「鳥たちの見た夢」番外編

主役以外の登場人物の物語や、本編では語られなかった小話を掲載しています
時系列順に並んでいて、下に行くほど新しい時代です

エイネン王朝時代・慶龍以前(シユウ存命中) チョウリョウ

鴛鴦婚 【原稿用紙 38枚程度】
チョウリョウの重鎮ヨク・エンジャクとシュウ・ロシの若かりしころの話。エンジャクの想い人は、ラン夫人付きの侍女・水花。エイハンの乙女が巻き起こす騒動に、今日も付き合う。ロシには、連れ添って3年の妻がいたが……。

始まり 【原稿用紙 14枚程度】
シュウ・ロシとその妻ウ・チョウアの最悪な出会い。

すれ違い 【原稿用紙 11枚程度】
※機種依存文字有り   「鴛鴦婚」チョウア視点。

幸せになる方法 【原稿用紙 9枚】
エンジャクと水花の日常。「幸せになる方法」を探すエンジャクを水花が笑う。

慶龍以前 他・地域

黄色  【原稿用紙 29枚程度】
シキボのワン・トウホワンは、絲一族での長子だったが、弱虫で知られていた。

慶龍以後

菓子 【原稿用紙 6枚程度】
シ・ソウヨウがシ・レンリューであった頃。従兄たちに「シャオ」と呼ばれていた時間の話。彼が甘いものを好む、その理由。

虚構 【原稿用紙 6枚程度】
ギョウ・トウテツとフェイ・ホウスウの出会い。

慶龍九年(鳥陵軍による色墓侵攻)以降

蒼い鷹 【原稿用紙 8枚】
フェイ・ホウスウが『蒼鷹』という名をレンリューに与えた理由。本編1章の辺り

琴一面 【原稿用紙 12枚】
フェイ・ホウスウとシャン・キンアの会見。本編6章の辺り

ただの鳥 【原稿用紙 9枚】
オウ・ユの屋敷にやってくる客人の名前は――。 本編8章の辺り

行き違い 【原稿用紙 10枚】
ソウヨウが興味を持つのは、一つきり。本編24章の辺り

死生 命あり 【原稿用紙 11枚】
フェイ・コウレツの死。南城から駆けつけたホウスウは兄の死を重鎮たちに尋ねる。本編30章の辺り

笑顔 【原稿用紙 5枚】
完璧な笑顔を見られる幸せ、同じようにはできない不幸せ。シ・ソウヨウ×フェイ・ホウチョウ

建平元年(ホウスウ即位)以降

午餉 【原稿用紙 10枚程度】
カイ・ゲッカとフェイ・ホウスウの昼食会。夏のある日。
本編31章〜32章の辺り

地上で椅子に座るもの、天下で冠を戴くもの 【原稿用紙 6枚】
カイ・ゲッカが見つめていた先とフェイ・ホウスウが見つめる先。
本編31章〜32章の辺り

終わる季節に 【原稿用紙 16枚程度】
海月の総領が下ったことで、後宮にも噂が一つの広がる。メイワ視点。
本編31章〜34章の辺り

鳥は南を顧みる 【原稿用紙 10枚程度】
カイ・ゲッカ、フェイ・ホウチョウ、シ・ソウヨウ、フェイ・ホウスウが、それぞれの場所で、それぞれの立場で、口ずさんだ詩。どこにでもあった日常の風景。『笑顔』ともリンクした話。
本編32章〜34章の辺り

羨望 壱 /羨望 弐 【原稿用紙 7枚】【原稿用紙9枚】
自分とは違うものを持つ人間に、自分とは異なる生き方をする人間に、憧れる。
壱はヤン・カクエキ視点。弐はシャン・シュウエイ視点。本編32章〜34章の辺り

夏の朝 【原稿用紙 12枚】
暑くなると嫌なもの。シャン・シュウエイから見た、朝の一幕(グロ注意)本編32章〜34章の辺り

慶龍三年(ソウヨウとホウチョウが再会)以降

院子にて 【原稿用紙 9枚】
花薔薇が咲く院子で、ソウヨウは幸せを噛みしめる。本編44章〜46章  

悋気 【原稿用紙 12枚程度】
2006年お年玉企画。シ・ソウヨウ×フェイ・ホウチョウ。ソウヨウが嫉妬する話。
前半は本編4章以降。後半は南城時代、建平三年 春。本編46章〜48章の辺り

大切なもの 【原稿用紙 11枚程度】
宴会の席で、ソウヨウは尋ねられる。この世で一番、大切なものを。
本編55章、直前

夢の中で 【原稿用紙 10枚】
初夏の朝、花薔薇の院子にソウヨウは向う。 本編74章以降

大切な人 【原稿用紙 5枚】
ある日、ソウヨウはホウスウから尋ねられた。だから青年は正直に答えた。『大切なもの』と微妙にリンクした話。本編74章以降

最初の嘘 【原稿用紙 11枚】
ホウスウのとトウテツ(千里)の話。「緑の瞳の大司馬」と「花薔薇」を二人が語る。本編74章以降

慶龍三年以降 他・地域

天と地の差 【原稿用紙 7枚】
カイ・ロウタツが手にしているもの。同い年の男が手にしていないもの。『地上で椅子に座るもの、天下で冠を戴くもの』に微妙にリンクした話。

フォント【KINEMA MOON Graphics