私の自画像

   ようこそいらっしゃい。 Visitor Counter:Counter   


Homepage Logo

オーディオや蓄音機について、お話ししましょう。

ENGLISH


M E N U

音質改善への一口知識

久しぶりに1つ加えました。プリアンプは大事という話です。新たに、一口知識というコーナーを作ってみました。続くかどうか分かりませんが、少しずつ足していこうと思いますので、よろしくお願いします。(9/26/13改)

オーディオ四方山話

大型蓄音機を買うお金で、家が買えたかどうかの考察をしました。何とか買えたようです。
ヒノオーディオについて、さらに少し書き足しました(9/09)。→ここです。
PCオーディオについて簡単に書きました。
スピーカーの効率から必要なアンプ出力を計算する方法を書きました。
オーディオ回路の基礎から高音質の実用回路まで学べ、十分実用になる音のよいアンプ製作の詳細な解説の付いている、書籍を紹介します。
格安のデジタルアンプについてを書きました。
サブウーファのこと(第2弾)、ユニヴァーサル・プレイヤーで音もよいOPPO BDP95をご紹介しました。
PCオーディオについてと、1ビット研究会で素晴らしい音を聴いた話を書きました。
本当の蝋管蓄音機の音についてと、村上春樹が推奨する昼寝用CDについてを書きました。
ビートルズのリマスター版を購入しました。
秋葉で50年も続くヒノオーディオの社長の日向野氏の思い出を少し書きました。
最近の高音質CD(SHM-CD、ブルー・スペック、HQ-CD)についてを加えました
イヤフォンについと、20万円のCDと高音質CDについてを追加しました。結構よいですよ。
95歳のエンジニアが驚くべき音のするホーンとサウンドボックスを開発しました。蓄音機とは思えないほどの低音、ピアノの音でも期待を超えています。ぜひ聴いていただきたいので、紹介をしました。
ケーブル選びのことを書きました。また、音源がよいと如何に音質が上がるかを書いています。米RCAのオルソン氏が1951年に考えていた、アンプに必要な特性を紹介しています。
OTLアンプと、300Bシングル・アンプの比較、CDに入っている音の深さ、よい装置で聴くと印象の変わる、ベートーベン、ビートルズやカーペンターズ。大型スピーカーのすばらしさ等々について書いています。(09/06/13更新)

予算別、環境別のお勧めオーディオ・システム

初心者用システムについて、最近の動向を考慮した項を加えました。
オーケストラやオルガンの再生について足しました。
どんなオーディオ・システムを組めばよいのか、様々な予算、環境に応じた、お勧めのオーディオ・システムを考えていきます。ちょっと、独断と偏見が含まれますので、お気を付けてご賞味(?)下さい。

よい音のするオーディオへのヒント

オーディオを趣味にしています。最近はオーディオは流行らないようですが、日本の街で聴く、サウンドが騒音に近いのが気になっています。主に真空管アンプを使用していますが、楽しくしかも心が休まります(私のシステムについて修正し、写真を追加しました)。
6年ほどかけて、システムを一新し、古い録音でも最新録音でも、音のバランスがよく取れると同時に録音した音をきちんと拾い上げてくれるようです。多少でも参考にしていただければ幸いです。 Stereophile誌でのランキングについての記事を2012年版を元に書き直しました。 (3/10/13改)

蓄音機やもっと古いラジオ技術について

80年以上前に書かれた有名な蓄音機の本の抄訳に、サウンドボックスの部分を追加しました。現在にも通用する、著者たちの未来を通す眼の確かさは、驚異的だと思います。
過去の技術を知ると、アイディアが湧いてくるかも知れません。例えば、ウォークマンが成功したアイディアは、実は100年以上前に蓄音機の世界で起きたことと同じと言ってもよいでしょう。当時、録音・再生のできるエジソンの機械に対し、ベルリナーが録音できない再生だけの機械でも、売れるだろうと考えたのです。実際、この方式、グラモフォンが、いわゆるSP レコードとして、その後50年以上にわたって普及したのですから。
一方、発売から25年ほどのCDはどうでしょうか。すでに、SACD、DVDオーディオ、それにシリコンやHDDによるオーディオ(ダウンロードして聴く音楽)が登場しています。果たして、何年目に消えることになるのでしょうか。
このコーナーでは、蓄音機の歴史や仕組みを簡単に説明しています。また、その本の1929年英国で出版した、蓄音機とアンプに関する、有名な参考書を紹介し、その本の目次を入れてあります。抄訳も少しずつ追加して行きます。
蓄音機は、アンプを使わずにいい音がします。、大形の装置で実際聴いてみると、LP(アナログとも言うが)レコードより音がよいという人が結構います。フランスのパテについても少しですが、解説しています。(1/06/07更新)

ジョークとすてきな話 / Jokes and a really good story

英語の勉強にもなるジョークを読んでみましょう。
英語のジョークを1つ加えました。ひねったオチです。
心に染みるいい話もあります。読んで泣けたという方が結構います。誤訳を直しました。(3/09/11更新)

豆知識

ちょっとした知識を紹介します。番号で呼ばれるインチネジの表と、呼び径から直径を計算する式を紹介しました。
その他、音圧(SPL)とアンプ出力の関係の解説、それにワイヤーの太さを表すアメリカン・ワイヤー・ゲージ(AWG)についても取り上げています。

ほっこりする喫茶室

珈琲と紅茶のおいしい入れ方など、ご紹介しましょう。コーヒーを淹れる際のお湯の温度についての考察を書きました。

私のリンク集

オーディオ、パソコン、本、その他の好きなリンクを紹介します。


ビジネスに興味のある方へ
BIZJAM Home Page
    Transcendentサポート
Transcendentアンプを応援する会
カード・トリック・セントラル
カード・マジックを教えてくれます
   


6DJ8による真空管式MCカートリッジ用ヘッドアンプ (ラジオ技術誌掲載)
Support Wikipedia Support Wikipedia
広告の入らないWikipediaを維持するためにご支援を!皆でシェアした知識は人類の宝です。

TOPへ戻る


Please remove proceeding "***" from my mail address before sending.
以下をクリックしてメールを送る際、メールアドレスの頭の「***」を削除してからお願いします。
ご意見メールはここをクリック Sending mail to the web master.

2/1/04 DreamNetのカウンター値を加えました。14646よりスタート。
12/09/03 フレームを外しました。
04/01/10 S-JISからEUCに変更しました。元のカウンター値は35040。
1/23/99 初版、10/14/13 改訂  オーディオと蓄音機の頁(top page)