年表解説
韓国のソーユンジュ様が作ってくれた
韓国語バージョンのページはここ

こんにちは!さかもと りょうこです!

この「年表解説」では、年表の出来事の中心人物にこの場所まで来てもらい
色々質問してどういうことだったのかを答えてもらいます。
それでは下の年表の知りたい部分をクリック!! 
(内容に関して疑問を持った人は「はじめに」を読んでね)

時代区分

縄文時代 弥生時代 古墳時代 飛鳥時代 奈良時代 平安時代 鎌倉時代
室町時代 安土桃山 江戸時代 明治時代 大正時代 昭和時代 平成
時代区分 おもなことがら 日本と関連した世界のあゆみ
縄文時代 狩や漁の生活

メソポタミア文明がおこる
2500ごろインダス文明がおこる
黄河文明がおこる
1500ごろ殷の支配がすすむ
弥生時代 稲作・金属器の使用がはじまる

このころ小さな国ができはじめる

57 倭奴国王が中国(後漢)に使いを送り、印を受ける

107 倭国王が中国(後漢)に使いを送る

239 邪馬台国女王卑弥呼が中国(魏)に使いを送る卑弥呼
221秦の始皇帝が中国を統一する
202前漢が中国を統一する

67ごろ仏教が中国に伝わる

このころガンダーラ美術

280晋が中国を統一する
古墳時代 大和朝廷が国内の統一をすすめる

391 倭が高句麗と戦う

479 倭王武が中国(南朝)に使いを送る

562 加羅が新羅にほろぼされる

物部・蘇我氏などの豪族が争う



439北魏が華北を統一する
飛鳥時代 593 聖徳太子が摂政となる聖徳太子

604 十七条の憲法ができる聖徳太子

607 小野妹子を隋に派遣する小野妹子

630 第一回の遣唐使を派遣する

645 大化の改新が行われる中大兄皇子中臣鎌足蘇我入鹿

701 大宝律令ができる

708 和同開珎がつくられる
589隋が中国を統一する




618隋がほろび、唐がおこる



661イスラム帝国がおこる
668高句麗がほろぶ
676新羅が統一王朝をつくる
698中国東北に渤海がおこる
奈良時代 710 奈良に平城京ができる

743 墾田永年私財法がでる

このころ口分田から農民が逃亡する
荘園ができはじめる
このころイスラム文化がさかえる
平安時代 794 桓武天皇によって京都に平安京ができる桓武天皇

律令政治のたてなおしが行われる
蝦夷の反乱をおさえるため、
征夷大将軍(坂上田村麻呂)を派遣する

858 藤原良房が摂政となる

887 藤原基経が関白となる

894 遣唐使を廃止する菅原道真

935 平将門の乱がおこる(-40)

939 藤原純友の乱がおこる(-41)

荘園が各地にひろまる

995 藤原道長が実権をにぎる藤原道長

このころ藤原氏が全盛となる藤原道長
武士が力をもちはじめる

1051 前九年の役がおこる(-62)

1069 後三条天皇の荘園整理

1083 後三年の役がおこる(-87)

1086 白河上皇が院政をはじめる白河上皇

このころ僧兵の乱暴がおこる

1156 保元の乱がおこる崇徳上皇

1159 平治の乱がおこる 平清盛

1167 平清盛が太政大臣となる平清盛

1185 壇ノ浦の戦いで平氏がほろぶ源義経

源頼朝が守護・地頭をおく源頼朝











907唐がほろぶ



960宋がおこる





1037セルジューク−トルコが成立する








1126金が宋(北宋)をほろぼす
1127宋が再興する(南宋)
鎌倉時代 1192 源頼朝が征夷大将軍になる源頼朝

1219 北条氏が政権をにぎる

1221 承久の乱がおこる 後鳥羽上皇

1232 北条泰時が御成敗式目をつくる

1274 文永の役がおこる
               (元寇)北条時宗
1281 弘安の役がおこる

1297 幕府が徳政令をだす

1333 鎌倉幕府がほろぶ

1334 建武の新政 後醍醐天皇

南北朝の対立がはじまる(36−)

「太平記」足利尊氏新田義貞楠木正成

1206 チンギス=ハンがモンゴルを統一する





1271 モンゴルが国号を元とする

1279 南宋がほろぶ
室町時代 1338 足利尊氏が征夷大将軍になる足利尊氏新田義貞楠木正成

このころ倭寇が高麗や明に進出する

1378 足利義満が幕府を室町に移す足利義満

1392 南朝と北朝が合一する足利義満

1397 義満が金閣を建てる足利義満
守護大名が力をもってくる

1404 足利義満が勘合貿易をはじめる足利義満

1428 最初の土一揆がおこる

座がさかえる 農村に定期市ができる

1467 応仁の乱がはじまる(−77)足利義政

1485 山城国一揆がおこる(−93)

