創価学会の集団ストーカー

 

思考盗聴は、危険ドラッグを使ったトリック

 

思考盗聴とは
加害者が被害者の思考を盗聴してそれを仄めかすという危害です。
しかし、当然ながら他人の思考を盗聴するという装置は開発されていません。
そんなものがあれば加害者が集団ストーカーなどという犯罪を続ける必要は無いでしょう。
そんな物があれば、莫大な金も絶対的な権力も簡単に手に入るからです。

それでは、加害者はどうやって思考盗聴という危害を行なっているのでしょうか?

その答えは簡単です。
今、世間で騒がれている『危険ドラッグ』と『仄めかし』を組み合わせているのです。
暴力団後藤組と繋がっている創価学会が、麻薬を手に入れるのは簡単でしょう。
それを被害者に気付かれないように投与し、得意の『仄めかし』を繰り返せばいいのです。

加害者は、被害者に対して危害を始める前に徹底的に被害者の身辺調査を行ないます。
被害者が子供の頃に塾に通っていたかどうかまで調べているのです。
その為、加害者は被害者の好みや思考パターンもある程度推測できるのです。

『満月』という言葉を聞いて連想する言葉は何でしょうか?
普通の人なら『うさぎ』や『月見団子』とかでしょう。
ところが私の場合は『狼男』です。
この思考パターンは私の愛読書に関係しています。
加害者は、満月の夜に私がコンビニに出かけるのを見計らって
仄めかし要員同士で私に聞こえるように「今夜は満月が綺麗だね」と会話するのです。
それを聞いた私は『満月といえば狼男』と連想するのです。
そのタイミングでもう一人の仄めかし要員が『狼男』と発言すれば思考盗聴危害が
完成です。

そして、この思考盗聴危害は仄めかし危害と同様に成功するまで何度でも行なわれるのです。

それでは、こんな簡単なトリックをどうして被害者は気付かないのでしょうか?

それは、加害者が思考盗聴危害を行なう直前に被害者に薬物投与をしているからです。
麻薬や今騒がれている『危険ドラッグ』を被害者が気付かないように食べ物や飲み物に
混入しているのです。
被害者はドラッグ経験が無い為、ドラッグにより引き起こされた幻聴・幻覚と
仄めかし要員が繰り返し行なっている仄めかし危害を正常に分析・判断できず
『自分の思考が盗聴されている』と考え違いを起こすのです。

思考盗聴の被害を訴えている被害者の中には、自分の頭の中に言葉を送り込まれる。
というものがあります。
それは、電磁波や思考盗聴器による言葉の脳への送信ではなく、ドラッグによる只の幻聴です。


これが、創価学会が行なっている卑劣な思考盗聴危害の実態です。