Prologue

Top | Prologue | Lesson1 | Lesson2 | Lesson3 | Lesson4 | Epilogue

プロローグ

 

 最初に、広大なインターネット空間の中で、この微細なサイトが貴殿の目にとまった事、貴重なお時間を割いてお読み頂くことを心より感謝します。

 

 このサイトでは、説明がなければ、新世界訳聖書を使用しています。また、エホバの証人のことを「JW」と略します。会衆内のSOSは、平成・16年4月に、ヤフー日本版、公式登録サイトに採用され、現在では、JW公式サイトに次ぐ扱いとなっています。

 JWは、アメリカ合衆国で原型が生まれて120年以上が経過しました。日本では戦前に、明石順三氏が、全く自発的に国内支部を立ち上げ、本部の承認も得ましたが、大東亜戦争・太平洋戦争の後、明石氏は、米国本部の進める、厳しい組織拡大至上方針に反対して、排除されます。米国本部は日本支部を一から新設し、現在に至ります。これに関しては、筆者は海老名べテルの図書室の棚の端に置かれた書籍で、この事実を初めて知りました。

 

 米国本部は、組織の拡大戦略に役立てるため、1991年に、国連と協同する、NGO団体として、登録を申請し受理されました。2001年の抹消申請までのあいだ、この、国連認定の公式NGO団体という「錦のみはた」を世界中で利用していました。現在は教理と矛盾するとして、内部や外部からの批判を受け、脱退しています。

持っているかたは、当時の、目ざめよの製本をご覧ください。国連を紹介し、称える記事が、幾つも見つかるはずです。これは国連が、公式連携NGOに求める条件を満たすためでした。これは、この組織が、教えに反することでも、統治体は許可することがあるという、衝撃的実例です。

 

 JWは、猟奇殺人をするようなカルトではありません。いわば、静かなカルトです。しかし、信者たちの精神状態は、いわゆる洗脳、マインドコントロール状態です。さて、JW信者のかたは賢いので、そこまではちゃんと分かっています。それでも、良心的に信じている理由は、「内容が世界で唯一最高の宗教なんだから、洗脳でもマイコンでもOK」という理屈だからです。

 

 JWというのは、教えの刷り込みや掟の縛りが厳しく、当人の自己認識と、JWが完全に一体化するようにされています。そのため、自分の宗教が歪んでいることに気付くことは難しく、ほとんどの信者にとっては無理です。しかし、中には新たな人生を生き抜くことのできる人もいます。徹底的に追い込まれた時、人には思いがけない勇気や力が与えられることがあります。

 

 このサイトの目的は、本当の意味での聖書と神に対する愛の確立です。それは、いわば、大人の愛です。大人は、対象が完全でなくても、愛することができます。カルトのマインドコントロールが解けた後も、私は、いまだに神の存在を信じています。ですが、その信念が非科学的、つまり非論理的であることも分かりました。ですから、神も祈りも信じない、というかたが多いのは当然のことです。

 

 偉大な科学者、アインシュタイン博士も「神が居るなどというのは、人間の弱さに過ぎない」と言っています。しかし、普通の弱い人間には、適切な神の概念や信仰は助けになることがあります。

 

∬ ∬ ∬ ∬ ∬

 

 少し長いサイトですので、時間のないかたのために、プロローグの結びに、結論をお伝えします。

 本当の、聖書の教えとは、なんですか?

 イエスは、次のように述べておられます。

 

ヨハネ 14章15節

もしわたしを愛するなら、あなた方は、わたしのおきてを守り行なうでしょう。

ヨハネ 13章34節

わたしは、あなた方に新しいおきてを与えます。それは、あなた方が互いに愛し合うことです。つまり、わたしがあなた方を愛したとおりに、あなた方も互いを愛することです。

 

 つまり、守るべき最高のおきては、互いに気遣い、優しさ、是認の微笑みをもって、愛の雰囲気で満たすことなのです。至高の全能者は、イエスと共にあなたのそばにおられます。あなたの罪や欠点を全てごらんになった上で、神はあなたを愛しておられるのです。神の裁きを恐れる必要があるのは、神の許しを得たい、という気持ちが、死の間際においてさえ、全く心に浮かびもしない人だけです。

 

ヨハネ 13章35節

愛があれば、それによって全ての人は、あなた方が私の弟子であることを知るのです。

ヨハネ 3章16節

神は、世を「深く愛して」ご自分の独り子を与え、誰でも彼に信仰を働かせる者が滅ぼされないで、永遠の命を持てるようにされたからです。

ヨハネ 3章17節

神は、ご自分の子を世に遣わされましたが、それは、彼が世を裁くためではなく、世が彼をとおし、救われるためなのです。

 

 全能者なる神は、心根をご覧になります。うまく説明・釈明できるように、祈りの文章を考え抜こう、などと思い悩む必要はありません。

 

ローマ 8章26節から27節

祈るべきときに、何を祈り求めればよいのかを、わたしたちは知りませんが、「霊」そのものが、ことばとならないうめきと共に、わたしたちのために願い出てくれるからです。それでも、心を探るかたは、霊の意味するところが何かを知っておられます。

 

 

 

Thank you for your reading.

Please take care of yourself.

God be with you.  

 

 

 

Top    NEXT