ワイロ政治したのって私だけ?そうじゃないだろ・・・田沼意次


えー私、田沼意次さんの事よく知らなかったので、
ちょっと人名辞典で調べたんです。
ちょっと田沼さんを知らない人のために読み上げますね。
「田沼意次。九代将軍家重、十代将軍家治に仕える。
ものすごい出世したが、その政治はワイロ政治と呼ばれる。
農業より商業を重視し、ロシアとの貿易も考えていたらしい。
松平定信の寛政の改革までを田沼時代という」
・・・・ざっとこんな経歴ですね。
りょうこ
はっはっは。わしの政治はワイロ政治かい。
ま、そう呼ばれても仕方なかろう。
田沼意次
ワイロばっかもらったんですか?
ヤダー。悪い人ー。
りょうこ
何言っとる、それは昭和・平成の時代感覚じゃろ。
わしの生きた江戸時代なんか、
政治にワイロはつきものじゃったんじゃ。
わしの場合だけワイロ政治なんて言われるのは、
ちょっと心外じゃなあ・・・・。
田沼意次
えー、江戸時代ってワイロがあたり前だったんですか!?
りょうこ
そうよ。「袖の下」と言ってな、
自分の言う事を聞いて欲しかったら、
相手の袖の中に、
こっそりとお金をいれなくては何もしてくれない、
そういうものだったんじゃ。
田沼意次
へー、そうなんですか・・・・・
それじゃなんで田沼さんだけがワイロ政治、
と呼ばれてるんですか?
りょうこ
まあおそらく、
わしの次に活躍する松平定信という男の政治が
「ワイロ政治をやめて、商業より農業をやりましょう!!」
ってのがスローガンだったから、
わしのやっていた政治のうち、特にワイロをもらっていた、
というのが目立って宣伝されてしまった
んじゃろうなあ。
でも定信ちゃんも昔、
わしにワイロを贈ったことがある
んじゃがなあ・・・
田沼意次
田沼さんは商業を重視
松平定信さんは農業を重視した、と言う事ですね。
りょうこ
そうじゃ。
わしの場合、商人に寄付してもらって新しい運河を作ったり、
北海道の道路整備をしたりしたからな。
その寄付も「ワイロ」と呼ばれてしまったんじゃ。
だけどお嬢さん、よく考えて欲しいんじゃがな、
商人の寄付で公共工事をすれば、
幕府は金を払わなくて済むから、
年貢もよけいに取らずに済む。
みんながうまくいくいいやり方なんじゃがなあ・・・・・。
田沼意次
それもそうですね。
でも商人は寄付するだけで得はないんじゃないですか?
りょうこ
いやいや、商人には金を出させるかわりに、
たとえば商売を自由にさせるとか、
商売へのしめつけをゆるくしたんじゃ。
だからわしの時代には、
江戸時代たびたび出された「倹約令」
というのはほとんどだしとらん
田沼意次
「倹約令」というのは
「ぜいたくをしちゃいけません!ケチになりなさい!」
っていう命令ですよね。
りょうこ
そうじゃ。
わしの時代、庶民をしめつける事をしなかったから、
庶民は本当はよろこんどったんじゃ。
わしの次の松平定信ちゃんの時代になったら、
「倹約、倹約」で、
庶民はぜいたくが一切禁じられてしもうたからの・・・・
まあ詳しくは定信ちゃんを呼んできいたらいいが、
その定信ちゃんの時代にこんな川柳をよんだ人がいるんじゃ。
「白河の清きに魚も住みかねて、もとの濁りの田沼恋しき」
白河というのは定信ちゃんの事じゃ。
つまり白河(川)はあまりにも水がキレイすぎて、
魚が住もうと思っても住めない。
・・・・魚はコケとか虫とか微生物がいる、
ちょっとくらい汚れた水でないと死んでしまうからの・・・・
だから、キレイすぎる水より、
田沼・・・沼の水は濁っているけど、
魚が住むのにはいい環境なんじゃ。
・・・・つまり水が濁っている時代がよかったな・・・・
という意味じゃ。
田沼意次
ははあ、
つまり田沼さんは「ワイロ政治」で出世したけど、
そのかわり一般大衆に対してはキビしいしめつけをしなかった、
という事ですね。
りょうこ
ま、そういう事じゃ。
それにわしの時代、北海道にロシアの船がよく来ておったから、
むしろロシアと貿易をして
国の経済を立て直そうと考えたりもしたんじゃ。
田沼意次
へー!!そうなんですか。
つまり「経済立て直し」ですね。
・・・・で、それはうまくいったんですか?
りょうこ
それがな、わしの時代に浅間山が大爆発したり、
天明の大飢饉がおきたり、天災ばっかり起こって
結局うまくいかなんだんじゃ。
そのうちわしの息子が江戸城中でテロにあって殺されたり、
十代将軍家治様が死んだりして、
わしは権力の座からころがり落ちてしまったのよ。
田沼意次
あちゃー。運が悪いですね。
天災は田沼さんのせいじゃないですもんね。
りょうこ
うむ・・・まあ仕方ないわ。
わしは歴史上あまり評価されておらんが、
前に出た
「白河の清きに魚も住みかねて、もとの濁りの田沼恋しき」
と言う落首を作ってくれた人がいる、
という事だけで満足じゃよ。
田沼意次
なんか田沼さんって、
インタビューの途中でギャグの一つも言わないから、
くそ面白くも何ともない人だなって思ったけど、
ものすごい運が悪かったり、息子さんを殺されちゃったり、
けっこうヒサンな人生を歩んで苦労してきてる人なんですね。
だから、マジメに私の質問に答えてくれてたんですね。
りょうこ
はっはっは。
「ワイロ政治家」のわしは、けっこう「マジメ人間」なんじゃよ。
くそ面白くなくてスマンな。
田沼意次
いえいえ、
たまにはギャグが一つもないインタビューがあってもいいですよ。
「ギャグ考えなくていいから楽だし」
・・・・あ、今のセリフ、誰が私に言わせたの?
りょうこ

トップに戻る年表解説に戻る