「防湿」について

「高断熱・高気密」というのはあまりよい言葉ではない。住み心地に重要なのは実は気密ではなく、むしろ防湿ではないだろうか。「気密」というのは空気が通 らなくすること。「防湿」というのは水蒸気が通らなくなること。これは同じではない。水蒸気の方が小さい隙間でも通るし、温度差によって圧力が発生し水蒸 気が動こうとしてしまう。「透湿防風シート」なんてのもあるくらいで、水蒸気のみ通す。

さて、防湿がなぜ重要か?これは夏冬の冷暖房の効率に絶大な威力を発揮するからである。スカスカの家で夏にエアコンを切るとすぐモワッと蒸し暑くなるのは 水蒸気が簡単に移動してしまうからである。防湿が完璧に出来ていれば、湿気の通る穴は換気口のみになり、夏の除湿がしやすくなることはもちろん、冬の過乾 燥にも効果が期待できる。家の中では水蒸気を発生するものがあるので、外より温度が高くても、防湿ができていれば湿度を保つことは可能である。なお、ビ ニールハウスなどとの批判は無視してよいと思う。窓開けにより低気密にはいつでもできるので、「高防湿」住宅では湿度コントロールのダイナミックレンジが 広いと考えればよい。

この防湿の程度を測るには気密測定で代用するしかないのが実情なので、C値がよいからといって防湿ができているとは限らない。極端には、透湿防水シートで もC値は良くなるわけだが、防湿はできていない。また、クロスなどの内装もC値を良くする方向になるがこんなのは当てにならない。やはり防湿シート(0. 2mm以上のポリエチレンシート)をいかにきっちり貼るか、ということが最も重要ではないだろうか?

次に重要なのが、基礎からの防湿である。これはまず「べた基礎」を採用して、べた基礎内部の高さをGLよりも高くすることが重要であろう。地下室など基礎 内部がGLより低い場合は防湿についてまじめに考えた設計が必要ではないだろうか?また、若いコンクリートは水分をたくさん含んでいるので、床下の湿気を 排出することが重要で、換気(陰圧)や除湿を考えたイザット方式が理想的である。


[HOME]