸□於
□□居士
 
     
  昭和九年四月
於桜木之邸
白川
 
 
     
   四月十二日朝□□
□勝□□洞門
雪幹□人写
 
     
   旧暦二テ
三月二日也
遍路行者の列
引続ク

四月十六日朝
桜木氏邸之門
前二立ちて
 
     
   忌部神社花坂二テ四月十六日朝
右ひだりの枝を□じふく
鳥坂城のぞけば□□
花傘のした
□本□□


桜が既二□□リテ
□ボタリ風到ル
□し□花嵐
如ク散リカカル
 
     
   四月十六日
鳴戸□□□上
吉野川畔二テ写
□川駅二
汽車ヲ待合ワセテ


此何二架ケタル橋ノ長サ
六□間サカノボレバ金毘羅
様二至ル。□岸ノ
景色佳キ所多シ
トイフ
 
     
   鳴戸附近の山中二
旅ス 根上り松を見て
根の高サ八尺位幹太
く短シ松林の間より
内海を望む景色
実に佳し。
帰宿後記憶を
辿り記念に
写す
 
昭和四六年
     
  鳴門景観
帰宅後記憶ヲ呼ビ
起シテ記ス 
 
     
   四月十二日朝
早朝より桜木氏の案内を
受け水野良蔵小松雪幹原
白川石塚伊吉及び□と六人先づ徳島
忌部神社に詣で自動車にて古川
(吉野川畔)駅にそれより汽車にて□
□二□□より土佐泊島二渡船二
て渡り徒歩して鳴門公園二至る
約一里半途中根上り松の群
生せるを見る
。その辺松林の間を□
して内海□を沈む景色絶佳なり
携へゆきたる弁当を開いて中食を根上松□に心耳を洗ひ目前二内海の静かなる絶景を観後ろの方遥かなる
二鳴門の激浪を望み精々疲労
せる躰を根上り松の根二委ねて
桜木氏□心尽しのすしを
□せることの嬉しかりし事よ
味ひの□かりし事よ
それより鳴門公園二上り鳴門海
峡の観□をなす。午後二時半
なり。今日の観□ハ十一時頃□□
もやかりきと土地の人の話なり。
されどなほ白き□を起して潮の大□
二注ぎ去る様ものすごき限りなり。
海の色紫藍色二美しく遠き
淡路島の山々は青くかすみて絵の如し
鯛釣りの小舟連り□び白塗りの蒸気船
二,三隻激浪を過リ去るも又楽あり。
山上の□に寄倚りて景観ほしいままにし
雲低く細雨いたりたれば心を残して帰途に
つく。汽船にて□□二それより往路を引き返して
□□の桜木氏邸に帰る
遂二夜二入る
鳴門見物の夜写す
 
     
  桜木素山画伯
内室之像
四月十七日朝

今日石塚老人早朝二帰京 
良蔵、白川、雪幹、予、桜木氏と
□われて舟に□じて潮干狩りに行かんとす。
桜木氏夫妻しきりに舟を出す準備中食のことに
つき相談配慮さる。
 
     
  内海
想□
□川観湖帰□
四月十七日朝写し 
 
     
   四月十七日旧暦三月四日
お接待と称して遍路の行者
に食物日用品等を村人集
まりて施し居れり。
行者は施物を愛くれば御詠
歌を一唱して去る。
善□を与うるものと愛くる者
と。そこに醸し出さるる
光景こそ此世における最
も美しき情景ならむ
一生の遍路行に旅立ある
□□此の朝に□しも心に
しみるものあり
勝占村桜木氏邸付近
に於て記す
舟勝占川を下る
 
     
   海に出でんとも  
     
  蠣貝 

良哉居士
□し石に□□□ニオイテ
カキを拾う
 
     
   勝占川ヲ出ズレバ
眼前二大平河開ク
遠キ山ハ淡路島ナラム
紀ノ町ノ方ハ見エズ
 
     
  蛤堀り
白川
雪幹
良哉
桜木
□原山
カ□ニツケタル
船ノ上ヨリ 
南陵写
 
     
   □龍ノ石口海岸 牡蠣飯ヲ焚ク、味ヒ絶佳

白川
桜木
南陵
良哉
雪幹
 
     
   四月十七日
潮干狩リノ帰□
舟中二オイテ写ス
漁船ノ極二カケ見ルハ網ナリ
砂浜二群レルハ貝ヲ拾フ人々ナリ
 
     
   潮干狩リ
貝拾ウ娘
十二月十七日
桜木氏二伴ワレテ潮干狩リ□ズ天気晴朗ナリ。
勝占河ヨリ小舟二乗リ下リテ海二至ル
遥二淡路ノ山二紫ニカスミテ
美シ干潮二乗ジテ裸足
二テ砂浜二下リ貝ヲ掘ル
穫ルトコ□数十□国□上二上リ
蠣飯ヲ炊キテ賞味ス美味
ナリ。白キ砂群青ノ海
深緑二映ユル柮林、珍シキ貝
掘リ。蠣拾ヒナド興味限リ
ナシ。(帰途ノ舟中二テ
誌)
ハマグリ
ツメタガイ
マテ貝

