ソウケ市 オフィシャルサイト











ソウケ市の発祥

 

ソウケ※市は今から約300年ほど前に、旧長崎街道沿いにかつおの行商人が店を開いたのが始まりで、別名「鰹(カツオ)市」とも呼ばれます。それがとても人気を博し、その後は米の取り入れに必要な道具を売られるようになった。いまでは、竹製品や刃物などが売られています。

 

souke

 

※ソウケ・・・米を入れる入れ物




2010年9月27日(月)正午〜

2010年9月29日(水)正午まで



Copyright 2008 ソウケ市オフィシャルサイト All Rights Reserved. (* Template design by Nikukyu-Punch *