1489 義政が銀閣を建てる足利義政

1488 加賀に一向一揆がおこる(−1580)

城下町が発達する 貨幣が流通する

1543 ポルトガル船が種子島につく

1560 桶狭間の戦い織田信長

1561 川中島の戦い山本勘助 

天下統一の事業がはじまる
1572 三方ケ原の戦い武田信玄

1573 室町幕府がほろぶ足利義昭

1575 長篠の戦い武田勝頼じい(匿名)


1368 元がほろび、明がおこる



1392 李氏朝鮮がおこる





オスマンートルコが発展する












1526 ムガール帝国がおこる
安土・
桃山時代
1582 本能寺の変明智光秀

1582 山崎の戦い羽柴秀吉

1582 太閤検地(−98) 刀狩(88)豊臣秀吉

1583 賎ケ岳の戦い柴田勝家

1590 豊臣秀吉が全国を統一する豊臣秀吉

1592 朝鮮を侵略する(・97)豊臣秀吉

1600 関ヶ原の戦いがおこる石田三成

1600 山内一豊が土佐の領主となる山内一豊
1600 イギリス東インド会社の設立
江戸時代 1603 徳川家康が征夷大将軍となる徳川家康

1612 宮本武蔵と佐々木小次郎が巌流島で闘う宮本武蔵

1615 大阪夏の陣(豊臣氏がほろぶ)徳川家康

武家諸法度が定められる

士農工商の身分制度が確立する

1635 参勤交代の制度が定められる

1637 島原の乱(−38)天草四郎

1639 鎖国令がでる(鎖国の完成)

1649 慶安の御触書がでる

1657 「大日本史」編纂水戸黄門助さん格さん

1657 明暦の大火保科正之

1680 徳川綱吉が将軍となる(−1709)徳川綱吉

1702 赤穂浪士、吉良義央を討つ大石内蔵助

1709 新井白石の改革(−16)

1716 徳川吉宗の享保の改革(−45)徳川吉宗大岡忠相

1722 幕府が新田開発を奨励する

1732 享保の大ききん徳川吉宗大岡忠相

1742 公事方御定書が定められる徳川吉宗大岡忠相

1772 田沼意次が老中となる(−86)田沼意次

1774 「解体新書」杉田玄白前野良沢

1776 平賀源内エレキテルを作る平賀源内
(BY渡辺活火山)

このころ問屋制家内工業がひろまる

1783 天明の大ききん(−87)田沼意次

1787 松平定信の寛政の改革(−93)松平定信

1792 ラクスマンが根室にくる大黒屋光太夫

1798 近藤重蔵が北海道東部を探検する

このころ工場制手工業がはじまる

1808 間宮林蔵が樺太を探検する

フェートン号が長崎に入港する

1823 シーボルトが長崎にくるシーボルト

1825 異国船打ち払い令がでる

1828 シーボルト事件シーボルト

1832 天保の大ききん(−37)

百姓一揆・打ちこわしがさかんになる

1837 大塩平八郎の乱がおこる大塩平八郎

1839 蛮社の獄がおこる高野長英渡辺崋山鳥居耀蔵
(BY渡辺活火山)

1841 水野忠邦の天保の改革(−43)水野忠邦

1853 ペリーが浦賀にくるペリー

1854 日米和親条約を結ぶペリー

1858 日米修好通商条約を結ぶハリス

1858 安政の大獄(−59)吉田松陰

1860 桜田門外の変井伊直弼

1862二月 和宮と家茂結婚(公武合体論)徳川家茂和宮

1862八月 生麦事件島津久光

1863三月 新選組結成近藤勇土方歳三沖田総司

1863七月 薩英戦争島津久光

1863八月 八・一八の政変久坂玄瑞

1864六月 池田屋事件近藤勇土方歳三沖田総司

1864七月 蛤御門の変(禁門の変)久坂玄瑞

1864八月 四国連合艦隊が下関を占領する高杉晋作

1866 薩長同盟坂本龍馬

1867十月 大政奉還徳川慶喜坂本龍馬
(BYきたかぜ)