マテ貝



ツメタガイ


 
ハマグリ
     
   満潮ヲ待ツ
昭和九年四月十七日午後
潮干狩之帰途
南陵写
 
     
   帰途日西
山二入ラントシテ水
面金色二映ユ
 
     
  勝占川
風光
四月十七日
夕暮 
 
勝浦川
     
   四月十八日
昨夜水野良哉小松雪幹両氏帰宅
今日は白川氏と□□二人となり桜木氏二伴われて徳島□
徳島公園二往き旧蜂須賀候城跡二上り晴れて美しき
四方の風光を賞す。下りて徳島の街の賑いを見大龍山二上りて帰宅す
徳島公園内二図書館あり。入りて国華を見る
今朝桜木氏の為に釈迦之筆十六羅漢図を図書
する事を約す。尺八□本之幅対の予定□戒沐浴
して吾が力の及ぶ限り力作謹写せむ
四月□日白川氏遍路修行二出□ス
廿七日夕刻阿波、讃岐の霊場ヲ巡□シ多
数ノ写生ヲ携ヘテ帰り来リ翌廿八日朝ノ汽船二テ帰□二着ク
四月廿日廿一日廿三日図書館廿七日迄釈迦之□十六羅漢図下図ヲ送り□ル
五月三日十六羅漢図
一幅ヲ描テ終ル五日間
五月一日桜木氏ト共二徳島市二往キ招□祭温泉□場ヲ見ル
 
徳島城三の丸石垣と城山
     
   晴れて□やかなる海上二
汽船、帆船□□の如くに浮ぶ
徳島公園山上の
ベンチによ倚りて市
街を望む
 
     
   徳島名□
大滝山景色四月十八日午後
於鳴滝附近茶店
 
     
   四月十八日
大滝山鳴滝の茶店二テ
眼前ノ山二新緑二溢シ嵐気
ソゾロニ遊子ノ袂ヲ払フ
 
大滝山
     
  四月二十日羅漢図渉□の為に徳島
公園内図書館に行く。朝来風雨盛りを
過ぎたる満目の桜嵐の如くに花を降らすその
風情美しとも美し。公園は旧蜂須賀候
城跡なり
此の日白川氏は四国遍路二旅立たんとて準備
したるが雨の為に空しく家に居る。
四月廿一日朝於床中記
今朝も尚大風雨ナリ
 
     
   雨の阿波平野
四月廿一日朝
於桜木氏邸
 
     
  四月廿七日
午後 
桜木氏邸
別宅二階ヨリ
 
     
   此ノ図書館二国華ノ多数
揃ェアリテ見ルコトヲ得ルハ嬉シ
静カニテ心持チヨキ館ナリ申込
メル書物モ忽チニ出シテモラエテ嬉シ
タダ頭上か山上ヨリ午砲ヲ突トシテ
浴セラルノニハ毎日ノ事ナガラ飛ビ
上ッテ(ビックリシテ)了ウ
五月五日
於徳島図書館写シ
光慶図書館ト称ス旧蜂須賀
城跡今ノ徳島公園内ニアリ
雨の日に後の□□□たる若葉の山二春雨の
降りそそぐを聞き乍ら書見二耽るは実二佳シ
風強ければ後山の壱木枝皆鳴りて深山にある如し
五月五日
館を出づれば前庭の藤花な今盛りなり
紫白の□□□郁たる香を送りて
吾□疲れたる頭を慰むる事甚だネンゴロナリ
 
     
   大□紙 日本□ハエバテ
桜木邸納屋傍二テ写□
ソラ豆畑
五月七日朝
麦ノ穂出揃ヒテ風ニナビク
様快ヨシソラ豆ハ既二収
穫期二近ヅキテ下枝ナルハ
三寸位二ノビタリ□田ノ種□
キハ数日前二終エ今レンゲ□
ノカリトリ期也路上ヘナスビ苗売リ声多シ
今朝美シク晴レテ露ヲフクメル
麦畑ヲワタル風スガスガシ
薄モヤヲ通シテ□キ浅キ山ウス
アイニカスメリ前ノ細キ田圃路
ヲ娘二人嬉シゲ二語リ乍ラ行ク
今日ハ近キ町二祭ニデモアランカ
子供ヲ連レタル老人等ヲ引続キ
通リユク平和ナル田園風景

