200721itiburi

平成20年7月20日、とある山に登ってきました。


さて、ここはどこでしょう?


「唐松岳」、、ピンポーン!!
当たった人、います?



冬はスキーヤーとボーダーで賑わう八方尾根。
夏はというと、、、やっぱりすごい人でした。


ロープウェイ乗り場。朝7時。
すごい人ですね。ここ数年の登山人気は本物ですね。


ロープウェイからの夏のゲレンデ。


牛くんがお出迎えです。





、、、、、、。
さ、さすが隊長。



リフトに乗り換え。
カメラマンがいました。帰りに買ってもらう作戦ですね。
こちらも負けじとカシャ!
カメラマン、とりわすれちゃったみたいですね。
僕らの写真だけありませんでした。




そして歩き始めるのだ。まあまあ良い天気。


この人の多さにはびっくりでした。
この人達はどこまで行くのでしょう?




ワタスゲ君の群落に出会いました。
白馬方面は本当にお花畑が多いですね。

ケルンがあちこちに建っています。
遭難者の印です。冬場でも迷わないように案内してくれます。


八方池を越えましたが、まだまだ人の列です。


どなたにメール?もちろんあの子です。





岩の隙間に高山植物。
名前、わかりません。誰か教えて。


振り返ると尾根が綺麗。

ちょっぴり雲行きが、、、、


チングルマさんたち、こんにちは。
雫が綺麗ですね。




雨にも負けず。


雪渓が増えてきました。


雪渓下で休憩です。7月とは思えない。
まとわりつくような雨です。
寒い寒い。


しばらく雪渓を登ります。





こんな感じ。実はとっても寒い。


これはチングルマの花かな?




ちょいと休憩。袋はパンパンですね。


ようやく先に行ったT君と合流。
寒くて戻ってきたそうです。
岩場を塗って道が続く。


もうすぐ唐松山荘。ガスが濃くなってきました。雨もしとしと。


山荘直下はこんな感じ。





山荘到着。ガスで視界が無いので、一見工事現場に見えます。


山荘を出て唐松岳の頂上へ。
コマクサがお出迎えです。

もうすぐピークです。
誰だ?、タンクトップのお兄さんは?




ガスの中に頂上が見えてきました。


とりあえず記念撮影。
どこだこりゃ?



ちょっと近づいて、、、、
よけいわからん



というわけでそそくさと下山です。




ここはでかい雪渓の上部。
そりゃ滑って降りなければいけません!!





下ではギャラリーが待っています。


おりゃーー!
スノーボードにいちゃんです。



ちょいと振り返る、、




こちらジュニア。





だいぶ降りてきました。この辺まで来るとガスが切れてきます。




ニッコウキスゲの群落です。


お、八方池が見えてきました。
よくこんな所に池ができたものです。


人が見えますね。まさに雲上の湖、というか池ですね。




白馬連山もガスの中でした。


少年が休んでいるところ。

隊長が下界をのぞんでいます。


こちらも下界を見ているところ。



八方池が美しいのだ。


ここまでは晴れてるのに、、、、
くっきり空気が分れていますね。




ワタスゲが揺れています。


というわけで無事到着しました。
リフトもガスの中でした。

ニッコウキスゲさん、さようなら。


白馬の街が見えてきました。
今日はこれにて終了。
めでたしめでたし。




















おまけ




















翌日、市振の下見
波が荒かったけど、なんとか。
サビキでも投げてもいけました。
来週は確実にもっとでかいのが釣れそうです。


石ころ海岸ですね。



かもめ、ひとり。




落陽前


すすき

中途半端なおまけでした。