薩長同盟でケンカを仲裁〜坂本龍馬〜


坂本龍馬さんって有名ですよね。私でも知ってるもん。
ところで、龍馬さん、何した人?
りょうこ
ちゃちゃちゃ、「何した人?」って聞かれても困るのう。
わしゃあ特に何もしとらんがぜよ。
坂本龍馬
何もしないのに歴史に名を残したんですか!?
うーん、よくわからないけどすごい人ですね。
りょうこ
わしゃ、ただ単に船に乗って世界中の海に出て貿易がしたかっただけなんじゃ。
でも当時は徳川幕府ちゅうもんがあってな、
わしが貿易したい、ちゅうても自由にできん世の中じゃったキ。
坂本龍馬
はいはい。
それでどうしたんですか?
りょうこ
それじゃわしがすきな事ができるような世の中にしちゃろう
っていう事で、あれやこれややったんじゃ。
それらがわしを有名にしたんじゃろうのう。
坂本龍馬
その「あれやこれや」って何ですか?
りょうこ
う〜ん、ちょっと待ていや。
今、日本史の教科書を見ちょるキニ・・・・・・・・
えーと、一つは「薩長同盟」、二つは「大政奉還」、あと「船中八策」・・・・
とかあるのう。
坂本龍馬
自分がやった事なのに、
教科書見ないとわからないんですか?(笑)
りょうこ
そうじゃ。
わしゃ「あほう」じゃき、三歩あるいたらすぐ忘れちゅう(笑)
坂本龍馬
一つめの「薩長同盟」って何ですか?
りょうこ
「薩」は薩摩藩の事じゃ。
「長」は長州藩。
この二つの藩は、八・一八の政変や蛤御門の変で大ゲンカしてのう。
わしとわしの仲間が仲裁して仲直り、つまり同盟させたんじゃ。
坂本龍馬
それってすごい事だったんですか?
りょうこ
ん〜。ほうじゃのう。
今でいえば「ロシア」と「アメリカ」を仲直りさせて世界を一つにしたようなもんかの。
坂本龍馬
えっ!?
それってすごい事じゃないですか!?
りょうこ
ほうかもしれんのう。
わしゃケンカは好かんき、
「弱い者いじめはやめて、みんな仲良うやろうや」と言っただけなんじゃがのう。
坂本龍馬
で、「薩長同盟」によって何がどうなったんですか?
りょうこ
徳川幕府と薩摩プラス長州の力が同じくらいになった。
これで幕府とケンカができるようになったんじゃ。
坂本龍馬
え?でも龍馬さん「ケンカ嫌い」なんでしょ?
幕府とケンカしたの?
りょうこ
ちゃちゃちゃ。ケンカは最後の手段じゃ。
「薩長同盟」させたのは、あくまで徳川幕府に対抗する力をつけるのが目的。
わしゃあ、ケンカせずに幕府を倒す手段をずっと考えとったんじゃ。
坂本龍馬
え〜?
そんな都合のいい方法なんてあるんですか?
りょうこ
それがあるんじゃ。
ケンカをせず、幕府を倒すいい方法がな。
坂本龍馬
どんなの?
聞かせて聞かせて。
りょうこ
あんな。
徳川将軍にな、「将軍やめます。幕府も解散します」と言ってもらうんじゃ。
そうすれば幕府がなくなって、ケンカもしなくてエエちゃ。
坂本龍馬
・・・・・・・・・そんな都合のいい事を将軍が言ってくれるわけないでしょう?
りょうこ
はっっはっは。
それが歴史では将軍さんがそう言って幕府が終わった、
教科書には書いてあるチャ。
これが「大政奉還」というヤツじゃ。
坂本龍馬
え〜!!そうなんですか!?
将軍さん、よくそんな決断しましたね。
りょうこ
うん。
わしゃこの将軍さんはエライ!!という事で、
そのあとに来る明治維新の政府の中で、
この将軍さんも政治に参加させて
ヨーロッパのような議会政治を始めようとアイデアを出したんじゃ。
それが「船中八策」というヤツじゃ。
坂本龍馬
へ〜、「大政奉還」「船中八策」ってそういう事だったんですか。
で、世の中が変わっていよいよ龍馬さん、世界相手に貿易を始めるわけですね。
りょうこ
たまるか。
それが明治維新の前にわしゃ暗殺されてしまうんじゃ。
坂本龍馬
あらら。
じゃあ龍馬さん、本当にやりたい事をやる前に死んじゃったわけですね。
りょうこ
そうじゃ。
でもわしの意志は、今の若いモンにしっかり引き継がれちゅう。
そういえば最近わしがCMやら広告やらによく出ちょるのう。
恥ずかしいちゃ。
坂本龍馬
「時代を変えにゃいかんぜよ」とか、「日本の夜明けぜよ」とか、
おなじようなセリフばっかり言ってるけど、
CMなんかの龍馬さんカッコいいですよね。
りょうこ
うん。
多分本物のわしよりカッコいいぜよ〈笑)
坂本龍馬

トップに戻る年表解説に戻る