1867十二月 王政復古の大号令岩倉具視
1602 オランダ東インド会社の設立





1619 オランダのジャワ進出








1644 明がほろぶ 清の中国支配








1689 ロシアが清とネルチンスク条約を結ぶ









1735 清の乾隆帝の時代(-95)








































1840 アヘン戦争(-42)

1851 太平天国の革命(-64)


1857 セポイの反乱(-58)
明治時代 明治維新の改革がはじまる

1868 戊辰戦争(−69)その1徳川慶喜勝海舟大村益次郎
戊辰戦争その2大村益次郎河井継之助松平容保土方歳三
 五箇条の御誓文

1869 版籍奉還木戸孝允

1871 廃藩置県木戸孝允
解放令(太政官布告)

1873 徴兵令がでる木戸孝允
地租改正大久保利通

1874 民撰議院設立の建白書板垣退助
台湾出兵大久保利通

1875 樺太・千島交換条約
江華島事件大久保利通

1876 朝鮮と修好条約を結ぶ

1877 西南戦争がおこる西郷隆盛

1879 沖縄県ができる

自由民権運動がさかんになる板垣退助

自由党(81)・立憲改進党(82)の結成

福島事件(82)・秩父事件(84)がおこる

1889 大日本帝国憲法の発布伊藤博文

1890 府県制の公布 第一回帝国議会

1894 条約改正(領事裁判制度の撤廃)

1895 「たけくらべ」その1 その2樋口一葉

日清戦争(−95)陸奥宗光

1895 下関条約 三国干渉を受ける陸奥宗光

1902 日英同盟(−23)桂太郎

1904 日露戦争(−05)その1桂太郎
日露戦争その2児玉源太郎
日露戦争その3小村寿太郎

1905 ポーツマス条約小村寿太郎

1905 「吾輩は猫である」その1 その2夏目漱石

このころ重工業中心に産業革命

1910 大逆事件 韓国を併合する

1911 条約改正の完成(関税自主権の獲得)

















1877 イギリスのインド支配の完成








1886 ビルマがイギリス領となる
1887 インドシナがフランス領となる




1894 朝鮮の東学を中心の農民の反乱



列強の中国分割がはげしくなる


1900 義和団事変(-1901)
1902 シベリア鉄道ができる
大正時代 1912 第一次憲政擁護運動

1914 第一次世界大戦に参戦加藤高明

1915 中国に二十一か条の要求をだす加藤高明

1918 野口英世、黄熱病研究のためエクアドルに出発野口英世

1918 米騒動 原敬の政党内閣原敬

1919 パリ講和会議に参加原敬

1920 国際連盟に加盟原敬
第一回メーデー

1921 ワシントン会議に出席

労働運動や農民運動がさかんになる

1922 全国水平社の創立

1923 関東大震災

1925 治安維持法 普通選挙
1911 辛亥革命
1912 中華民国の成立 清がほろぶ







三・一運動 五・四運動











1927 ナンキン(南京)国民政府の成立
昭和時代 1929 金解禁浜口雄幸

1930 ロンドン軍縮会議に出席浜口雄幸

1931 満州事変石原莞爾

1932 五・一五事件犬養毅

1933 国際連盟を脱退する

1936 二・二六事件岡田啓介高橋是清

1937 日中戦争近衛文麿西園寺公望
日独伊三国防共協定 

1938 国家総動員法近衛文麿西園寺公望

1940 日独伊三国軍事同盟 ABCDライン近衛文麿松岡洋右

1941 太平洋戦争(−45)その1東条英機木戸幸一
                その2山本五十六小磯国昭
                その3鈴木貫太郎東郷茂徳

1945 広島・長崎に原子爆弾鈴木貫太郎東郷茂徳

ポツダム宣言を受けて降伏する鈴木貫太郎東郷茂徳

財閥解体 選挙法の改正マッカーサー

1946 天皇の神格否定宣言 公職追放令マッカーサー

農地改革 日本国憲法の公布マッカーサー

1947 労働基準法の公布マッカーサー
第一回国会

1950 警察予備隊ができるマッカーサー

1951 サンフランシスコ平和条約を結ぶ昭和天皇

日米安全保障条約を結ぶ昭和天皇

1954 自衛隊の発足昭和天皇
1929 暗黒の木曜日





1932 満州国の成立





1937 中国国民党と共産党が手を結ぶ





















1947 インド・パキスタンの独立


中華人民共和国の成立

1950 朝鮮戦争(-53)
平成 1989 昭和天皇崩御、元号が「平成」になる昭和天皇

1998 そうだったのね!日本史HP開設

トップへもどる