カリカケタル
レンゲ草
 
     
  五月十二日朝
雨降ル顔ヲ洗ワントシテ外二出ヅレバ小サキ
蟹数多ク這イ廻リ居リ吾ガ
姿ヲ見テ急ギ石垣ノ中ニカクルル様愛ラシ 

桜木氏方二テ写シ
 
     
  徳島公園光慶図書館
五月十二日夕闇セマル頃 
蜂須賀候銅像前の亭ニテ写
烟レル後山ノ趣キ美シキ事限リナシ
 
     
  徳島市両国橋附近之景 
此ノアタリ材木屋、かまぼ古屋
船具店ナド多シ
 
     
   徳島公園銅像ノ後二テ写
五月十四日朝

図書館
 
     
   円覚寺義
元画
鰕之図印□
国華四二一
朝未だほの白みたるばかりなる頃
麦畑の打ちつづける田圃路二心地よげに
鈴を鳴らして通り行し白衣の遍路行
者の姿のすがすがししき事よ
笠の文に曰く
悟故十方空迷故三界城
本来無東西何処有南北
 
     
  忘印神社
此辺 勝占村
七ツ山

昭和九年五月十六日
午後
徳島公園山上にて
写し

忌部神社 
     
  小松島海岸
金磯松原ヨリ小松島 
港ヲ望ム
 
     
  金磯松原桜木□桑山氏
写生ノトコニ
向フハ弁天様ナリ
晴天風漸ク□
波音足下二ドウドウト
ナリ 

弁天様 
     
   小松島金磯弁財天
山上ヨリ太平洋ヲ見ル
和田岬向フ□ミタル
大洋ナリ
眼界一面二見ユル
美シキ水二向ハ□ハ
□□□ヲ忘レテ
眺メ入ルノミ

椿桜
ウマメの木
□多し

此山二
多田氏自□
ヲ□ッテ砲台ヲ
築キタリトカ
文久年間也
 
弁天山砲台跡
     
   小松島弁天下海岸二テ写シ
向ウハ和田岬
ワカメ採□舟夫婦ラシ
 
     
   小松島海岸
漁師街なり
見渡す限り漁船ト
干シタル網ナリ男女共
二日向に出で網をつく
ろう。近くにある
木枠は引用に用
ひる枠なり
 
     
  昭和九年五月十八日朝
朝太陽の出ずる時朱
盆ノ如シ 山国ノ者二珍
ラシキモノノ一ツ
一ケ月余を起居せる
桜木氏の別宅なり
向ッテ右隣は旅舎日々遍
路行者ノとまり人あり道をへだて
地蔵祠あり毎日村人二よりて線香絶へず
 
     
   昭和九年五月十九日未明二記ス於桜木素山氏方
□□三十五日なほ学ぶべきもの描くべきもの多けれど数日前
図書館の帰途公園にて小児の若き母二伴われて遊び居る様をみて
久寛久光に遇いたくそれよりは矢の如き帰心に駆られて遂に帰途
に就かんと思い立てリ。鳴門を見小松島を見潮干狩りをし太平洋
の潮風にも吹かれたり図書館へも十二日間ばかり通いたり国華
□刊以来の四百何十冊かを全部閲覧し□数多き抜き書きも出来
たるは幸ひなり尚桜木氏のために釈迦を□十六羅漢三
幅とナシ仏像聖観音像を筆現弘法大師一千百年の遠
□にあたり四国の霊地して仏像作画の事
に□□如しは吾終生
の喜び佛天の加護と深くも感銘更に喜
びに□□えざるは桜木
□原山氏の好意なり吾如何に世に不□な
りともかかる知己を一人にて
も□たる事の歓びは限りなきものあり今春
東京上野図書館の
殊□閲覧室にて初めて面会してよりの
交遊なり寄寓とい
はずして如何とかいわん半年くらいは描いたり図書館へでも通ってと留
□を勧めらるれど矢の如き帰心に駆られて
今朝帰路に就かんとす
 
     
   午前八時一分の
汽車にて桜木氏
の見送りを受けて
□□つ
午前八時二十五分
蒸気船に投じて
小松島港出帆
左舷の窓によっ
て手記す
天気はどんよりと
晴れて波静かなり
往路の汽船混雑
たるに引かへて帰
路はすきすきせる
ものなり
階上座席に横
たわりて観□を
恣にす

小松島港
二十八共同丸
徳島方面
四国の山々
鳴門潮筋
淡路島
地図ニハ小サケ
レド船ヨリ見レバ
ナカナカニ大キナル
島ナリ

淡路島見エズナリテ
シバシ假睡セリ
 
     
   和歌之浦
ヒキアミノ船ラシ
一里位ノ沖合二
停船乗客ヲ
昇降セシム
 
     
  海ト空 
茫々タル
大洋

再び淡路島ヲ見ル

和歌之浦ヲ出デヨリ
右舷ノ方ニハ絶品ノ山々常二
眼前ニアリ